カテゴリー

« 「人質司法」の誤解アピール 法務省、ゴーン事件受け世界へ動画発信(7日)産経 | トップページ | 大麻摘発、30代以下10年で倍増 福井県警2020年、摘発人数過去最多(8日)共同 »

2021年3月 8日 (月)

女性議員、性差別経験4割 セクハラ7割が同僚から 全道調査(8日)共同

道議会と道内の市町村議会の全女性議員を対象に、北海道新聞社が行ったアンケートで、議員活動中にセクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)または差別や偏見を受けた議員が、回答者の40%に当たる93人に上った。セクハラを受けた議員は69人で、うち71%に当たる49人は同僚議員から、有権者からも41%の28人あった(複数回答)。3月8日は女性の地位向上や性差の解消に向け、国連が定めた「国際女性デー」。
 アンケートは「女性の政治参画」をテーマに、昨年12月末時点で女性議員だった321人が対象。道議会を含む全180の議会事務局を通じて調査票を送付し、今年2月末までに231人が答えた。回答率は72%。
 セクハラの具体的な中身は、容姿や年齢、性行為に関する発言が21人と最も多く、胸や尻など身体への接触が15人、酒席での酌やキス、交際などの要求が11人と続いた。
 女性であることで差別や偏見を受けた経験が「ある」と答えたのは65人。自由記述では「女のくせに」など女性蔑視ととれる言動や「男は仕事、女は家庭」といった性別役割意識の押し付け、議会人事での不当な扱いなどが挙げられた。
 セクハラや差別・偏見をいずれも受けたと回答した議員は42人いた。

【関連記事】
「女性に政治無理」「夫かわいそう」 偏見や蔑視、今なお
<特集>#もやもやジェンダー
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/518978/

« 「人質司法」の誤解アピール 法務省、ゴーン事件受け世界へ動画発信(7日)産経 | トップページ | 大麻摘発、30代以下10年で倍増 福井県警2020年、摘発人数過去最多(8日)共同 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「人質司法」の誤解アピール 法務省、ゴーン事件受け世界へ動画発信(7日)産経 | トップページ | 大麻摘発、30代以下10年で倍増 福井県警2020年、摘発人数過去最多(8日)共同 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

留置所

無料ブログはココログ