カテゴリー

« 「まん延防止」初適用が焦点 政府、宮城の感染急増警戒―新型コロナ(23日)時事 | トップページ | 富士山 スラッシュ雪崩が発生、大雨と気温上昇か(23日)TBS »

2021年3月23日 (火)

地下鉄サリン事件 捜査秘話 元死刑囚との間で“化学式の対話”(23日)NHK

「オウムの科学を解明せよ」。無差別テロ、地下鉄サリン事件の捜査で、こう命じられた元科学捜査官が、事件から26年となる中、捜査の秘話を明かしました。サリンの生成に関わった元死刑囚との間で“化学式の対話”が行われ、捜査が進められていたことが分かりました。 取材に応じたのは、元・警視庁科学捜査官で、医学博士の服藤恵三さんです。
平成7年3月20日に起きた地下鉄サリン事件では、14人が死亡、およそ6300人が被害に遭いました。
当日の朝、服藤さんは、地下鉄にまかれた液体をサリンと鑑定しますが、その後、押収された実験ノートを分析したことで事件捜査に関わるようになりました。
ノートには、サリンを示すとみられる「サッチャン」という表記や、物質の沸点や融点、凝固点の測定値が記されていました。
数値は文献に記されたものとほぼ一致し、サリンを作っていることをうかがわせるものでした。 「オウムの科学を解明せよ」。
こう命じられた服藤さんは、麻原彰晃、本名、松本智津夫元死刑囚のもとでサリンの生成に関わった土谷正実元死刑囚と対面することになります。
黙秘を続ける土谷元死刑囚との対面で、服藤さんはある試みを行ったといいます。
化学式を黙々と書いて示すことでした。
この中の1つは、土谷元死刑囚がみずから考案したサリンの生成方法で、実験ノートの分析から解明したものでした。
自分で考えた生成方法を示され、困惑した様子だったという、土谷元死刑囚。
数日後、自供を始めたということです。
土谷元死刑囚は「自分で考えた生成方法をなぜ知っていたのか、そこまで解明しているなら黙っていてもしかたがないと思った」と話したということです。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210323/k10012929891000.html

« 「まん延防止」初適用が焦点 政府、宮城の感染急増警戒―新型コロナ(23日)時事 | トップページ | 富士山 スラッシュ雪崩が発生、大雨と気温上昇か(23日)TBS »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「まん延防止」初適用が焦点 政府、宮城の感染急増警戒―新型コロナ(23日)時事 | トップページ | 富士山 スラッシュ雪崩が発生、大雨と気温上昇か(23日)TBS »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

留置所

無料ブログはココログ