新型コロナウイルス患者が宿泊療養施設になっている大阪市北区のホテルから無断外出した問題で、大阪府の吉村洋文知事は24日、患者が同日午前の時点で見つかっていないとして、行方不明届を府警に提出する考えを明らかにした。府から患者の居住地の保健所に通知し、保健所が提出する。
吉村氏は記者団に「感染を広げないためにホテル療養をやっている。ルールを破って外出することは非常に残念。やめていただきたい」と述べた。無断外出した患者には「ぜひ出てきていただきたい」として保健所への連絡を求めた。
府によると、患者は19日にホテルに入所。健康状態を確認する電話が22日朝からつながらず、同日午後1時前に部屋を確認したところ、患者はおらず、窓はストッパーが外され開いていた。患者の部屋は6階で、ホテル内に複数の防犯カメラや警備員が配置されていたが、患者が外に出る姿は確認されていない。
https://www.sankei.com/article/20210624-SSTW74KVHNLY3CEOJ6ZJDAEVEU/