カテゴリー

« 2021年2月26日 (金) | トップページ | 2021年2月28日 (日) »

2021年2月27日 (土)

2021年2月27日 (土)

アパートに女性2遺体…住人の親子か 東京・東大和(27日)産経

東京都東大和市向原の都営アパートの一室で26日、50代ぐらいと90代ぐらいの女性2人が死亡しているのが見つかった。警視庁東大和署はこの部屋に住む親子で死後数日が経過しているとみて、身元確認を進めるとともに死因を調べる。
 同署によると、親子は2人暮らしで、娘の同僚が26日午後2時45分ごろに「安否確認をしてほしい」と110番通報して発覚。遺体に目立った外傷や衣服の乱れはなく、いずれも居間であおむけになっていた。
 室内を物色された形跡はなく、事件性は低いとみている。
https://www.sankei.com/affairs/news/210227/afr2102270008-n1.html

栃木山火事、27日は延焼なし…来月1日にも鎮圧見込み(27日)産経

栃木県足利市の両崖山(251メートル)一帯の山林火災の焼失面積は27日午後2時時点で約106ヘクタールと、26日と変わらなかった。市が明らかにした。同市の和泉聡市長は記者会見で「さらに延焼のコントロール具合が強まった」と述べ、消火活動が順調に進めば、3月1日にも鎮圧できるとの見方を示した。
 市によると、27日は強風注意報が出ていたが、陸上自衛隊のヘリコプターによる散水が行われた。28日以降は状況が悪化しなければ、地上部隊の人員を増やし、残り火の処理を中心に進める。
 和泉市長は「28日に向けてさらに風が弱まる。天候条件を含め、かなりいい方向に向かっている」と説明。鎮火には2月21日の発生から10日~2週間程度かかるとの見解を重ねて示した。
https://www.sankei.com/affairs/news/210227/afr2102270011-n1.html

横断歩道でSTOP!警視庁が動画でPR、映画館などで上映へ(27日)TBS

東京では信号機のない横断歩道で車が止まる割合が全国でワースト2位となっています。これを受け、警視庁は新たに交通ルールの順守を訴える動画を作成しました。
 「第1グループ、横断歩道に差しかかりました」
 「あ~やはり、車止まりませんね~」
 「東京では車は、止まらないですね~」
 「東京以外では、車はもっと止まるんですけどね~」
 「ちょっとこれは問題・・・。あ!そうこうしているうちに第2グループが追いついちゃいましたね~」(警視庁が作成した動画より)
 これは警視庁が作成した動画で、「東京は車が止まらない」と記者に発表するものなど4種類の動画が新たに作られました。都内では、去年、交通事故による死者が155人と全国ワースト1位になり、別の調査では、信号機のない横断歩道で車が一時停止する割合が6.6%と全国ワースト2位となっていて、警視庁は動画を通じて「横断歩道では歩行者を優先すること」を意識してもらいたいとしています。
 動画は、来月から都内のスーパーや警視庁のYouTubeなどで公開されます。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4209817.html

多摩川河川敷で火事 今月4度目 連続放火の可能性(27日)TBS

27日午後、東京・世田谷区の多摩川の河川敷で、枯れ草などおよそ1000平方メートルを焼く火事がありました。付近の河川敷では火事が相次いでいて、警視庁は連続放火の可能性もあるとみて調べています。
 音を立てて激しく燃え上がる炎。黒い煙も立ち上っています。27日午後1時すぎ、世田谷区の多摩川の河川敷から火が出ました。
 警視庁などによりますと、枯れ草およそ1000平方メートルとごみやリアカーなどを焼き、出火からおよそ1時間後に消し止められたということです。この火事によるけが人はいませんでした。
 およそ2.5キロ離れた河川敷では、26日午後6時半ごろ、枯れ草が2000平方メートルほど燃える火事があったほか、今月5日と9日にも近くの河川敷で枯れ草が燃える火事があったということで、警視庁は連続放火の可能性もあるとみて調べています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4209990.html

