カテゴリー

« 名古屋市消防局幹部を逮捕 覚醒剤所持疑い(8日)共同 | トップページ | エクステ販売会社「仕入れ先本当は中国」1億3000万脱税か(8日)TBS »

2021年2月 8日 (月)

平山郁夫などの作品をもとにした偽物の版画が流通か(8日)NHK

戦後を代表する日本画家、平山郁夫などの作品をもとにした偽物の版画が、数年前から百貨店などで流通していたとみられることが関係者への取材で分かりました。画商でつくる組合の調査に対し、大阪の画商が販売したことを認めているということで、警視庁は著作権法違反の疑いで捜査しています。
偽物の版画が流通していたのは、日本画家の平山郁夫や東山魁夷、それに片岡球子の作品です。
版画を扱う画商でつくる「日本現代版画商協同組合」などによりますと、原画をもとに職人が制作する版画は通常、画家本人や遺族の許可を得たうえで数を制限して販売していますが、去年の春ごろ、特定の版画が百貨店などで多く流通していることに組合員が気付いて調査したところ、色合いなどがわずかに異なる偽物が含まれていたことが分かったということです。
さらに、流通ルートを調べた結果、大阪市で画廊を営む50代の画商が関わっていることが分かり、組合の調査に対し、数年前から販売していたことを認めたということです。
偽物の版画は、確認できただけで10作品あるということで、組合は去年12月、この画商を除名処分にしました。
また、警視庁は去年12月に著作権法違反の疑いで関係先を捜索し、複数の版画を押収したということで、今後、鑑定を進めるとともに流通ルートなどを調べることにしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210208/k10012855251000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

« 名古屋市消防局幹部を逮捕 覚醒剤所持疑い(8日)共同 | トップページ | エクステ販売会社「仕入れ先本当は中国」1億3000万脱税か(8日)TBS »

偽札・偽造・模造」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 名古屋市消防局幹部を逮捕 覚醒剤所持疑い(8日)共同 | トップページ | エクステ販売会社「仕入れ先本当は中国」1億3000万脱税か(8日)TBS »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