業務を通じて連絡先を知った20代女性を呼び出しわいせつ行為をしようとしたとして、強制わいせつ未遂罪に問われた埼玉県警羽生署の元巡査部長、池田高秀被告(34)の初公判が17日、さいたま地裁(菅原暁裁判官)で開かれる。
起訴状などによると、被告は4月4日、女性に電話して羽生市の商業施設に呼び出し、駐車場に止めた車内で体に触ろうとしたとしている。
女性が110番し、県警は防犯カメラの映像などから浮上した被告を同7日に逮捕。5月に懲戒免職とした。
https://www.sankei.com/article/20210617-3ZHRIMLDLVKBBIWQKB527QUAJ4/