大阪 新型コロナ 3人死亡 69人感染確認(27日)NHK

大阪府は27日、府内で新たに69人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。
大阪府内で感染が確認された人は合わせて4万7069人となりました。
また、70代から90代の男女合わせて3人の死亡が確認され、府内で亡くなった人は1115人となりました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210227/k10012889341000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_016

山梨 新型コロナ 1人死亡 県内死者計17人18時19分

福岡 新型コロナ 1人死亡 新たに31人感染確認18時17分

埼玉 新型コロナ 9人死亡 118人感染確認18時07分

千葉 新型コロナ 6人死亡 151人感染確認17時50分

神奈川 新型コロナ 162人感染確認 3日連続で100人超17時46分

子ども3人遺体事件 父親は虐待で過去4回児童相談所に通告(27日)NHK

福岡県飯塚市と鹿児島市で3人の子どもが遺体で見つかった事件で、子どもの父親が、3人のうち小学生の男の子への暴行でこれまでに4回児童相談所に通告されていたことがわかりました。
25日、福岡県飯塚市の県営団地で、小学3年生の田中大翔くん(9歳)が死亡しているのが見つかりました。
また26日夜になって、一緒に住んでいた3歳と2歳のきょうだい2人も鹿児島市のホテルで遺体で見つかり、父親はホテルの部屋から飛び降りて大けがをしました。
警察によりますと、父親は大翔くんへの暴行で、過去5年間に4回、警察から児童相談所に通告されたということです。
父親は警察に対し暴行したことを認め、そのつど大翔くんは一時的に児童相談所に預けられたということです。
一方で、3歳と2歳のきょうだい2人には虐待などに関する通告はなかったということです。
これまでの捜査で、大翔くんは今月中旬に死亡したとみられ、同じ時期に父親は福岡市でレンタカーを借り、2人のきょうだいを連れて宮崎県方面へ移動したことが分かっています。
乗っていたレンタカーに使われていない練炭が残されていたほか、滞在先からは遺書のようなものが見つかっていて、警察は無理心中を図ろうとしたとみて捜査しています。
警察は、父親が大翔くんが死亡した経緯についても知っているとみて調べています。
続きを見る

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210227/k10012889501000.html

山火事、悪条件で散水追い付かず 発生1週間、住民の不安消えず(27日)共同

 栃木県足利市の両崖山(251m)一帯で起きた山林火災は28日、発生から1週間を迎える。ヘリコプターによる消火活動は急拡大する延焼のスピードに散水が追い付かずに長期化。季節特有の乾燥と強風という気象条件が被害悪化に拍車を掛けた。火の勢いは収まりつつあるが、住民の不安は消えていない。
 「山林火災の消火は延焼速度と水量の戦い。悪条件が重なると信じられない速さで広がっていく」。消防庁特殊災害室の三浦宏室長の懸念が当てはまったのが、今回のケースだった。
 火災は21日午後3時半ごろ分かったが、現場は高所かつ急斜面に囲まれており、消防車両での消火活動はできなかった。

群馬・桐生の山林火災は鎮圧 25日に発生(27日)共同

群馬県桐生市は27日、同市黒保根町で25日に発生し、延焼を続けていた山林火災が鎮圧状態になったと発表した。下草などに火種が残っている可能性があり、28日も陸上自衛隊のヘリコプターと消防が消火活動を行う。
 市によると、27日は新潟県と千葉市の防災ヘリ各1機、自衛隊ヘリ2機が上空から散水、消防が地上で消火にあたった。夕方には煙がほぼなくなったという。
 この火災で約20ヘクタールが焼失、近くに住む男性(79)が両脚などにやけどを負った。県警によると、25日午前、この男性が山中でドラム缶に杉の葉を入れて燃やしていたところ、下草に燃え移り広がったとみられる。
https://this.kiji.is/738342638151565312?c=39546741839462401

