カテゴリー

« 2021年2月22日 (月) | トップページ | 2021年2月24日 (水) »

2021年2月23日 (火)

2021年2月23日 (火)

東京 青梅 住宅など約10か所で火災 強風にあおられ広がったか(23日)NHK

23日午後、東京 青梅市で住宅など2棟が全焼し、およそ300メートル離れた寺や山林など合わせておよそ10か所で火が出ました。火元とみられる住宅の庭ではたき火をしていたということで、警視庁は火が強風にあおられて周囲に広がった可能性があるとみて調べています。
警視庁や消防によりますと、23日午後1時20分ごろ青梅市沢井で住宅から火が出ていると通報がありました。
この火事で木造2階建ての住宅と近くの空き家の2棟が全焼し、住宅に住む60代の男性が煙を吸ってのどに軽いやけどをしました。

この火事の発生からおよそ20分後、北西におよそ300メートル離れた寺でも火が出て、寺と隣接する住宅が焼けたほか近くの山林などでも火が出ました。
警視庁が調べたところ、火災は合わせておよそ10か所で起きていたということです。
このうち建物の火はほぼ消し止められたということですが、山林の火災はまだ燃え広がっていて、午後5時時点でおよそ2万平方メートルが焼け、消防車60台余りで消火活動を続けています。
警視庁によりますと、火元とみられる家の住民は「庭でたき火をしていて水で消した。しばらくするとバチバチという音がして火事に気付いた」と話しているということで、警視庁は消し切れなかったたき火の火が強風にあおられて周囲に広がった可能性があるとみて調べています。

関東甲信 ほぼ全域に乾燥注意報

気象庁によりますと、23日は東京 青梅市と栃木県足利市を含む関東甲信のほぼ全域に乾燥注意報が出されていました。
また、ところによって風も強まり、青梅市では午後1時20分ごろに9.3メートルの最大瞬間風速を観測していました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210223/k10012882001000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_008

栃木 足利で山火事 消火活動続く 付近の54世帯に避難勧告(23日)NHK

21日に山火事が発生した栃木県足利市では、23日になっても火が消えず、市は強風の影響で延焼のおそれがあるとして付近の54世帯に避難勧告を出しました。
栃木県によりますと、21日午後3時半ごろ、足利市西宮町で山火事が発生し、ヘリコプターで上空から水をまくなどしましたが2日たっても火は消えておらず、消防や自衛隊が消火活動を続けています。
23日は現場周辺で強風が吹いていて住宅地への延焼のおそれがあることから、足利市は23日午後、避難勧告を出し、付近の54世帯に避難を呼びかけています。
市では「足利市さいこうふれあいセンター」に避難所を設けていて、これまでのところ、けが人はいないということです。
足利市によりますと、消火活動は日没で切り上げ、24日以降については市の災害対策本部会議で検討するということです。

避難者「早く帰りたい」

 

市が開設した避難所「さいこうふれあいセンター」には23日午後5時の時点で13人が避難していました。
近くに住む90代の男性は「おととい、きのうは山火事がそこまで広がる気配はなかったが、きょうの風の影響で煙が横に流されていて、これはまずいと思った。避難勧告の情報を知ってここに避難してきた」と話していました。
また、今後については「いち早く消火してもらいたい。自分の家が一番落ち着くので、早く帰りたいです」と話していました。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210223/k10012881811000.html

首都圏除き月内解除へ調整 緊急事態宣言、24日閣僚協議―関西3府県、愛知が要請(23日)時事

政府は23日、新型コロナウイルス対策で10都府県に発令中の緊急事態宣言について、首都圏を除く6府県を今月いっぱいで先行解除する方向で調整に入った。政府関係者が明らかにした。24日に菅義偉首相と関係閣僚が協議。専門家の意見を踏まえ、解除可能と判断すれば26日に正式決定する。一方、大阪、京都、兵庫の3府県と愛知県の知事は23日、政府に今月末での解除を要請した。
 先行解除の対象は、大阪、京都、兵庫、愛知、岐阜、福岡の6府県。福岡県などで病床使用率がなお高い状況にあるが、新規陽性者数の指標は政府が宣言解除の基準とする「ステージ3」を下回る「ステージ2」の水準まで低下しており、政府関係者は「この指標なら解除も可能だ」と指摘している。
 政府は24日、厚生労働省の専門家組織「アドバイザリーボード」を開き、10都府県の感染状況について分析する。政府は病床逼迫(ひっぱく)の改善傾向が確認できれば、6府県の先行解除を進める方針だ。
 解除した場合でも政府は当面、飲食店の営業時間短縮やイベント開催制限の継続を求める。一方、新型コロナ対策の改正特別措置法で新設された「まん延防止等重点措置」への移行は見送る方針。大阪府の吉村洋文知事は23日、記者団に「宣言が終了となっても時短などは徐々に解除し、感染対策と社会経済活動を両立させていく」と語った。
 大阪、京都、兵庫の関西3府県知事は23日、テレビ会議を開催。この後、西村康稔経済再生担当相に今月末での先行解除を要請した。愛知県知事も西村氏との電話会談で同様の対応を求めた。
 西村氏は記者団に対し「関西と中京について、専門家の意見を聞いて適切に判断したい」と説明。福岡県に関しては「病床について(緊急宣言が必要な)『ステージ4』の指標もある。このあたりをよく分析し判断したい」と語った。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021022300189&g=soc

