和歌山県警田辺署は11日、食品関連会社の倉庫から同県特産の南高梅の梅干し約100キロを盗んだとして、建造物侵入と窃盗の疑いで同県田辺市新庄町の無職、船戸誠也容疑者(59)を逮捕した。
逮捕容疑は2日午後5時半~5日午後6時半ごろ、田辺市上芳養の倉庫から梅干し約10キロ入りのたる10個(計10万8千円相当)を盗んだとしている。署によると、この倉庫では4月から3回同様の被害に遭い、防犯カメラを設置していた。
船戸容疑者は以前、梅加工の仕事をしており、100キロの梅干しは全て知人男性に売却していた。男性は被害品だと知らなかったとみられる。他にたる17個分も同容疑者から買い取っており、同署が別の被害品との関連を調べる。
https://www.sankei.com/article/20210611-ONMZJBZ66ZODHKBXTQMG25MGFU/