カテゴリー

« 2021年2月20日 (土) | トップページ | 2021年2月22日 (月) »

2021年2月21日 (日)

2021年2月21日 (日)

同じ犯罪でも保釈率に差「不公平」 裁判官判断に懸念の声も(21日)産経

裁判所が拘置所に収容された被告の保釈を許可したり、逮捕された容疑者の勾留請求を却下したりするケースが増えている。裁判準備の機会を十分与えることや、否認すれば長期拘束になることを「人質司法」と批判されたことが背景にある。ただ、身柄拘束を解かれた被告や容疑者が逃亡や証拠隠滅を図るケースもあり、裁判官の「積極的な判断」を懸念する声は多い。
 「クスリなら、ここでやるのがお得だ」
 ある検察関係者は、かつて関東の地検支部で勤務していた際、薬物事件の容疑者が口にした言葉に驚いた。管内の地裁支部は、保釈率や勾留請求の却下率が周辺の裁判所より高かったが、そうした情報を容疑者も把握していたからだ。
 「原因は当時所属していた裁判官にあったようだ。同じ犯罪をどこでするかによって、勾留期間や保釈の判断があまりにも違ってくるとしたら不公平だ」。検察関係者は嘆息した。
 裁判所が被告や容疑者の身柄拘束を解く判断基準は年々緩和されている。最高裁や犯罪白書によると、平成22年には保釈率が18・0%、勾留請求の却下率は1・1%だったが、令和元年にはそれぞれ32・0%と5・2%に上昇した。
背景には、平成21年に始まった裁判員制度に伴い、公判前整理手続きが導入されたことが挙げられる。被告と弁護人の打ち合わせ時間を十分に確保すべきだという考えが裁判官側に浸透したためだ。また、否認した被告の拘束が長期に及ぶことに、弁護士から「人質司法」との批判が高まったことも影響している。
異例の5カ月勾留
 「最強の捜査機関」と呼ばれる東京地検特捜部の勾留請求でも、裁判所は慎重に見極めるようになった。
 特捜部は平成30年12月、日産自動車元会長、カルロス・ゴーン被告(66)の役員報酬が過少記載された事件で、金融商品取引法違反容疑でゴーン被告らを再逮捕した。東京地裁は10日間の勾留は認めたが、さらに10日間の勾留延長は認めなかった。
続きを読む
https://www.sankei.com/affairs/news/210221/afr2102210008-n1.html

バイクで正面衝突、高校生2人が死亡 東京・世田谷区(21日)TBS

 高校生同士がバイクで正面衝突。2人が死亡しました。
 午前3時過ぎ、世田谷区上野毛の路上で原付バイクとバイクが正面衝突する事故があり、原付バイクを運転していた高校1年の出口凌馬さん(16)とバイクを運転していた高校1年の萩生田磨玖さん(16)が死亡しました。
 2人は同じ都立高校に通う友人で仲間と集まっていましたが、出口さんが別の友人と原付バイクで競走をしていたところ、反対車線を走っていた萩生田さんと正面衝突したということで、警視庁が当時の状況を調べています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4204759.html

大阪府 新型コロナ 1人死亡 新たに60人感染確認(21日)NHK

大阪府は、21日、府内で新たに60人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。大阪府内で感染が確認された人は、合わせて4万6581人となりました。
また、新たに90代の女性1人の死亡が確認され、府内で亡くなった人は1089人となりました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210221/k10012879391000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_013

愛知県 新型コロナ 4人死亡 33人感染確認19時19分

広島県 新型コロナ 新たに3人の感染確認 県内延べ5000人19時18分

北海道 63人の感染確認 道内延べ1万8814人に19時14分

栃木県 新型コロナ 1人死亡 9人感染確認18時52分

佐賀県 新型コロナ 新たに8人感染確認 県内延べ1012人に18時49分

“ミャンマー軍に圧力を” 東京の米大使館近く 約3500人が集会(21日)NHK

ミャンマーで治安部隊が軍事クーデターに抗議するデモ隊に対して発砲するなどし、各地で死傷者が相次ぐ中、日本のアメリカ大使館近くでは、日本で暮らすミャンマー人たちが国際社会に協力を求める集会を開きました。
この集会は、日本で暮らしているミャンマー人でつくる団体が開いたもので、団体によりますと、東京 港区のアメリカ大使館の近くにおよそ3500人が集まりました。
ミャンマーでは20日、中部の都市マンダレーで、治安部隊が軍への抗議活動として職場を放棄していた給油施設の作業員に発砲して、ボランティアの救助隊によりますと、男性2人が死亡し、少なくとも30人がけがをしたということです。
こうした中、日本で暮らすミャンマー人たちは「ミャンマーは助けを必要としています」と書かれた紙や拘束されているアウン・サン・スー・チー国家顧問の写真を掲げ、国際社会にミャンマー軍に対して圧力をかけていくよう協力を呼びかけました。
集会に参加した40代の女性は「ミャンマーの未来のために、国際社会に対して、『私たちを助けてください』、『私たちを見捨てないでください』と訴えたい」と話しています。ミャンマーでの軍事クーデターをめぐっては、アメリカのほか、イギリスやカナダもミャンマー軍の幹部などに制裁を科すと発表しています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210221/k10012879381000.html

