カテゴリー

« 警察署クラスター拡大 中学教諭感染で臨時休校も 京都の新型コロナ、18日夜発表(18日)共同 | トップページ | 茨城で男性死亡、殺人で捜査 東海村、弟の行方捜す(19日)共同 »

2021年4月18日 (日)

高齢者、交通違反あれば技能検査 対象者2割が1回目不合格と試算(18日)産経

19日で発生から2年を迎える東京・池袋の暴走事故。3歳の女児とその母親を含む12人が死傷した悲惨な事故を契機として、高齢運転者の事故防止に向けた動きが進んでいる。来年6月までに施行される改正道交法では、特定の違反歴のある75歳以上に運転技能検査(実車試験)が義務化される。
 実車試験の対象者は、免許更新通知が届いた時点から過去3年間に、速度超過や信号無視、逆走といった11種類の違反を1度でもした75歳以上のドライバー。試験は自動車教習所などのコースで行われる。100点満点の減点方式で、1種免許は70点以上が合格だが、逆走や信号無視などをすると40点の減点となり、一発不合格となる。
 不合格になっても更新期間中は繰り返し受検できるが、期間内に合格する必要がある。合格者は認知機能検査を受け、認知症の恐れがないと判断されれば、高齢者講習を経て免許が更新される。
 警察庁は、令和4年の75歳以上の免許更新予定者は約212万5千人で、実車試験の対象者は約15万3千人に上ると試算。このうち23%にあたる約3万5千人が1回目で不合格になると見込んでいる。
改正道交法では、自動ブレーキなど先進安全機能を備えた「安全運転サポート車(サポカー)」に限って運転できる限定免許も創設される。

■免許返納、昨年は減 コロナ禍も影響か

 相次ぐ高齢運転者らの事故を背景に、増加傾向にあった運転免許証の自主返納者だが、昨年は減少に転じている。
 免許の自主返納制度は平成10年にスタート。警察庁によると、令和元年は前年から17万9832件増加し、過去最高の60万1022件を記録したが、2年は前年比4万8641件減の55万2381件になった。
続きを読む
https://www.sankei.com/affairs/news/210418/afr2104180009-n1.html

« 警察署クラスター拡大 中学教諭感染で臨時休校も 京都の新型コロナ、18日夜発表(18日)共同 | トップページ | 茨城で男性死亡、殺人で捜査 東海村、弟の行方捜す(19日)共同 »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 警察署クラスター拡大 中学教諭感染で臨時休校も 京都の新型コロナ、18日夜発表(18日)共同 | トップページ | 茨城で男性死亡、殺人で捜査 東海村、弟の行方捜す(19日)共同 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

留置所

無料ブログはココログ