カテゴリー

« 長男への傷害容疑で再逮捕 北海道警、5年前の事件(26日)産経 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2021年3月26日 (金)

日航機墜落、遺族が音声・飛行データ開示求め提訴 「520人の供養に」(26日)産経

乗客乗員520人が犠牲となった昭和60年の日航ジャンボ機墜落事故で、事故機に搭乗していた副操縦士と乗客の遺族2人が26日、日本航空を相手取り、事故機のボイスレコーダー(操縦室音声記録装置)とフライトレコーダー(飛行記録装置)のデータ開示を求める訴訟を東京地裁に起こした。
 訴状によると、亡くなった乗客の吉備雅男さんの妻、素子さん(78)は平成30年2月、日航に対し「事故機の飛行状況や乗客が死亡した経緯を知りたい」として同データの開示を請求。日航は同3月、「国際民間航空機関の規定により、データは公的な事故調査機関による調査目的以外には使用できない」として開示を拒否した。
 また、副操縦士だった佐々木祐さんの姉、市原和子さんも昨年3月に開示を請求したが、日航は同5月に「データは遺族の個人情報には該当しない」と回答した。2人はいずれも遺族や相続人として、「自己情報コントロール権」などに基づくデータの開示請求権を有すると主張している。
 26日に東京都内で原告側の代理人弁護士が会見。素子さんが「事故の本当の原因を知りたい。ボイスレコーダーを聞くことが、夫をはじめ520人の供養になる」と訴えるビデオメッセージも流された。
https://www.sankei.com/affairs/news/210326/afr2103260019-n1.html

« 長男への傷害容疑で再逮捕 北海道警、5年前の事件(26日)産経 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 長男への傷害容疑で再逮捕 北海道警、5年前の事件(26日)産経 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