現金560万円とシャンパン1本窃盗 容疑で飲食店の元従業員を逮捕(23日)共同

京都府警機動捜査隊と東山署は23日、窃盗の疑いで、住所不定、無職の男(25)を逮捕した。
 逮捕容疑は、1月25日午後5時45分ごろから7時55分ごろの間、京都市東山区の飲食店に2回にわたって侵入し、金庫やレジなどから現金計約560万円とシャンパン1本(時価約36万円)を盗んだ疑い。
 東山署によると、男は犯行当時、同店の従業員だったという。
https://this.kiji.is/736905928428273664?c=39546741839462401

同意ない性行為、処罰可能の試案 刑事法学者や裁判官らが作成(23日)共同

法務省の検討会で議論されている刑法の性犯罪規定改正を巡り、「同意のない性行為」を広く処罰する試案を、刑事法学者や裁判官らが23日までにまとめた。被害者や支援者らの団体は同意のない性交を罪とする規定の導入を求めているが、検討会では慎重な意見も根強い。試案は具体的な条文も示して導入の必要性を指摘している。
 試案は島岡まな大阪大教授や現職裁判官らの共同研究で1月、日本刑法学会関西部会で報告された。何が不同意に当たるかを具体的に「同意が確認されなかった場合」「暴行、脅迫、不意打ち、欺罔等をした場合」「被害者が畏怖、驚愕、困惑、誤信等している場合」などと例示した。
https://this.kiji.is/736847786802233344?c=39546741839462401

貨物船と遊漁船が衝突、千葉 九十九里沖、乗客乗員6人けが(23日)共同

23日午前11時50分ごろ、千葉県九十九里町片貝漁港から南東約25キロの海上で、同町の遊漁船「第3正一丸」(15トン)と佐賀県唐津市の貨物船「旭丸」(499トン)が衝突し、第3正一丸の乗客乗員6人が、衝撃で体をぶつけて打撲するなどのけがを負った。銚子海上保安部によるといずれも命に別条はない。海に投げ出された人はいなかった。
 海保によると、第3正一丸は船首部分を損傷。釣り客や乗員計14人が乗っていた。けが人は付近を航行していた船で漁港に運ばれた。いずれも男性で30~60代。
旭丸は北海道釧路市に向け航行中で、乗員5人にけがはなかった。
https://this.kiji.is/736898370169143296?c=39546741839462401

 

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(23、24日 単位・レベル)
さらに減少傾向は続く
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20210223201501 Img_20210206_114857  令和3年の統計がスタートした。刑法犯認知件数が戦後で最も少なかった昨年よりさらに大幅に減少している。
 … … … … …
 警察庁によると令和3年1月の刑法犯認知件数は4万1497件で戦後最低の昨年1月よりさらに1万2465件と大幅に減った。
 大きな要因は刑法犯全体の約7割を占める窃盗犯の減少。認知件数は2万8201件で前年より1万0579件も減少している。
 但し、問題の詐欺は145件も増えて2297件もあった。さらに文書偽造が10件増の85件となるなど知能犯が増加している。
 粗暴犯は暴行が366件減の1851件に止まったこともあって全体的に615件減の3478件だった。
 また、体感的にも影響の大きい凶悪犯は99件減の301件。検挙人員が増加傾向にあった強盗は60件も減らして85件になったことや殺人も19件減の58件に止まっている。
 認知件数のランキングは東京の5560件、大阪の4530件、埼玉の2961件、愛知の2877件、神奈川の2541件など依然として同じ顔ぶれだ。
 大阪が2108件、東京が1660件減らすなど47都道府県で減少している。
 少なかったのは秋田の106件、島根の118件、鳥取の121件、福井の136件、岩手の140件などと続いている。
 さあ、あとは感染症が治まれば良いコロナ。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
【特殊詐欺】
FX詐欺グループの首謀者の男逮捕 被害2億円超(23日)産経
http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20691828/index.html
特殊詐欺被害阻止へオリジナル封筒 文教大生考案、県内コンビニで来月配布(23日)共同(山形) 
https://www.yamagata-np.jp/news/202102/23/kj_2021022300524.php
海自隊員の男ら3人を逮捕、広島 住宅ローン3千万円詐取疑い(23日)共同 
https://this.kiji.is/736830673019830272?c=39546741839462401

