旭川医科大の施設内に正当な理由なく侵入したとして、北海道警旭川東署は22日、建造物侵入の疑いで北海道新聞旭川支社の女性記者(22)を現行犯逮捕した。大学では同日、吉田晃敏学長の解任を審査する学長選考会議が開かれていた。署によると「会議の場所を探すために入った」と容疑を認めている。
逮捕容疑は22日午後4時半ごろ、正当な理由なく大学の看護学科棟4階に侵入したとしている。選考会議が開かれた部屋の前の廊下にいたのを、出てきた大学職員が見つけた。学生ではないと認めた上で立ち去ろうとしたため、職員が取り押さえた。
旭川医大は、新型コロナウイルス感染防止のため、部外者の大学への立ち入りを原則禁止していた。北海道新聞社は「記者が逮捕されたことは遺憾。経緯などを確認し、読者に改めて説明させていただく」とのコメントを出した。
https://www.sankei.com/article/20210623-6JMXSZJKJFPJNOXPKBUXYTURTQ/