カテゴリー

« 臨場の警察官殴る マスク拒否の男を起訴 千葉地検(29日)産経 | トップページ | キャッシュカードをトランプとすり替え 高齢女性が被害(29日)TBS »

2021年4月29日 (木)

夕食時に覚せい剤混入か 経口摂取、注射痕なし―資産家殺害・和歌山県警(29日)時事

和歌山県田辺市の会社経営野崎幸助さん=当時(77)=を殺害したとして、元妻の会社役員須藤早貴容疑者(25)=東京都品川区=が逮捕された事件で、須藤容疑者が事件当日の夕食時、飲食物に覚せい剤を混入するなどして摂取させた疑いがあることが28日、県警への取材で分かった。

【まとめ】「紀州のドンファン」死亡で元妻逮捕 関連ニュース

 県警は同日、品川区の須藤容疑者宅などを捜索。覚せい剤の入手ルートや詳しい動機を調べ、事件の全容解明を目指す。
 須藤容疑者は2018年5月24日、田辺市の当時の自宅で野崎さんに覚せい剤を経口で摂取させ、急性覚せい剤中毒により殺害した疑いで逮捕された。
 県警によると、解剖の結果、野崎さんの体に注射の痕跡はなく、胃の内容物から0.5~1グラムとされる致死量を超える覚せい剤が検出された。致死量を超える覚せい剤を経口摂取した場合、「極めて短時間」で死亡するという。
 野崎さんの死亡推定時刻は午後9時ごろで、当日は家政婦が用意した鍋料理を、死亡の数時間前に食べたとみられる。野崎さんは夕食時にはビールを飲むのが日課だったという。
 家政婦は夕食の支度を終えると帰宅しており、夕食時には自宅内に野崎さんと須藤容疑者だけしかいなかった。
 県警は須藤容疑者が、野崎さんに気付かれないよう飲食物に覚せい剤を混入し殺害した可能性があるとみて捜査を進めている。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021042801168&g=soc

« 臨場の警察官殴る マスク拒否の男を起訴 千葉地検(29日)産経 | トップページ | キャッシュカードをトランプとすり替え 高齢女性が被害(29日)TBS »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 臨場の警察官殴る マスク拒否の男を起訴 千葉地検(29日)産経 | トップページ | キャッシュカードをトランプとすり替え 高齢女性が被害(29日)TBS »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

留置所

無料ブログはココログ