埼玉県警薬物銃器対策課は31日、合成麻薬MDMA226錠(末端価格約113万円)を密輸したとして、麻薬取締法違反(営利目的輸入)の疑いで、ベトナム国籍の無職、タン・ディン・タオ容疑者(24)=同県川越市新宿町=を再逮捕した。5月10日に麻薬特例法違反容疑で逮捕され、処分保留となっていた。
再逮捕容疑は、何者かと共謀し、4月、MDMAを英国から国際宅急便で容疑者方のアパートへ発送し、密輸したとしている。県警は認否を明らかにしていない。
https://www.sankei.com/article/20210531-ESAJLJMJ65NYDPBSFBXUNCGFWI/