★特殊詐欺で42歳と71歳の親子逮捕「詐欺と思わなかった」(22日)TBS
★「手続きすれば9800万もらえる」 仙北の男性が詐欺被害(22日)共同
★現金160万円詐取の疑い 回収役の男を逮捕 神奈川県警(22日)産経
★ワクチン、「優先」詐欺に警戒 不審電話・メール相次ぐ(22日)共同
★「シリアの医師に保証金90万円」郵便局訪れた女性を説得、交番に通報(21日)読売 
★詐欺手口知る8割が高齢者 奈良県警、ATMアンケート(20日)共同
★マイクロソフト装う詐欺に注意 偽警告現れ「電話して」(19日)朝日
★「荷物転送」バイトに注意を コロナ禍、SNSで拡散―配送携帯、詐欺悪用・警視庁 (19日)時事
★3000万円詐取、地面師か 容疑の男女を逮捕(19日)産経
★持続化給付金詐欺で有罪 22歳男に甲府地裁(18日)産経
★出会い系で「投資」に注意 購入後、現金引き出される(18日)産経
★特殊詐欺「現金回収役」の男を再逮捕 窃盗容疑(17日)産経
★競馬関係者が不正受給か 「報酬減」とコロナ給付金(17日)共同
★「詐欺グループを捕まえた」 久留米市の高齢者宅に警官かたる不審電話(16日)西日本
 

中古車店経営者撃たれ死亡、殺人で捜査本部設置 福島県警(23日)産経

福島県須賀川市陣場町の中古車販売店で、経営者の佐久間剛さん(37)=鏡石町=が頭から血を流して死亡した事件で、福島県警は何者かが銃で撃った殺人事件とみて、23日に県警須賀川署に捜査本部を設置した。
 県警によると、22日午後7時ごろに佐久間さんの妻から同署に「電話で話している途中、夫が倒れたようだ」との趣旨の通報があり、直後に駆け付けた警察官が、ガレージで倒れている佐久間さんを発見した。
 現場に銃は残されておらず、県警は容疑者が銃を持ったまま逃走したとみている。佐久間さんの交友関係や中古車の取引などをめぐって何らかのトラブルがあった可能性もあるとみて調べる。
 23日午前、現場の中古車店では県警の捜査員が現場検証を行った。
https://www.sankei.com/affairs/news/210223/afr2102230005-n1.html

立体駐車場 相次ぐCO2中毒、消火装置の点検・操作甘く(23日)日経

ビルにある機械式の立体駐車場内で二酸化炭素(CO2)中毒が相次いでいる。いずれもCO2を噴出する消火装置の老朽化や誤操作が事故を招いた。都市部などで広く普及しているが、消防法が義務付けた点検を数十年間実施しない例もあるという。「一歩間違えれば命に関わる」。消防関係者らは管理者などに設備の保守点検と操作手順の徹底を強く求めている。
「駐車場から白煙が出ている」。2020年12月、名古屋市の繁華街、錦3地区にある10階建てホテルの従業員から119番が入った。機械式駐車場の消火装置が突然作動し、内部に消火用ガスが充満した。高層階で昇降機の部品交換をしていた男性作業員がCO2中毒で死亡。ホテル従業員ら計10人も体調不良を訴えた。
消火装置は「不活性ガス消火設備」と呼ばれ、大量のCO2で空間内の酸素濃度を下げて火の燃え広がりを食い止める。煙や熱を感知するか、作動ボタンを押すかすれば、周辺に退避を促す音声が流れ、20秒以上遅れてガスが噴き出す仕組みだった。
愛知県警によると、当時、火災は発生していなかったが、別の作業員が駐車場入り口付近にあった作動ボタンを誤って押したとみられる。男性作業員は地下の脱出口までたどり着けず、狭いスペースでガスを大量に吸い込んだ可能性があるという。
続きを読む
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFD042CA0U1A200C2000000/

神奈川・座間市で連続火災、放火の可能性も(23日)TBS

23日朝、神奈川県座間市で相次いで火事があり、警察は放火の可能性もあるとみて捜査しています。
 23日午前3時45分ごろ、座間市相模が丘の木造平屋建ての事務所で火事がありました。火はおよそ2時間半後に消し止められましたが、火元の建物は全焼しました。けが人はいませんでした。
 このおよそ15分後の午前4時ごろ、現場から100メートルほど離れた月極駐車場のオートバイからも火が出ました。オートバイ1台が焼けましたが、けが人はいませんでした。
 最初に確認された火事では、事務所の前にあった自動販売機から火が上がっていたという目撃情報があり、警察は連続放火の可能性もあるとみて捜査しています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4205924.html