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(27、28日 単位・レベル)
通信傍受が増加
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20210227210501 Img_20210214_142301  スポットモニタリングなど厳しい制限があった通信傍受法―平成28年12月から、特殊詐欺や組織窃盗、暴力団など、重大な脅威を与えている組織犯罪についても通信傍受が可能になったのか、傍受実施が多くなっている。
…… …… …… ……
 警察庁によると令和2年中に通信傍受の請求を50回行い、50回の令状を受けて携帯電話などの通信を傍受。152人を逮捕している。
 おもな傍受事件を見ると、事件で最も検挙者数が多かったのは覚醒剤の譲渡事件。携帯電話の通話を78日間にわたって計2544回の通話傍受を実施して26人を逮捕している。
 また、窃盗事件では1040回の通話を傍受して2人を逮捕。銃刀法事件では188回の通話を傍受して2人を逮捕。恐喝、同未遂事件では2690回の通話を傍受して14人を逮捕している。
 当然、この他に殺人や詐欺などの捜査での傍受を実施したが逮捕者は0だった。
 「通信傍受法」は、組織的な犯罪のなかでも特に重大で凶悪な事件を捜査する際に、他の手段では解明が難しい場合に限って実施しているものだが、確実に効果を出していると言ってもいいだろう。
首都・東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

 【特殊詐欺に注意】
★組トップに4億円の賠償命令 特殊詐欺で使用者責任認める (26日)共同
★本日中に手続きを…蓮田市役所を装った詐欺相次ぎ、女性2人被害 口座残高が減り、市役所に相談して発覚(25日)共同
★京都の税理士も給付金受給に関与 JRA調教助手ら12人が相談(24日)共同
★FX詐欺グループの首謀者の男逮捕 被害2億円超(23日)産経
★特殊詐欺被害阻止へオリジナル封筒 文教大生考案、県内コンビニで来月配布(23日)共同(山形)
★海自隊員の男ら3人を逮捕、広島 住宅ローン3千万円詐取疑い(23日)共同
★特殊詐欺で42歳と71歳の親子逮捕「詐欺と思わなかった」(22日)TBS
★「手続きすれば9800万もらえる」 仙北の男性が詐欺被害(22日)共同
★現金160万円詐取の疑い 回収役の男を逮捕 神奈川県警(22日)産経
★ワクチン、「優先」詐欺に警戒 不審電話・メール相次ぐ(22日)共同
★「シリアの医師に保証金90万円」郵便局訪れた女性を説得、交番に通報(21日)読売 

家宅捜索で拳銃見つかる、59歳の男を現行犯逮捕(27日)TBS

26日、埼玉県吉川市の自宅倉庫で拳銃1丁を隠し持っていたとして、警察は会社役員の59歳の男を現行犯逮捕しました。
 銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕されたのは、埼玉県吉川市の会社役員・矢島史雄容疑者(59)です。
 警察によりますと、匿名の情報提供があり、捜査を続けていたところ矢島容疑者が浮上し26日、警察が矢島容疑者の自宅などを捜索したところ、自宅敷地内の倉庫の中からリボルバー式の拳銃1丁が見つかったということです。拳銃は新聞紙などにくるまれた状態で見つかっていて、実弾などは現在まで発見されていないということです。
 警察は矢島容疑者の認否を明らかにしていませんが、入手ルートを含めて詳しく調べる方針です。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4209816.html

大阪の宅見組事務所を使用禁止に 警戒区域内で初、地裁決定(27日)共同

大阪地裁は27日までに、大阪市中央区の繁華街ミナミの中心部にある特定抗争指定暴力団神戸山口組直系組織「宅見組」(入江禎組長)の事務所使用を禁止する仮処分を決定した。15日付。同様の決定は全国17例目だが、抗争事件が起きる恐れがあるとして公安委員会が警戒区域に指定している自治体の事務所に対する決定は初めて。
 昨年12月、暴力団対策法に基づき近隣住民らの委託を受けた大阪府暴力追放推進センターが申し立てた。特定抗争指定暴力団に指定された昨年1月以降、警戒区域に当たる大阪市内にある同組事務所は既に使用が禁じられているが、今回の決定で指定解除後も使用が禁じられる。
https://this.kiji.is/738248818885345280?c=39546741839462401