国内感染1032人 東京15日連続500人未満―新型コロナ(21日)時事

国内では21日、新たに1032人の新型コロナウイルス感染が確認された。死者は50人。厚生労働省によると、重症者は前日比15人減の511人。東京都の新規陽性者は272人で、1日当たりの感染者は15日連続で500人を下回った。

<新型コロナウイルス 東京都の状況>

 都によると、年代別に見た都内の新規陽性者は30代の54人が最多で、20代53人、40代47人などと続いた。65歳以上は56人、都基準の重症者は前日と同じ82人だった。
 熊本県では昨年9月28日以来、約5カ月ぶりに感染者が確認されなかった。緊急事態宣言が続く関西3府県の新規陽性者は大阪60人、兵庫27人、京都9人で、計100人に満たなかった。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021022100193&g=soc

八甲田雪崩 死亡女性は東京の40歳会社員(21日)共同

青森署によると、21日午後、青森市の八甲田スキー場近くで起きた雪崩に巻き込まれて亡くなったのは、東京都品川区中延4丁目の女性会社員(40)だった。

https://www.toonippo.co.jp/articles/-/478532

青森の八甲田スキー場周辺で雪崩 女性1人死亡(21日)共同

青森県警などによると、21日午後1時ごろ、青森市の八甲田スキー場周辺で、雪崩が発生したと110番があった。女性1人が雪に埋まり、約1時間半後に発見されて病院へ搬送されたが、死亡が確認された。
 青森署によると、女性は40代で、4人のグループでスノーボードをしていたとみられる。
 現場は「八甲田ロープウェー」山頂公園駅から西に400~500メートル。スキー場運営会社によると、コース外だという。
https://this.kiji.is/736115461647515648?c=39546741839462401

中国船が尖閣領海に侵入 2日連続、日本漁船に接近(21日)共同

21日午前4時50分ごろ、沖縄県・尖閣諸島周辺の領海に中国海警局の船2隻が侵入し、久場島の南東約22キロの海上で、航行中の日本漁船(9.7トン)に接近しようとする動きを見せた。中国当局の船が尖閣周辺で領海侵入したのは2日連続で、今年9日目。2隻は約6時間後に領海を出たが、同日午後1時40分ごろ、再び侵入した。
 第11管区海上保安本部(那覇)によると、漁船には3人が乗っており、海保が漁船の周囲に巡視船を配備し、安全を確保した。領海から出るよう中国船に警告した。
別の中国船2隻も、領海外の接続水域を航行した。うち1隻は機関砲のようなものを搭載している。
https://this.kiji.is/736016216242110464?c=39546741839462401

高1自殺、学校対応が指針沿わず 鹿児島、有識者が提言案(21日)共同

2014年に鹿児島県立高1年の田中拓海さん=当時(15)=が自殺した問題で、有識者らでつくる再発防止検討会は21日、発生後の県教委や学校の対応が「国や県の指針に沿っておらず、情報共有も対応体制も不十分で場当たり的だった」とする提言案を示した。
 指針は、いじめ防止対策推進法が定める「重大事態」の全事案を対象に、心理学の専門家を含めた組織による詳細調査を行うよう求めているが、県教委が調査を決めたのは、田中さんの自殺から約10カ月後だった。提言案では、自殺発生を想定した実践的な教職員向け研修の必要性などにも言及した。
検討会は年度内にも知事らに提言を出す方針。
https://this.kiji.is/736177119085297664?c=39546741839462401