海自隊員の男ら3人を逮捕、広島 住宅ローン3千万円詐取疑い(23日)共同

広島県警捜査4課は23日、暴力団員のための住宅購入資金として融資を受ける意図を隠して住宅ローン契約を結び、金融機関から約3千万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いで、海上自衛隊潜水艦隊所属の西浦大輔容疑者(48)=広島市東区=ら3人を逮捕した。
 他に逮捕したのは、指定暴力団共政会組員佐々木渉容疑者(48)=広島市西区=と、内縁関係にある露天商松本幸枝容疑者(47)=同。
 海上自衛隊呉地方総監部によると、西浦容疑者の階級は3曹で、呉基地を母港とする潜水艦救難艦「ちはや」の乗員。県警は同基地内で西浦容疑者を逮捕した。
https://this.kiji.is/736830673019830272?c=39546741839462401

工事現場で通行人の男性転落死 現場責任者を書類送検 警視庁(23日)NHK

おととし、東京 台東区の工事現場で通行人の男性が深さおよそ1メートルの穴に転落して死亡した事故で、警視庁は安全対策が不十分だったとして現場の責任者を業務上過失致死の疑いで書類送検しました。
おととし7月、東京 台東区のJR浅草橋駅高架下で行われていた工事の現場で、近くを通りかかった52歳の男性が深さおよそ1メートルの穴に転落して死亡しました。
夜間などの時間帯は作業員がおらず穴の周辺に工事用のフェンスが設置されていましたが、男性が寄りかかったところフェンスごと転落したということで、警視庁が詳しい状況を捜査していました。
その結果、通行人が多い場所であるにもかかわらず強度が弱いプラスチック製のフェンスが使われるなど安全対策が不十分だったことが分かったということです。
警視庁は工事を担当していた会社の39歳の現場責任者を業務上過失致死の疑いで書類送検しました。
現場責任者は、事情聴取に対して容疑を認め「深く反省しています」などと話しているということです。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210223/k10012881441000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_011

愛媛 新型コロナ 新たに3人感染確認 県内計1055人に(23日)NHK

愛媛県は新たに3人が新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表しました。愛媛県内の感染確認は合わせて1055人となりました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210223/k10012881541000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

兵庫 新型コロナ 3人死亡 新たに24人感染確認14時28分

新潟 新型コロナ 新たに9人感染確認 県内計1041人に14時21分

香川 新型コロナ 新たに3人感染確認 県内計744人に13時40分

大阪 兵庫 京都 3府県知事 緊急事態宣言 28日めどに解除を要請(23日)NHK

来月7日までの緊急事態宣言について、大阪、兵庫、京都の3府県の知事が西村経済再生担当大臣と会談し、新規の陽性者数や重症患者用の病床の使用率などが減少傾向にあるとして、期限を前倒しして今月28日をめどに解除するよう共同で要請しました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210223/k10012881591000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

東京都 新型コロナ 新たに275人感染確認(23日)NHK

東京都は23日午後3時時点の速報値で、都内で新たに275人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210223/k10012881481000.html

<独自>松本人志さんに殺害予告 容疑の男再逮捕、吉本関係先にも爆破予告か(23日)産経

お笑いタレントの松本人志さん(57)を名指しして殺害予告をインターネット上に書き込んだなどとして、警視庁が脅迫や威力業務妨害の疑いで25歳の男を再逮捕したことが23日、捜査関係者への取材で分かった。男は、人気お笑いコンビ「おぎやはぎ」の小木(おぎ)博明さん(49)と矢作(やはぎ)兼さん(49)に同様の殺害予告をしたなどとして逮捕。芸能人殺害やテレビ局爆破を予告する書き込みなどを繰り返した疑いがあり、警視庁はさらに裏付けを進める。
 再逮捕されたのはシステムエンジニア、相馬亘容疑者(25)=東京都三鷹市井の頭。捜査関係者によると、1月、ネット掲示板で松本さんや家族を名指しし、トンカチで殴り、ナイフでめった刺しにして殺害するなどと予告したほか、松本さんが所属する吉本興業が運営しているタレント養成所などの関係先に爆発物を仕掛けたと書き込んだ疑いがもたれている。
 相馬容疑者は、ネット掲示板で小木さんと矢作さんの殺害を予告するなどした疑いで2月に逮捕。「通報しないから逮捕されない」などと挑発するような書き込みもしていた。警視庁の調べに「仕事のストレスでやってしまった」と供述。芸能人殺害や、テレビ局爆破などを予告する書き込みを100件以上、投稿したことを認めていた。
 小木さんと矢作さんへの殺害予告では、事務所側の相談を受け警視庁が発信元を解析するなどして関与が浮上。松本さんへの殺害予告でも関連を調べていた。
https://www.sankei.com/affairs/news/210223/afr2102230004-n1.html