北海道 新型コロナ 札幌市で19人感染確認 道内延べ1万9042人に(27日)NHK

札幌市は、新たに19人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。
これで北海道内の感染者は延べ1万9042人となり、このうち死亡した人は675人となっています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210227/k10012888911000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_009

長野 新型コロナ 1人感染確認 県内計2364人に15時47分

和歌山 新型コロナ 1人感染確認 県内計1162人に15時44分

石川 新型コロナ 4人感染確認 県内計1845人に15時41分

岡山 新型コロナ 岡山市で1人感染確認 県内延べ2479人に15時39分

静岡 新型コロナ 新たに26人感染確認 県内延べ5126人15時25分

愛知 新型コロナ 豊田市で1人死亡 県内死者計518人に14時53分

東京都 新型コロナ 新たに337人感染確認(27日)NHK

東京都は27日午後3時時点の速報値で、都内で新たに337人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。1日の感染の確認が500人を下回るのは21日連続です。
都によりますと、新たに感染が確認されたのは10歳未満から90代までの男女合わせて337人です。
都内で1日の感染の確認が500人を下回るのは21日連続です。
年代別は、10歳未満が14人、10代が16人、20代が77人、30代が63人、40代が54人、50代が44人、60代が24人、70代が26人、80代が14人、90代が5人です。
これで都内で感染が確認されたのは合わせて11万1347人になりました。
都の基準で集計した27日時点の重症患者は、26日より2人減って68人でした。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210227/k10012888961000.html

「校長に渡して」袋の中に札束 小中高に計3千万円寄付(27日)朝日

奈良市は25日、匿名の男性が計3千万円を市立小中高校3校に寄付したと発表した。男性は24日、現金をポリ袋に入れて、それぞれの学校に持参したという。市は、3千万円は各学校の教育活動に活用していくという。
 市などによると、奈良市立春日中学校では24日午後2時40分ごろ、白色っぽい帽子とジャンパーを着た高齢の男性が自転車に乗ったまま校門から入ってきた。草むしりをしようとしていた業務員の女性(54)に、白いポリ袋を渡し、「これを校長か事務長に渡して」と言付けて立ち去った。
女性はすぐにポリ袋を坂本静泰校長(59)のもとに届けた。坂本校長が中身を確認すると、中には銀行の紙封筒に入った100万円の束が10束入っていた。
 坂本校長は「突然のことで驚いています。大変ありがたいことです。お礼を申し上げたいので、どなたなのか名乗り上げていただいたら幸いです」と取材に語った。
 この日、近くの小学校と高校にも、同じ男性と思われる人物が自転車に乗って現れていた。市立済美小学校には午後2時30分ごろ、市立一条高校には午後3時ごろ、それぞれ白いポリ袋で1千万円ずつを手渡した。済美小学校では、学校の受付に「これを子どもたちのために使ってください」と伝えていたという。(福岡龍一郎)
https://www.asahi.com/articles/ASP2V743WP2VPOMB00B.html

女性のバッグに体液かけた疑いで逮捕の男性を不起訴 東京地検(27日)TBS

東京・品川区の駅で、20代の女性のバッグに自身の体液をかけたとして警視庁に逮捕された男性について、東京地検は不起訴としました。
 去年2月、東京・品川区のJR大井町駅の構内で、20代の女性が持っていた手提げバッグに体液をかけ、バッグを汚したとして27歳の男性が器物損壊の疑いで警視庁に逮捕されていました。この男性について、東京地検は26日付で不起訴としました。東京地検は、不起訴の理由を明らかにしていません。
 男性は逮捕当時、警視庁の取り調べに対し、「エスカレーターで女性に体液をかけた」と容疑を認めていたということです。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4209392.html

