カテゴリー

« 低気圧の影響、大雨の恐れ 土砂災害に警戒を、気象庁(12日)共同 | トップページ | 菅原元経産相に“起訴相当” 秘書が有権者に香典等 検察審査会(12日)NHK »

2021年3月12日 (金)

接待問題の東北新社 子会社の衛星放送事業の認定取り消しへ(12日)NHK

総務省の幹部らを接待していた衛星放送関連会社「東北新社」が4年前、放送法の外資規制に違反した状態だったにもかかわらず、事実と異なる申請を行って衛星放送事業の認定を受けていたことがわかったとして、武田総務大臣は、子会社が継承している衛星放送事業の認定を取り消す方針を明らかにしました。
衛星放送事業は総務省の認定が必要で、申請する企業は、放送法で議決権のある株式の外資比率が20%未満であることが条件となっています。
菅総理大臣の長男が勤め、総務省の幹部らを接待していた衛星放送関連会社「東北新社」は、2017年10月に外資比率が20%を超え、法律に違反した状態だったにもかかわらず、子会社に事業を継承していたことが明らかになり、総務省が経緯を調べていました。武田総務大臣は12日朝、これまでの調査で、東北新社が事業の認定を受けた2017年1月の時点で、すでに外資比率が20%を超えていたにもかかわらず、20%未満だと事実と異なる申請を行い、そのまま総務省が認定していたと説明しました。
そのうえで「東北新社が2017年1月に受けた認定に重大な瑕疵(かし)があったと判断し、取り消しに向けて必要な手続きを進めていくことにした」と述べ、現在、子会社の「東北新社メディアサービス」が継承している事業、BS4K放送の「ザ・シネマ4K」の認定を取り消す方針を明らかにしました。
武田大臣によりますと、東北新社は総務省に対し「当時の外資比率を20%未満と報告したことはミスだった」と説明しているということです。
一方、総務省が事実と異なる申請を認定していたことについて武田大臣は「総務省側のチェックが十分でなかったと考えており、別途必要な対応を検討していく」と述べました。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210312/k10012911081000.html

« 低気圧の影響、大雨の恐れ 土砂災害に警戒を、気象庁(12日)共同 | トップページ | 菅原元経産相に“起訴相当” 秘書が有権者に香典等 検察審査会(12日)NHK »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 低気圧の影響、大雨の恐れ 土砂災害に警戒を、気象庁(12日)共同 | トップページ | 菅原元経産相に“起訴相当” 秘書が有権者に香典等 検察審査会(12日)NHK »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