東京・八王子市でひき逃げ、歩行者の男性 全身強く打つなどして死亡(23日)TBS

23日朝早く、東京・八王子市の路上で、歩行者の男性が車にひかれ死亡しました。車は現場から逃走していて、警視庁はひき逃げ事件として捜査しています。
 23日午前5時ごろ、八王子市八木町の甲州街道で、70代くらいの男性が車にひかれました。警視庁によりますと、車は現場から逃走し、男性はこの車の後続車にも2回にわたってひかれたということです。
 男性は全身を強く打つなどして、その場で死亡が確認されました。現場には男性が引きずられたような痕が残されていたということです。
 事故当時、白の軽乗用車が男性をひいたあと、Uターンして高尾方面に逃走する様子が目撃されていたということで、警視庁はひき逃げ事件として捜査しています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4206046.html

上野公園のメイン通りを片側通行に コロナ対策で「密」避ける(23日)NHK

新型コロナウイルスの感染者の減少スピードが鈍る傾向が見られる中、東京都は上野公園のメインの通りを片側通行にして「密」を避ける取り組みを始めました。
これは新規の感染者数をさらに抑え込もうと都が始めたもので、23日は午前9時ごろから職員が上野公園のメインの通りおよそ500メートルにわたってコーンを設置していきました。
片側通行にすることで、人どうしの接触を少しでも避けてもらうのがねらいです。

都は、今後さらに公園の利用者を減らすため、今月27日から緊急事態宣言の期限となっている来月7日までは都立公園の駐車場を閉鎖し、運動施設の利用も中止することにしています。
こうした対策を通じて感染が再び広がるのを防ぎたい考えです。
東京都東部公園緑地事務所の網野康之 副所長は「この対策で少しでも都内の感染者を抑え込むことにつなげていきたい」と話していました。
家族で訪れていた30代の男性は「密を避けるためにいい取り組みだと思います。しっかり対策をして公園を楽しみたいです」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210223/k10012881401000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

県警に新キャラ「じょさねこ」 芸工大生制作、大学生ボランティアが活用(23日)共同(山形)

中高生に近い視点から非行防止活動などに協力する「県少年警察大学生ボランティア」について、新たに考案されたイメージキャラクター「じょさねこ」の発表会が22日、県警本部で開かれた。東北芸術工科大生がネコをイメージして制作し、キャラクターをプリントした活動用ビブスも公開された。
 「じょさねこ」は、同大企画構想学科3年の小山内結菜さん(21)が「守りたい。君の未来を。」というコンセプトで制作した。緑色の耳は本県の山々、抱いているハート型の「ぬくもりさん」は家族や友達など大切な人たちの心をイメージしている。名前の由来は大丈夫、心配ないを意味する本県の方言「じょさね」で、少年少女を励ましたいとの思いから名付けた。
 発表会には、ネーミングを担当した同学科の本吉裕之准教授と、ゼミ生4人もビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」で参加。小山内さんは「じょさねこやボランティアと一緒に、優しさあふれる山形をつくりたい」と話した。じょさねこのビブスは新年度から、委嘱状の交付や実際の活動の際に着用する予定。
https://www.yamagata-np.jp/news/202102/23/kj_2021022300523.php

特殊詐欺被害阻止へオリジナル封筒 文教大生考案、県内コンビニで来月配布(23日)共同(山形)

幅広い年代に広がるスマートフォンやパソコンでの特殊詐欺(うそ電話詐欺)被害を防ごうと、県警はコンビニでの電子マネー購入者に向けたオリジナル封筒を制作した。東北文教大生がデザインし、山形市の同大で22日、完成披露の発表会が開かれた。本県は水際対策の強化で、昨年は詐欺被害の阻止率が全国一となっており、さらなる効果を狙う。
 同大短期大学部子ども学科1年の松木萌さん(19)、森谷雛さん(18)、木村文さん(25)、福田珠生さん(19)が担当。会員制交流サイト(SNS)で相談しながら、松木さんが中心となってスマートフォンを使って指で描いた。若い男性がコンビニ店員と向き合う背景を青色に、紙幣や電子マネーのイラストを入れた。「それ、詐欺かも!?」のメッセージは黄色で目立たせた。
 県警特殊詐欺対策強化推進本部によると、コンビニ店員の声掛けによる阻止件数は昨年50件で、698万円に上る。一方で説得に応じなかったり、通報を拒否したりして被害に遭うケースもあるという。そこで1万円以上の高額な電子マネーを買った人にこの封筒を手渡すことで、声掛けの手助けにしようと企画した。
 来月上旬から県内500店舗に3万枚を配布する。学生を指導した同大の中俣友子講師は「この封筒を持ち帰れば、家族の目にも触れて冷静になって考える機会になる」と期待していた。
https://www.yamagata-np.jp/news/202102/23/kj_2021022300524.php