福島県内で銃関連の事件相次ぐ 暴力団事務所に銃弾痕か いわき(27日)NHK

福島県いわき市で暴力団事務所のガラス戸に銃弾が撃ち込まれたと見られる痕が見つかり、警察が銃刀法違反事件として捜査しています。福島県内では今週、銃に関連する事件が相次いでいます。
27日午前2時すぎ、福島県いわき市鹿島町久保で住民から「発砲音が3、4回聞こえた」という通報が警察にありました。
警察が現場に駆けつけたところ、2階建ての建物の1階にある出入り口のガラス戸に銃弾が撃ち込まれたような痕が複数確認されました。
捜査関係者によりますと、現場の建物は暴力団事務所で、事件当時事務所には誰もいませんでした。
この事件によるけが人はいないということです。
現場はJR湯本駅から東に5キロほど離れた住宅や商業施設などが立ち並ぶ地域で、警察が銃刀法違反事件として捜査しています。
福島県内では2月22日、須賀川市内で男性が射殺される事件が起きたほか、25日にはその現場近くで拳銃のような物を持った男が逮捕されていて、銃に関連する事件が相次いでいます。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210227/k10012888711000.html

飲食店や旅館に期待と不安 前倒し解除の関西―緊急事態宣言(27日)時事

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が今月末で前倒し解除される関西。京都市の宿泊施設では、観光客が戻ることへの期待が高まっているが、解除後も営業時間短縮要請が続く大阪市の飲食店からは「何が変わるのか」と不安の声も上がった。

新型コロナウイルス最新情報

 大阪市では解除後も居酒屋などで午後9時までの時短営業要請が続く。道頓堀にある居酒屋の男性オーナー(54)は「やってみないと分からないが、1時間延びただけで何が変わるのか。どうせなら10時までにしてほしい」と一言。ローン支払いのため営業を続けているといい、「これまでよりサラリーマンが来てくれるようになれば」と望みをつないだ。
 大阪市に隣接する東大阪市。近鉄布施駅近くにある居酒屋従業員槙伸二郎さん(63)は「ほっとした、うれしい」と前倒し解除を歓迎した。解除後は営業時間が午後11時に戻る予定という。「大阪市内から流れてくる人も多いのでは。ゴールデンタイムにお客さんが増えるかも」と笑顔を見せた。
 一方、解除により中止や延期となっている観光イベントなどの再開が見込まれる京都。宣言に伴い現在休業中という旅館の若おかみ、馬渕能理子さん(36)は「団体客がすぐ戻るか分からないので不安」としつつ、「個人の予約が増えるのでは」と期待を込める。昨年秋は政府の観光支援事業「Go To トラベル」で予約が増えたといい、「(旅行の)意欲喚起につながる」と事業再開を強く望んだ。
 「感染が確実に収まってからの解除でいいのでは」と話すのは、京都御所近くの宿泊施設マネジャー中村和浩さん(49)。「解除後に人の移動が増えることで第4波が来るのではないか」と懸念した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021022601206&g=soc

学校に不満で教員を恐喝 高知南署 保護者夫婦を容疑で逮捕(27日)共同

自分たちの子どもが通う小学校の教員から現金を脅し取ったとして、高知南署は26日、恐喝容疑で高知市の40代の男と30代の妻=いずれも無職=を逮捕した。高知南署は夫婦の認否を明らかにしていないが、関係者によると、夫婦は学校への不満から、教員らに何度も抗議していたという。
 逮捕容疑は昨年11月12日午後0時半ごろ、高知市内の小学校の校舎内で、50代の女性教員を怒鳴って脅し、「和解金」として現金4万8千円を支払わせた疑い。関係者によると、被害者は同校の管理職だという。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。
https://www.kochinews.co.jp/article/437907/

