同居の母親(76)にやけどを負わせたとして、警視庁西新井署は25日までに、傷害の疑いで東京都足立区西新井本町の会社員、松井竹春容疑者(54)を逮捕した。母親の脚には最大で直径約10センチのやけどの痕が10カ所以上あるといい、署は日常的な虐待があったとみて調べている。
逮捕容疑は3月上旬ごろ、自宅で母親の両脚に何らかの方法で約3カ月のやけどを負わせたとしている。「母が自分でやったと思う」と容疑を否認している。
署によると、松井容疑者は母親と2人暮らし。3月31日、「母が動かなくなった」と119番し、搬送先の病院が警視庁に連絡した。母親の背中には床擦れがあり、事件当時は寝たきり状態だった可能性がある。
https://www.sankei.com/article/20210625-FZ4VIBPJUFKTVDL3KSGZNGE4LM/