妊娠女性に中絶薬 性病薬と偽り…容疑で交際相手を逮捕(23日)産経

交際していた女性に未承認の経口中絶薬を飲ませ、流産させようとしたとして、福岡県警は22日、不同意堕胎未遂の疑いで、福岡市西区姪の浜、建設作業員、三前尋(みまえじん)容疑者(21)を逮捕した。
 逮捕容疑は昨年9月24日午後10時45分ごろ、西区にある三前容疑者の親族宅で、パート女性=当時(18)=に中絶薬を飲ませ、流産させようとしたとしている。女性は倦怠(けんたい)感があったため不審に思い、服用を中断したが、翌10月に流産。服用との因果関係は不明という。
 署によると、三前容疑者は女性の妊娠が判明した9月19日にインターネット上で中絶薬「ミフェプリストン」を購入。性病の薬と偽って飲ませたという。女性が署に相談して発覚。「経済状況などから育てられないと思った」と容疑を認めている。
https://www.sankei.com/affairs/news/210222/afr2102220026-n1.html

FX詐欺グループの首謀者の男逮捕 被害2億円超(23日)産経

外国為替証拠金取引(FX)をめぐる架空の投資話を持ちかけ現金を詐取したとして、大阪府警捜査2課は22日、詐欺容疑で、東京都港区南青山の職業不詳、米元志郎容疑者(28)を逮捕した。府警は約690人から計2億円以上をだまし取った特殊詐欺グループの首謀者とみて調べている。
 府警は昨年10月、岐阜県の30代男性にFX取引に絡む架空の投資話を電話で持ちかけ約130万円を詐取したとして、詐欺容疑で、電話をかける「かけ子」役の男女6人を逮捕。その後、押収した資料などから米元容疑者の関与が浮上した。府警は米元容疑者が別のメンバーを介して指示していたとみており、共犯者についても調べている。
 逮捕容疑は共謀し、昨年4~5月、岐阜県の男性から現金約130万円を詐取したとしている。府警は認否を明らかにしていない。
https://www.sankei.com/affairs/news/210222/afr2102220027-n1.html

暴行死事件さなか…佐賀県警本部長、異例の交代(23日)西日本

警察庁は22日、佐賀県警の杉内由美子本部長(51)を警察庁長官官房付とし、後任に警察庁長官官房参事官などを務めた松下徹氏(50)を充てる人事を発表した。24日付。県警警務課は「杉内本部長が体調不良で業務に支障があるため」と説明している。異動発表からわずか2日後の発令は異例。県警は、福岡県太宰府市で暴行され死亡した女性=当時(36)=の家族が事件前に佐賀県警鳥栖署に何度も相談していた問題を巡り、家族から対応を求められていた。
 佐賀県では県議会定例会が18日に開会したばかり。答弁する立場の県警トップが会期中に交代する事態に、県議の一人は「杉内本部長は精神的に参っていたと聞いている。議会を欠席するわけにはいかず、異動になったようだ」と明かした。
この問題で県警は、昨年10月に対応に不備はなかったとする調査結果を公表した。だが、西日本新聞の取材で県警幹部が同7月、家族に「(署の)幹部が適切な指示ができていなかった」などと不備を認め、謝罪していたことが判明。この幹部は発言を認め、県警は「担当者が個人的な思いを述べた」と釈明していた。
 また、署が家族の相談内容を記録した内部文書には、被害届提出の意思について「現在のところなし」の項目に印が入るなど事実と異なる記載があり、内規に反して作成された疑いがあることも明らかになった。
 杉内本部長は、記者会見や県議会での答弁で「(家族からの)申し出の内容からは、女性に直ちに危害が及ぶ可能性があるとは認められなかった」と述べ、一貫して不備がなかったとの主張を続けた。一方、今年1月29日の会見で、文書の記載や相談の在り方について「より丁寧な対応を検討している」と改善する考えを示していた。
 家族は第三者による問題の検証を求めており、「次の本部長には真摯(しんし)に対応してほしい」とコメントした。
 杉内氏は2019年8月、九州初の女性本部長として佐賀県警に着任。離任会見は行わない予定。
(岩崎さやか、金子晋輔、木村知寛)
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/697016/