取り調べ動画公開で男を起訴(27日)NHK

取り調べの録音と録画のデータを、動画投稿サイトで公開したことは法律で禁じられた「証拠の目的外使用」にあたるとして、高知市の71歳の男が起訴されたことが分かりました。
起訴状などによりますと高知市の71歳の男の被告は、おととし11月ごろ、別の事件で検察官から取り調べを受けた際の録音と録画のデータを動画投稿サイト「YouTube」で公開し、証拠の目的外使用を行ったとして刑事訴訟法違反の罪に問われています。
刑事訴訟法は検察から開示された証拠のコピーなどを裁判の準備などの目的以外で他人にあげたりネットを通じて提供したりすることなどを禁止するとしています。
高知地方検察庁は取り調べの録音と録画のデータを動画投稿サイトで公開したことは法律で禁止された「証拠の目的外使用」にあたるとして1月、被告を起訴しました。
これについて被告の弁護士によりますと、当時、本人はYouTubeへの投稿が違法だという認識はなかった上、投稿したデータは検察から開示されたものではないということで、裁判で起訴内容について争うとしています。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/kochi/20210226/8010010743.html

山火事発生から6日ヘリ消火再開(27日)NHK

栃木県足利市の山火事は27日で発生から6日となります。
市は「延焼はコントロールできてきている」としていて、消防が26日から引き続き夜を徹して消火活動を続けています。
栃木県によりますと今月21日に足利市西宮町で発生した山火事は延焼が続いていて、26日時点でおよそ106ヘクタールが焼けました。
消防は、26日から引き続き、夜を徹して、現場周辺のパトロールを行うとともに消火活動を続けています。
また、自衛隊もヘリによる消火活動を再開しました。
足利市は住宅地への延焼のおそれがあるとして、これまでにあわせて305世帯に避難勧告を出していて、市内の3か所に設けられた避難所には、27日午前6時の時点であわせて8世帯13人が避難しているということです。
市によりますとこれまでに火事によるけが人はいませんが、山中にある木造の神社の建物が全焼しました。
市は消火活動が進んだ結果、「延焼はコントロールできてきている」としていますが、宇都宮地方気象台によりますと空気が乾燥した状態が続いていて、週明けまではまとまった雨も降らない見込みだということです。
27日は、延焼がおさえられていれば消防隊員が山に入ってくすぶっている火を踏んだり、焦げた木を伐採したりして消火を急ぐことにしています。
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20210227/1000060911.html

死亡経緯、足取り捜査 福岡、鹿児島の子供3人遺体(27日)産経

福岡、鹿児島両県で子供3人の遺体が見つかった事件で、宮崎県内で見つかったレンタカーが今月18日に借りられていたことが27日、福岡県警への取材で分かった。借り主は3人の父親とみられる40代男性だった。福岡県飯塚市の集合住宅で25日に見つかった男児の遺体は死後1週間程度経過しており、県警は死亡の経緯と男性らの足取りを調べている。
 福岡県警によると、25日午前、宮崎県串間市の商業施設でレンタカーが見つかった。同日午後、契約書に記された福岡県飯塚市の集合住宅の部屋で、警察官が10歳前後の男児の遺体を発見した。レンタカーは18日に福岡市内で借りられ、22日に返却予定だったという。
https://www.sankei.com/affairs/news/210227/afr2102270004-n1.html

中国からの危険ドラッグ密輸の男を告発 東京税関(27日)TBS

 東京税関は、中国から危険ドラッグおよそ1500グラムを密輸しようとした行政書士の男を、関税法違反の疑いで東京地検に告発したと発表しました。
 関税法違反の疑いで東京税関から告発されたのは、埼玉県狭山市に住む行政書士・森政敏容疑者(33)で、去年2月から5月にかけ4回にわたって、中国から危険ドラッグおよそ1500グラムを密輸しようとした疑いがもたれています。
 東京税関によりますと、危険ドラッグは税関への書類には機械部品として記入されていましたが、中が見えない銀の袋に入れられていることを職員が不審に思い確認したところ、危険ドラッグであることが発覚したということです。森容疑者は危険ドラッグの液体を販売したとして去年11月に警視庁に逮捕されていて、「違法な指定薬物を販売し、原料を中国から輸入した」と話しているということです。
 危険ドラッグなどの指定薬物の押収量は去年に比べ12倍となるなど急増していて、東京税関は注意を呼びかけています。

