カテゴリー

« 北陸新幹線、長野でクマと接触 30分遅れ、けが人なし(8日)共同 | トップページ | 変異株「全く別のウイルス」 専門家、強力な対策要請―学会緊急シンポ(8日)時事 »

2021年5月 8日 (土)

首里城復元資料が金沢で見つかる 彫刻家の自宅、再建役立つと期待(8日)共同

1992年の首里城(那覇市)の復元事業で使われた彫刻の資料が、復元に携わった彫刻家(故人)の金沢の自宅で約30年ぶりに見つかった。作業当時の細かい注意点が記されており、2019年に焼失した城の再建に役立つと期待される。
 彫刻家は今英男さん。転落事故後のリハビリに励む中で彫刻を始め技術を磨いた。92年の復元で、専門家の下絵を参考に竜などの正殿の彫刻を担当した。
 正殿の玉座の背後を飾った彫刻の下絵(縦約60cm、横約4.5m)には向き合う2頭の竜が描かれている。「この部分がきゅうくつ」「全体的に少し上げる」など、今さんが書き込んだ注意点や修正点が確認できる。
https://this.kiji.is/763671784646262784?c=39546741839462401

« 北陸新幹線、長野でクマと接触 30分遅れ、けが人なし(8日)共同 | トップページ | 変異株「全く別のウイルス」 専門家、強力な対策要請―学会緊急シンポ(8日)時事 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北陸新幹線、長野でクマと接触 30分遅れ、けが人なし(8日)共同 | トップページ | 変異株「全く別のウイルス」 専門家、強力な対策要請―学会緊急シンポ(8日)時事 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