【写真まとめ】天皇陛下61歳に カメラがとらえた歩み(23日)朝日

 天皇陛下が23日、61歳の誕生日を迎えました。これまでの歩みを写真で振り返ります。

【特集】天皇陛下と雅子さまの歩み
過去の記事や、ご結婚・愛子さま誕生のフォトギャラリーはこちらから

強盗殺人事件を巡り警察に嘘の電話 逮捕の女性を不起訴(23日)TBS

女性を橋から落としたなどとして男女2人が強盗殺人などの罪に問われている事件をめぐり、警察に嘘の電話をしたとして逮捕されていた25歳の女性について、前橋地検は22日付で不起訴処分としました。
 この事件は去年8月、群馬県中之条町で当時48歳の女性がクレジットカードなどを盗まれたうえで橋の上から落とされて殺害されたもので、男女2人が強盗殺人などの罪で逮捕・起訴されています。
 この事件を巡っては、警察に嘘の電話をしたとして神奈川県の25歳の女性が犯人隠避の疑いで逮捕されていましたが、前橋地検はこの女性について22日付で不起訴処分としました。前橋地検は不起訴処分とした理由について明らかにしていません。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4205759.html

「再急増のおそれも 対策徹底が必要」都の専門家が緊急提言(23日)NHK

東京都内で新型コロナウイルスの感染確認の減少スピードが鈍る傾向が見られるなか、都の専門家は再び感染が急増するおそれがあるとしたうえで、不要不急の外出を控えるなど、対策のさらなる徹底が必要だとする緊急提言を出しました。
都内では、7日間平均の感染確認を、前の週の7割以下に抑えることを目安にしていますが、22日までの5日連続で目安を上回るなど、減少スピードが鈍る傾向がみられます。
こうした状況をうけて、都の「専門家ボード」で座長を務める東北医科薬科大学の賀来満夫特任教授が緊急提言を出しました。
提言では、21日時点の7日間平均は341.6人で、去年の緊急事態宣言の期間中の最大値と比べても、倍以上だと指摘しています。
そのうえで、感染確認が十分に減少しない場合、再び急増するおそれがあると強い懸念を示しています。
 また、変異ウイルスによって感染が急拡大するおそれもあるとしているほか、ワクチンの効果を期待して、対策を怠ることによるリスクも懸念されると指摘しています。
そして、手洗いや換気、マスクなしで人と話さないなど、基本的な感染防止策を行ったうえで、不要不急の外出を控えるなど、対策のさらなる徹底が必要だとしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210223/k10012881201000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_005

天皇陛下61歳の誕生日にあたり記者会見 コロナ禍などについて(23日)NHK

天皇陛下は、きょう23日、61歳の誕生日を迎えられました。誕生日にあたって、天皇陛下は、コロナ禍に直面する人々への思いなどを述べられました。
天皇陛下は、誕生日を前に、お住まいの赤坂御所で、アクリル板の設置など感染防止対策が取られる中、記者会見に臨まれました。
この中で天皇陛下は「この1年は、コロナ禍に翻弄されてきました。愛する方を失った御家族や御友人のお悲しみはいかばかりであったことでしょう。心から哀悼の意を表します」と述べられました。
そして「閉塞感からでしょうか、みずから命を絶つ人が増えていることも極めて痛ましいことで、皆で何とか防がなくてはなりません」と続けられました。
天皇陛下は、医療関係者や、社会で弱い立場にある人たちを支えてきた人々にも言及し「このような方々に対し、国民の間で感謝の念を広く共有することができた1年となりました」と話されました。
そして「今しばらく、国民の皆さんが痛みを分かち合い、協力し合いながら、コロナ禍を忍耐強く乗り越える先に、明るい将来が開けることを心待ちにしております」と述べられました。
一方、人々と直接触れ合うことが難しくなる中で始めたオンラインでの交流については「臨場感があり、人と人とのつながりを肌で感じることができました。引き続き、状況に応じた形で活用していきたいと思います」と話されました。
天皇陛下は、また、先日、宮城と福島で震度6強の激しい揺れを観測した地震を振り返りながら、まもなく発生から10年になる東日本大震災について「未曽有の災害がもたらした被害の大きさが改めて思い起こされるとともに、過去のこととしてではなく、現在も続いていることとして考える必要があることを改めて感じました」と述べられました。
そして「私も雅子も、被災地に永く心を寄せていきたいと思っています」と語り、再び被災地を訪れたいという気持ちをあらわされました。

療養が続く皇后さまについては、感染拡大による活動への制約などから、体調を整えにくくなっている面があるとしたうえで、「これからも、無理をせずにできることを一つ一つ着実に積み重ねていってほしいと思います」と話されました。
また、大学1年生の長女の愛子さまについては、「早いものでことしの12月で成人を迎えます。今後、成年皇族として公務に当たっていくことになりますが、感謝と思いやりの気持ちを持って、一つ一つの務めを大切に果たしていってもらいたいと思います」と話されました。
一方、秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さまの結婚について、天皇陛下は、「国民の間でさまざまな意見があることは私も承知しております。このことについては、眞子内親王が、御両親とよく話し合い、秋篠宮が言ったように、多くの人が納得し喜んでくれる状況になることを願っております」と述べられました。
ことしの天皇誕生日は、感染拡大の状況を踏まえ、皇居での一般参賀や祝宴などは行われず、皇族方や三権の長らによる祝賀行事だけが、例年よりも規模を縮小して行われます。

