スーパーの売り場にある果物を指でつぶしたとして奈良県警西和署は31日、器物損壊の疑いで、同県広陵町古寺の無職の男(71)を逮捕した。容疑を認めており、「ストレスや悩みを解消するためつぶしてしまった」と供述しているという。
逮捕容疑は5月10日午後6時25分ごろ、同県上牧町のスーパーで、キウイやバナナ、パプリカなど計16点を指で押しつぶし、損壊したとしている。
同署によると、4月以降に同様の被害が約30回あったという。
https://www.sankei.com/article/20210531-FVSLMIJVLNPD7LI4S2AB6UY3PY/