警視庁北沢署は23日、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春、製造)の疑いで埼玉県草加市谷塚町、会社員、大丸侃広(ただひろ)容疑者(29)を再逮捕した。
再逮捕容疑は2月13日、名古屋市内のラブホテルで、当時13歳だった愛知県在住の女子中学生に5万円を渡す約束をしてみだらな行為をし、その様子をスマートフォンで撮影したとしている。
北沢署によると、2人は1月ごろ、ツイッターで知り合った。事件当時、大丸容疑者は女子中学生に「奴隷契約書」と題した自作の契約書に署名させ、首を絞めるなどしたという。
北沢署は、埼玉県内で18歳未満だと知りながら女子高校生にみだらな行為をしたとして、埼玉県青少年健全育成条例違反の疑いで3月に大丸容疑者を逮捕。捜査の過程で今回の容疑が浮上した。
https://www.sankei.com/article/20210623-6JHBQQG7LFMAZHSB4N36L75K2Q/