カテゴリー

« クーデター後、初の日本便が到着 ミャンマー駐在員ら帰国(20日)共同 | トップページ | 不正薬物の密輸 旅客機減も高止まり 5年連続で1トン超える(20日)NHK »

2021年2月20日 (土)

1、3号機格納容器の水位低下 福島第1原発、地震の影響か(20日)時事

東京電力は19日、福島第1原発1号機と3号機で格納容器内の水位が数十センチ低下したと発表した。水位低下は1日数センチ程度のペースで続いているという。原子炉への注水や、溶け落ちた核燃料(デブリ)の冷却は維持されており、東電は外部への放射能の影響はないとしている。

【特集】菅首相「温暖化ガス排出ネットゼロ」は原発「再稼働・新設」の宣言

 13日には福島県沖を震源とする最大震度6強を記録した地震が発生。東電は「以前から配管などに損傷が見られ、損傷箇所が拡大した可能性もある」との見方を示した。
 同原発では、格納容器底部にあるデブリを冷却するため、毎時3トンの注水が継続されている。格納容器の損傷箇所から原子炉建屋に水が漏れているが、地震前は1号機では底部から約1.9メートル、3号機では約6.3メートルの水位が保たれていた。
 東電によると、18日午後11時ごろ、運転員が1号機の水位低下を確認。1号機で40~70センチ、3号機で約30センチ低下したとみられる。
 過去のデータを調べたところ、1号機は15日ごろから、3号機は14日ごろから水位の低下傾向が始まったとみられることが分かった。
 東電は水位の低下幅について、昨年実施した注水停止の試験で低下した量と変わらないと説明。水位の監視を継続しながら、必要に応じて注水量を増やすなどの対策を取るとしている。
 冷却水は大半を循環させて使っているが、注水量が増えると放射能汚染水も増加。浄化後の処理水のタンク保管量にも影響する可能性がある。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021021901167&g=soc

« クーデター後、初の日本便が到着 ミャンマー駐在員ら帰国(20日)共同 | トップページ | 不正薬物の密輸 旅客機減も高止まり 5年連続で1トン超える(20日)NHK »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クーデター後、初の日本便が到着 ミャンマー駐在員ら帰国(20日)共同 | トップページ | 不正薬物の密輸 旅客機減も高止まり 5年連続で1トン超える(20日)NHK »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