埼玉県警東入間署は8日、同県富士見市の女性(74)から現金をだまし取ろうとしたとして、詐欺未遂の疑いで、住所不定、無職、上坂真生容疑者(23)を現行犯逮捕したと発表した。詐欺グループ内で現金を受け取る役目の「受け子」とみられる。
逮捕容疑は、何者かと共謀して7日午後、女性方を訪れ現金をだまし取ろうとしたとしている。容疑を認めている。署によると、上坂容疑者が訪れる前、女性方に孫を名乗る男から、投資に絡んで「示談金が必要になった」として現金を求める電話があった。
東入間署は、管内の特殊詐欺認知件数で埼玉県内39署中ワースト1となったことから、「巡回連絡」と呼ばれる戸別訪問活動を行うなどして被害の抑止に取り組んでいる。この女性は、5月10日に署員の訪問を受けて詐欺の手口などについて説明を受けていた。
署によると、女性は、孫を名乗る男の電話が署員から聞いた手口に酷似していると感じ、親族を通じて110番通報。張り込んでいた捜査員が上坂容疑者を現行犯逮捕した。(深津響)
https://www.sankei.com/article/20210608-TZ4GVU2QONJGPKYUMGVTOOPSMI/