高校3年の女子生徒(17)にみだらな行為をしたとして、神奈川県青少年保護育成条例違反などの疑いで、駒沢大4年石川拓慎容疑者(21)が逮捕された事件で、生徒は石川容疑者とマッチングアプリで知り合った際、条例に抵触しない18歳だと伝え、その後に17歳と明かしていたことが19日、県警への取材で分かった。
 県警は石川容疑者が生徒と出会った後のやりとりで実際には17歳と認識していたとみて、調べている。また県警によると、駒沢大が今年1月の箱根駅伝で総合優勝した後も2人は会っていたが、生徒は石川容疑者がアンカーを務めていたことを知らなかったという。
https://this.kiji.is/767685863141277696?c=39546741839462401