大阪府大東市のマンション3階一室で今年4月、住人の大学4年、吉岡桃七(ももな)さん(21)が殺害された事件で、真下の2階に住み、事件直後に死亡した男の部屋から、以前住んでいたマンションの隣人に対する不満などを記した日記が見つかっていたことが28日、大阪府警への取材で分かった。ほとんどが思い込みに基づく内容とみられる。府警は今回の事件の動機に結びつく可能性もあるとみている。
男がはいていた靴下に吉岡さんの血痕が付いていたことも判明した。事件は同日で発生から1カ月。府警は男を容疑者死亡のまま殺人容疑などで6月にも書類送検する方針で、詰めの捜査を進めている。
府警によると、男はビルメンテナンス会社社員の嘉本(かもと)悟容疑者(48)。日記には平成25年7月ごろから約2年間住んでいたマンションについて書かれていた。入居日の日付で「隣の住人の気持ち悪さ」と題し、「見張られている」「ユニットバスに入ると聞き耳を立てられる」などと記載。その後も周囲の生活音などへの不満も書き続け、最終的には管理会社に「隣人から嫌がらせを受けている」として退去した。
嘉本容疑者は27年6月に事件現場となったマンションに転居。事件20日前の今年4月8日にインターネット通販で、犯行に使ったとみられるはしごなどを注文していた。この間、吉岡さんとの接点は確認されておらず、府警は、嘉本容疑者が思い込みから一方的に恨みを抱いていた疑いがあるとみている。
https://www.sankei.com/article/20210528-APEBTFFHU5PLPC6BDNJRLTI4LA/