高校の教室内で同級生に果物ナイフで切りつけ重傷を負わせたとして、兵庫県警飾磨署は15日、殺人未遂の疑いで、同県姫路市の公立高校生の男子生徒(15)を現行犯逮捕した。「殺そうと思って切りつけた」と容疑を認めている。
逮捕容疑は同日午後4時ごろ、同市の高校の教室で同学年の男子生徒(15)=同市=に対し、刃渡り約10センチの果物ナイフで顔や首の複数箇所に切りつけ、重傷を負わせたとしている。
同署によると、切りつけた男子生徒はナイフを持ったまま現場から逃走。約1時間半後、学校から約300メートル離れた場所にいたところを、通報を受けて周辺を巡回していた署員が発見、身柄を確保した。切りつけられた男子生徒は病院に搬送されたが、命に別条はないという。
https://www.sankei.com/article/20210615-N2QSNBXI4RIYNMKZ7HLDJ6PVXQ/