米 ブリンケン国務長官「心からお祝い」

天皇陛下が61歳の誕生日を迎えられたことについてアメリカのブリンケン国務長官は声明を発表し「アメリカ政府および国民を代表して心からお祝い申し上げます」と祝意を伝えました。
そして「バイデン大統領と私は、副大統領、および国務副長官として日本を訪問したことを懐かしく思っており、私たちの貴重なパートナーシップをさらに深め、拡大していくために、再び日本を訪問することを切望している」として、日本への訪問に強い意欲を示しました。
また、声明でブリンケン長官は「バイデン大統領と菅総理大臣が先月の電話会談で再確認したように、日米同盟は自由で開かれたインド太平洋における、平和と繁栄の礎だ」として、日米同盟の重要性を改めて強調しました。
そのうえで、日米の共通の目標として気候変動や新型コロナウイルスといった課題への対応を挙げ「日本の地球規模での指導力を称賛するとともに、両国の絆をさらに強化することを楽しみにしている」として日米の連携をさらに深めることを目指す姿勢を示しました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210223/k10012881031000.html

高齢者へのワクチン接種、遅れる方向 本格化は5月以降―政府(23日)時事

政府の新型コロナウイルスワクチン接種をめぐり、65歳以上の高齢者約3600万人への実施が遅れる方向となった。4月から試行的に始めるが、接種が本格化するのは増産したワクチンが届く5月以降になる見通しだ。政府は週内に自治体への新たな供給計画を示す方針。
 菅義偉首相は22日の衆院予算委員会で高齢者への接種について「これまで説明している通り、4月から開始するべく準備を進めている」と強調した。ただ、加藤勝信官房長官は記者会見で「ワクチンの供給状況を踏まえていかなければいけない」と指摘した。
 17日から始まった医療従事者への先行接種は米製薬大手ファイザー製のワクチンを使用している。河野太郎規制改革担当相は21日のNHK番組で、同社の生産力増強が5月以降になることや、医療従事者が予定より100万人近く増えたことを挙げ、「高齢者分が後ろへずれる。ゆっくり拡大をしていきたい」と明らかにした。
 政府は4月から高齢者への接種を開始し、期間の目安を「2カ月3週間」としてきた。その後、基礎疾患のある人などに順次拡大する方針だ。ただ、本格接種が5月以降となれば、高齢者接種が終了するのは「当初より半月ぐらいずれ込む」(政府筋)との見方が出ている。
 一方、田村憲久厚生労働相は22日の衆院予算委で、ワクチン接種で高齢者の次に接種対象となる基礎疾患のある人について、「予診票などで確認して自己申告で対応させていただく」と述べた。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021022200919&g=soc

千葉、殺処分456万羽に 鳥インフル、今季11例(23日)共同

千葉県は22日、県内今季7例目の鳥インフルエンザが確認された多古町の養鶏場で、約104万羽の殺処分が終了したと発表した。同日までに確認された11例全てで殺処分が完了し、処分数は県内で飼育される採卵用ニワトリの3割を超える計約456万羽に上った。
 千葉県では、昨年12月下旬にいすみ市の養鶏場で鳥インフルエンザの感染が発覚して以降、養鶏場での感染が相次ぎ、県は自衛隊の応援を得て24時間体制で殺処分を進めた。引き続き殺処分したニワトリの焼却や消毒など防疫措置を進める。
 県によると、7例目の養鶏場では、6日に6羽が死んでいるのが見つかり、7日に感染が確定した。
https://this.kiji.is/736559386135527424?c=39546741839462401

福島の中古車店で銃撃、男性死亡 殺人事件として捜査(23日)共同

22日夜、福島県須賀川市陣場町の中古車販売店で男性が頭から血を流して倒れているのを警察官が見つけた。県警などによると、銃で撃たれ、搬送先の病院で死亡。県警は殺人事件として捜査を始めた。
 死亡が確認されたのは、同県鏡石町旭町の中古車販売業佐久間剛さん(37)。妻が「電話で話している途中、夫が倒れたようだ」との趣旨の110番を午後7時すぎにし、佐久間さんがガレージで倒れているのを警察官が発見した。
 現場近くに住む主婦によると、午後6時半ごろ「パン」「ドン」という音がして、その後パトカーや救急車が駆け付けたという。「殺人事件と知り、びっくりした」と話した。
https://this.kiji.is/736597636845961216?c=39546741839462401

« 2021年2月22日 (月) | トップページ | 2021年2月24日 (水) »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

留置所

無料ブログはココログ