カテゴリー

« 入管法など改正案を決定 国外退去処分の外国人に「監理措置」(19日)NHK | トップページ | 18、19歳厳罰化を閣議決定 「特定少年」逆送拡大(19日)共同 »

2021年2月19日 (金)

自動小銃で対立幹部殺害 元暴力団員に無期懲役の判決 神戸地裁(19日)NHK

おととし兵庫県尼崎市で、山口組系の元暴力団員が対立する神戸山口組の幹部を自動小銃で殺害した事件の裁判で、神戸地方裁判所は「組織への忠誠心に基づく反社会的な犯行だ」と指摘し、求刑どおり無期懲役を言い渡しました。
山口組系の元暴力団員朝比奈久徳被告(53)は、おととし11月、尼崎市の繁華街の路上で、山口組から分裂して対立する神戸山口組の幹部に、自動小銃で15発を発射し殺害したなどとして、殺人や銃刀法違反などの罪に問われました。
これまでの裁判で朝比奈被告は、自動小銃の入手先などの供述を拒み、個人的な動機による犯行だと主張したのに対し、検察は、対立組織への報復や威嚇が目的だとして、無期懲役を求刑していました。
19日の判決で、神戸地方裁判所の小倉哲浩裁判長は「被告は『有名になりたかった』と話していて、こうした動機は組織への忠誠心に基づくもので、人命を軽視し反社会的だ」と指摘しました。
そのうえで「組織的犯行とは認定できないとしても残虐極まりなく、一般市民にも被害がおよびかねない危険性の高い犯行だ」と述べて、求刑どおり無期懲役を言い渡しました。
この裁判は裁判員裁判の対象でしたが、暴力団の対立抗争が続く中、危害が加えられるおそれがあるとして、裁判員が参加しない形で行われました。https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210219/k10012876091000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_006

« 入管法など改正案を決定 国外退去処分の外国人に「監理措置」(19日)NHK | トップページ | 18、19歳厳罰化を閣議決定 「特定少年」逆送拡大(19日)共同 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 入管法など改正案を決定 国外退去処分の外国人に「監理措置」(19日)NHK | トップページ | 18、19歳厳罰化を閣議決定 「特定少年」逆送拡大(19日)共同 »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

留置所

無料ブログはココログ