14歳の養女に対する監護者性交の罪に問われ、1審の無罪判決が破棄された男(39)の差し戻し審で、福岡地裁(柴田寿宏裁判長)は9日、懲役7年(求刑懲役9年)の判決を言い渡した。
公判では、男による被害を訴えた養女の証言の信用性が争点となった。地裁判決は、養女の被害申告を受けた児童相談所のやりとりの録音などを根拠に、証言は信用できると判断。男以外による被害の可能性は低いとした。その上で「監護者の影響力を利用し、自己の欲求を満たすための身勝手かつ卑劣な犯行だ。養女の精神的苦痛は大きい」と述べた。弁護側は控訴する方針。
差し戻し前の令和元年7月の地裁判決は、証言を「多くは誘導尋問に応じておおまかな内容を述べるにとどまり、具体性や迫真性がない」と指摘し、無罪としていた。
https://www.sankei.com/article/20210609-6MOB3UOKQVIGHJFNDBNWIWIKJE/