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(21、22日 単位・レベル)
自転車盗は減っているのだが
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20210221202301 Img_20210203_111754  東京都足立区で令和2年の犯罪件数が戦後最も少ない3693件だった。平成13年の1万6843件から3分の1近くも減っている。この要因は自転車盗の減少だという。同区では、自転車窃盗対策として、区民や警察とともに駐輪場の見回りや鍵をかけるよう呼びかける取り組みなどを進めており、その効果と見られている=NHK
 警察庁によると全国の自転車盗は減少傾向にある。令和2年の認知件数は12万0797件で前年に比べて4万7906件の減少。
 年間推移をみると平成15年は47万6589件あったが、同19年には39万5344件に減り、同26年には29万件台に、令和元年には16万8703件と20万件を割っている。そして昨年は更に下回っているのだが、それでも1日当たりにすると330件の事件が発生している。
 検挙率も低く、令和2年は7.9㌫。窃盗では発生1件のATM荒しと発生2件の慶弔盗の各0㌫に次いで低い。
 足立区は令和2年の自転車盗の認知件数は1106件で23区内では5番目に多いところ。但し前年より558件も減らしており、全刑法犯減少の大きな要因になっていることは確かのようだ。
 見回り隊までいる同区の対策に注目しよう。

 【警視庁】警視庁メールによると、警視庁広報課をかたって指名手配被疑者発見に関する情報提供を求めるメールが送信されているという。
警視庁で注意するよう呼び掛けている。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【特殊詐欺】

「シリアの医師に保証金90万円」郵便局訪れた女性を説得、交番に通報(21日)読売 
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0220/ym_210220_9285746410.html

ワクチン、「優先」詐欺に警戒 不審電話・メール相次ぐ(22日)共同
https://this.kiji.is/736348120925847552?c=39546741839462401


★詐欺手口知る8割が高齢者 奈良県警、ATMアンケート(20日)共同
★マイクロソフト装う詐欺に注意 偽警告現れ「電話して」(19日)朝日
★「荷物転送」バイトに注意を コロナ禍、SNSで拡散―配送携帯、詐欺悪用・警視庁 (19日)時事
★3000万円詐取、地面師か 容疑の男女を逮捕(19日)産経
★持続化給付金詐欺で有罪 22歳男に甲府地裁(18日)産経
★出会い系で「投資」に注意 購入後、現金引き出される(18日)産経
★特殊詐欺「現金回収役」の男を再逮捕 窃盗容疑(17日)産経
★競馬関係者が不正受給か 「報酬減」とコロナ給付金(17日)共同
★「詐欺グループを捕まえた」 久留米市の高齢者宅に警官かたる不審電話(16日)西日本
★親子でオレオレ詐欺容疑、逮捕 父「仕事紹介しただけ」(16日)朝日
★“持続化給付金の不正受給かかわった” 全国で509人摘発(16日)NHK
★3人で共謀か、コロナ給付金100万円詐取 容疑で逮捕(15日)共同

フィリピンの邦人殺害容疑で逮捕(21日)西日本

【マニラ共同】フィリピン首都マニラ近郊の民家で昨年8月、千葉県出身のマエザワ・レイコさん=当時(82)、漢字表記不明=が手足を縛られ死亡しているのが見つかった事件で、地元警察は21日までに、近くに住むフィリピン人の20歳の男と16歳の少年を殺人容疑で逮捕した。
 事件当時、新型コロナ感染拡大防止策として厳格な外出制限が課され、失業する人も多かった。警察は2人が生活に困窮し、金品強奪目的でマエザワさんを襲った可能性が高いとみて調べている。
 マニラ近郊のラグナ州の民家に住むマエザワさんを近所の人が訪問。寝室の床に倒れ、死亡しているマエザワさんを発見した。
https://www.nishinippon.co.jp/item/o/696293/

神社の「キツネ」盗んだ疑い 魚釣れず、さい銭も盗めず(21日)朝日

北九州門司区の和布刈(めかり)神社の稲荷社に奉納されたキツネの置物を盗んだとして、福岡県警門司署は作業員の男(63)=同市小倉南区=を窃盗容疑で17日に小倉区検に書類送検した。男は近くで釣りをしたが何も釣れず、帰りに神社に立ち寄り、さい銭を盗もうとしたものの、断念。「(キツネを)持ち帰って自宅に飾りたいと思った」と容疑を認めているという。
 捜査関係者によると、男は2020年11月10日午後9時ごろ、和布刈神社の境内にある稲荷社に飾られた陶器のキツネ4個(計約6800円相当)を盗んだ疑いがある。稲荷社に飾られた2対(計8個)のキツネの置物のうち1対を自宅に持ち帰ったという。
 盗難に気付いた神主が境内の防犯カメラを確認すると、これまでも繰り返し神社を訪れていた男の姿が映っていた。盗難から2週間半後の11月28日、再び神社に現れた男を神主が見つけて問い詰めた。男が窃盗を認めたため通報した。盗まれたキツネの置物は後日、警察を通じて無事に神社に返された。
 神主によると置物は稲荷社に足しげく通う参拝者からの奉納品という。神主は「大事な思いが寄せられたもの。盗んだことを十分に反省してほしい」と話した。
 稲荷社は拝殿の脇にたたずむ小さな朱色のほこら。地元の人らが毎月掃除をして守っている。参拝者の間では「戻ってきてよかった」との声が聞かれるという。(加治隼人)
https://www.asahi.com/articles/ASP2M7256P2KTIPE012.html