東京都 時短に応じない都内34施設に改正特措法45条2項適用(27日)NHK

東京都が時短要請に従わない一部の飲食店に対し、改正特別措置法に基づく、より強い営業時間の短縮要請を行いました。
 東京都は、現在、都内の飲食店に対し、午後8時までの時短要請を行っていますが、一部の店舗はこの要請に応じていません。
 都は、このうちの34施設に対し、さらに強いかたちでの要請とするため、緊急事態宣言下でしか適用できない改正特措法45条2項に基づく時短要請を行いました。この要請が飲食店に出されるのは初めてです。これにより、施設名を公表することも可能ですが、人が集まるリスクもあり、今回は公表しないということです。
 また、改正特措法では、この「要請」に応じない場合は、「命令」に切り替えることができ、それも拒んだ場合は「30万円以下の過料」を科すことが可能となっています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4209685.html

東武鉄道 視覚障害者転落で対策 声かけ徹底やホームの端赤色に(27日)NHK

東京 板橋区の東武東上線の駅で視覚障害の男性がホームから転落して死亡した事故で、東武鉄道は、視覚障害の人に声かけを徹底するとともに当面、ホームの端を赤色にして弱視の人に注意を促すなどの対策を行うことになりました。
先月28日、東京 板橋区の東武東上線の下赤塚駅で、男性がホームから転落し、電車にはねられて死亡した事故があり、知人によりますと、男性は視力の弱い視覚障害で最近視力が低下していたということです。
26日、視覚障害者が駅のホームから転落する事故の対策を検討する国の会議が開かれ、東武鉄道の担当者は男性が転落するまで気付けなかったことなど、当時の状況を説明しました。
そして当面の対策として、視覚障害の人に声かけを徹底するとともに、今年4月を目標にCPラインと呼ばれるホームの端を赤色にして弱視の人に注意を促す対策を行うと報告しました。
ホームドアの設置は今後、検討するということです。
東武鉄道は当初、警察に十分に確認せずに自殺と捉えて事故の詳しい検証を行っていませんでした。
国土交通省は再発防止につなげるため、全国の鉄道各社に対して原因を警察に確認することを徹底するとともに事故の検証をして報告するよう今月、指示しています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210227/k10012888161000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

インスタで偽アカウント相次ぐ 個人情報など盗まれるおそれも(27日)NHK

SNSの「インスタグラム」で実在する企業や団体などになりすました偽のアカウントが相次いで報告されています。
フォローすると「プレゼントに当選しました」などといったメッセージが送られて来て不正なサイトに誘導され、個人情報などが盗まれるおそれもあり、情報セキュリティー会社が注意を呼びかけています。
 「インスタグラム」では、去年末から今月にかけて実在する企業や団体になりすました偽のアカウントが次々に現れ、NHKの調べでは先月と今月だけで少なくとも国内の100を超える企業や団体が被害を報告しています。
このうち、大手乳業メーカーの「よつ葉乳業」では、年末から今月までに立て続けに3つの偽アカウントを確認しました。
また、兵庫県丹波篠山市の商工観光課になりすましたアカウントは、説明文に「公式」と書かれていて、特産の茶葉の画像が勝手に使用されていました。
情報セキュリティー会社のトレンドマイクロによりますと、こうした偽のアカウントをフォローすると「勝者に選ばれました商品を受け取るには、以下の手順に」などといったURLつきのメッセージが送られてきて、クリックすると不正なサイトに誘導され、クレジットカード番号などの入力を求められるなど、個人情報を盗まれるおそれもあるということで、注意を呼びかけています。
インスタグラムを運営するフェイスブックの日本法人は「なりすましアカウントに関しては、専用のチームが内容を確認し、削除の対応を行っている」としています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210227/k10012888461000.html

