カテゴリー

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 同意なく店名公表と徳島県を提訴  感染者立ち寄り先、ラーメン店(5日)共同 »

2021年2月 5日 (金)

コロナ禍の災害に備え訓練 東北6県警、遺体収容の方法確認(5日)共同

東北管区警察局(仙台市)と管内6県警は5日、新型コロナウイルス禍が続く状況での大規模災害に備え、合同訓練を実施した。感染者が亡くなった場合の遺体の収容方法などを確認した。
 訓練は岩手県警の訓練場(滝沢市)で開催した。主に岩手県警の職員が実演し、フェースシールドを着けて、手袋を二重にはめ、遺体を収納した袋の消毒法などを学んでいた。他の県警の職員は離れた位置で見学した。
 福島県警の渡辺政喜検視官は「東日本大震災の経験を生かしながら、感染予防策を徹底した上で、早く確実に、ご家族に遺体をお渡しできるよう備えたい」と話した。
https://this.kiji.is/730383192218353664?c=39546741839462401

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 同意なく店名公表と徳島県を提訴  感染者立ち寄り先、ラーメン店(5日)共同 »

新型コロナウイルス禍関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 同意なく店名公表と徳島県を提訴  感染者立ち寄り先、ラーメン店(5日)共同 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