カテゴリー

« IOCバッハ会長「東京大会は完全に開催に向けた段階に入った」(11日)NHK | トップページ | トイレットペーパー5個盗んだ前警察署長を窃盗容疑で書類送検(11日)TBS »

2021年6月11日 (金)

ロシア国境警備局に拿捕された漁船 稚内港に戻る(11日)NHK

先月、北海道稚内市の沖合でロシアの国境警備局に拿捕(だほ)された14人が乗った底引き網漁船は、11日午前6時ごろ、稚内港に戻りました。乗組員14人の健康状態に問題はないということです。
北海道の稚内機船漁協に所属する底引き網漁船、「第百七十二榮寳丸」は5月28日、稚内市の沖合で操業中にロシアの国境警備局に拿捕され、サハリンの港に連行されたのち、10日、およそ2週間ぶりに解放されました。
そして、11日6時ごろ、稚内港に戻りました。
乗組員14人の健康状態に問題はないということで、漁船が港に入ると、全員、元気そうな表情を浮かべていました。
乗組員は、船の上で検疫などを受けたあと、下船するということです。
ロシア側の発表によりますと、漁船は、ロシアの排他的経済水域で漁業規則に違反したなどとして日本円にしておよそ900万円の罰金を科され、すでに全額を納付したということです。
今回の拿捕について、稚内機船漁協は「不当な連行だ」として、ロシア側を批判するコメントを出しています。

漁協組合長「不当な連行 今後このようなことないように」

「第百七十二榮寳丸」が稚内港に戻ったあと、漁船が所属する、稚内機船漁協の風無成一組合長は記者団に対し「乗組員は全員、元気そうで安心した。ご苦労さまと言いたい」と述べました。
そのうえで「漁船は日本の排他的経済水域で操業していたにもかかわらず拿捕された。不当な連行で、今後、このようなことがないよう求めたい」と述べ、ロシア側の対応を批判しました。
さらに、漁船がロシア側に罰金を払ったことについて「あくまでも乗組員の早期解放が最優先だった」と述べ、ロシア側が指摘する違法操業を否定しました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210611/k10013079071000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

« IOCバッハ会長「東京大会は完全に開催に向けた段階に入った」(11日)NHK | トップページ | トイレットペーパー5個盗んだ前警察署長を窃盗容疑で書類送検(11日)TBS »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« IOCバッハ会長「東京大会は完全に開催に向けた段階に入った」(11日)NHK | トップページ | トイレットペーパー5個盗んだ前警察署長を窃盗容疑で書類送検(11日)TBS »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