政府 首都圏1都3県の3月7日宣言解除へ対策の徹底図る方針(27日)NHK

政府は、首都圏を除く6つの府県について、28日で緊急事態宣言を解除することを決めました。6府県では、段階的に感染対策を緩和するとともに、残る首都圏の1都3県については、3月7日の期限で宣言を解除できるよう対策の徹底を図る方針です。
緊急事態宣言について、政府は26日の対策本部で、対象地域の10都府県のうち、首都圏を除く、大阪、兵庫、京都の関西3府県と、愛知県と岐阜県、それに福岡県の6つの府県で、3月7日までの期限を前倒しして、28日で解除することを決めました。
政府は、感染拡大に対する専門家の懸念も踏まえ、引き続き、6府県では、飲食店への営業時間の短縮を要請するなど、段階的に対策を緩和することにしています。
また、残る首都圏の1都3県については、新規感染者数の減少が鈍化傾向にあり、医療提供体制のひっ迫が続いているとして、3月7日の期限で宣言を解除できるよう、飲食店の営業時間短縮や不要不急の外出自粛など対策の徹底を図る方針です。
一方、6府県での宣言の解除を受けて、菅総理大臣は26日、記者会見は行わず、総理大臣官邸で、記者団の取材に応じました。
この中で、菅総理大臣は、記者団が「なぜ記者会見を行わなかったのか。高額の接待を受けた山田内閣広報官のことは影響しているのか」と質問したのに対し、「全く関係ない。現に、山田氏が国会で答弁したのは、事実ではないか」と述べました。
そのうえで「来月7日までの1都3県の宣言の期間中は、徹底して、緊張感を持って、感染拡大防止策を行うことが極めて大事だ。このため記者会見のタイミングについては、最後まで状況を見極めたうえで、判断を行ったのちに、宣言の全体について、きちんと会見を行うべきだと考えている。現に去年、関西圏の宣言を解除した時は行っておらず、このような形で対応しているのも事実だ」と述べました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210227/k10012888101000.html

子ども3人の遺体発見 父は飛び降り、室内に遺書―福岡など(27日)時事

福岡県警は27日までに、福岡県飯塚市と鹿児島市で子ども3人の遺体が見つかったと発表した。父親とみられる40代の男性はホテルから飛び降り、病院に搬送された。県警は回復を待って、3人が死亡した経緯について事情を聴く方針。
 県警によると、25日午後2時50分ごろ、飯塚市伊川の県営団地で10歳前後の小学生の男児の遺体が見つかった。男児は父親と、3歳と2歳の兄妹の4人で生活しており、県警は父親らの行方を捜査。26日、滞在先の鹿児島市内のホテルに踏み込んだところ、父親とみられる男性が4階から飛び降り、室内から兄妹とみられる幼児2人の遺体と遺書が見つかった。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021022700204&g=soc

古い血痕、新手法で検出可能に 福井県警科捜研が開発(27日)共同

福井県警科学捜査研究所(科捜研)は26日、犯行現場に残されて長時間経過した血痕が、人間に由来するものだと証明する新たな検査方法を開発したと発表した。開発者の村橋将崇研究員(34)は「現場からより多くの証拠を確認できるようになる」と話している。
 村橋さんは15年春ごろから研究に着手。100種類以上の試薬から、時間の経過や加熱の影響で固まった血液中のヒトヘモグロビンを解きほぐす試薬と、解きほぐした状態で安定させる試薬を使い、2段階で処理して検出しやすくする方法を開発した。
 研究は独学術誌に掲載され、特許も取得。昨年9月からは全国の科捜研に導入されたという。
https://this.kiji.is/738008094137647104?c=39546741839462401

« 2021年2月26日 (金) | トップページ | 2021年2月28日 (日) »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

留置所

無料ブログはココログ