カテゴリー

« 児童虐待通告、10万人超える ストーカーやDVも高水準(4日)産経 | トップページ | 警官恐喝疑いで男2人逮捕 非番で飲酒、神奈川県警(4日)産経 »

2021年2月 4日 (木)

警察官・職員の懲戒処分229人 昨年 異性関係が最多(4日)産経

警察庁は4日、昨年1年間に懲戒処分を受けた警察官や警察職員が前年を14人下回る229人だったことを明らかにした。統計がある平成12年以降、最少となった。逮捕者は前年より1人少ない49人だった。
 処分者の内訳は、免職29人(前年と同じ)▽停職47人(前年比12人減)▽減給116人(同6人減)▽戒告37人(同4人増)。業務に関する処分は48人(同6人減)で、万引など私生活に関する処分は181人(同8人減)だった。
 処分の理由は、セクハラを含む「異性関係」が91人(同11人増)でトップとなった。続いて「窃盗・詐欺・横領など」40人(同26人減)▽「交通事故・違反」32人(同8人減)▽「暴行・傷害など」16人(同7人増)-などとなった。
 都道府県別では、警視庁が30人(同4人減)で最多。愛知県警16人(同2人増)、大阪府警15人(同8人増)、北海道警13人(同6人増)などが続いた。
 主な処分では、警視庁捜査1課特殊班(SIT)の警部補が私的な交通費などを捜査に使ったと偽って5年間で計約13万円を不正に得たとして懲戒免職処分になったものがあった。
https://www.sankei.com/affairs/news/210204/afr2102040003-n1.html

« 児童虐待通告、10万人超える ストーカーやDVも高水準(4日)産経 | トップページ | 警官恐喝疑いで男2人逮捕 非番で飲酒、神奈川県警(4日)産経 »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 児童虐待通告、10万人超える ストーカーやDVも高水準(4日)産経 | トップページ | 警官恐喝疑いで男2人逮捕 非番で飲酒、神奈川県警(4日)産経 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