軽自動車が田んぼに転落、高校生2人死亡 岐阜の国道(21日)朝日

21日午前4時50分ごろ、岐阜県大垣市枝郷5丁目の国道417号で、男女4人の乗った軽自動車が田んぼに転落、後部座席に乗っていた2人が頭や胸を強く打つなどし、搬送先の病院で死亡した。
 県警大垣署によると、亡くなったのはいずれも同県岐南町の高校生の高木彩那さん(18)と、池田智成さん(17)。運転していたとび職の少年(18)と助手席の少女(17)もけがをしたが、意識はあるという。
 現場は右カーブで、車は沿道のガードパイプを突き破り、2メートル下の田んぼに転落。「夜景を見た帰りだった」と説明しているという。署が詳しい事故原因を調べている。
https://www.asahi.com/articles/ASP2P4JDHP2POIPE005.html

SL客車に侵入者か 大井川鉄道、方向幕など部品8点盗難(21日)共同

大井川鉄道(本社・島田市)が千頭駅(川根本町)構内に留置していた蒸気機関車(SL)に連結する客車の窓ガラスなどが破壊され、中から一部の部品が盗まれていたことが20日、同社への取材で分かった。昨年12月と2月の計2回被害に遭っていて、同社は被害届を島田署に提出済み。同署は同一犯の可能性を視野に入れ、窃盗容疑で捜査している。
 被害に遭った車両は2018年にJR西日本から譲り受けた5両編成。将来的に営業運転車両に加える予定でいた。2月16日に車両扉が開いていることを駅員が不審に思い、調査したところ、行き先を示す方向幕、温度計、非常灯、車両紹介の掲示板など計5点が無くなっていた。同社によると、車両をつなぐ幌(ほろ)の部分が一部破かれていて、ここから車両内に侵入した可能性があるという。
 昨年12月には、同車両の窓ガラスが割られ、中から車掌スイッチや非常用ブザー、方向幕の3点が盗まれたという。同社は「(盗まれたのは)貴重な部品。営業運転を楽しみにしていた人の期待を裏切る行為」とコメントしている。
https://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/863559.html

コロナ影響で中退や休学の学生約5800人に 去年4-12月 文科省(21日)NHK

コロナ禍による影響で今年度、12月末までに全国の大学や短期大学などを中途退学や休学した学生はおよそ5800人に上っていることが文部科学省の調査で分かりました。
文部科学省は、全国の大学や短期大学、それに高等専門学校を対象に、今年度、4月から12月までの中途退学や休学、それに支援の状況を調査し、全体の95%に当たる1009校から回答を得ました。
その結果、▽中途退学した学生は2万8647人、▽休学した学生は6万5670人で、
このうち感染拡大の影響と分かっている人は、▽中退者は1367人、▽休学者は4434人の合わせて5801人となっています。
全体としては、前の年の同じ時期と比べ、中退者は2割ほど、休学者は1割近く減っています。
これについて文部科学省は、99%の学校が後期授業料の納付期限を猶予し、74%が経済的に困難な学生を対象に授業料の減額や免除を行っていることや、国の低所得世帯を対象とした給付型奨学金が支給される制度が去年4月から始まり、12月時点で27万人近くが利用していることなどが背景にあるとみています。
文部科学省は「年度末に向け、中退や休学する学生が増えることも想定されるため、引き続き、大学などと連携し、きめ細かな支援を継続したい」としています。

専門家「困窮世帯の学生への影響に注意必要」

子どもの貧困問題や支援制度に詳しい日本大学文理学部の末冨芳教授は、中退や休学した学生の数が減少している状況について「去年の春に始まった低所得世帯への高等教育の無償化制度の効果が出ているとみられる。一方で、ぎりぎり、制度からこぼれる世帯の中には苦しい家庭もあるはずだ。困窮世帯では、大学生や高校生がアルバイトで家計を支える家庭も多く、大学をやめて家計を支えようとする学生も出てくるとみられ、長期化による影響への注意が必要だ」と指摘しています。
また、「家計以外の理由でも、コロナ禍で大学生活を楽しめず意欲が無くなったり、オンライン授業の連続で疲れたりして、精神的なストレスを抱えて孤立した状況になり、学業を続けられないというケースが出てくることにも注意が必要だ」として、オンラインも含めた学生どうしの交流や精神的なケアが必要だと話していました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210221/k10012878981000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_005

東京都 新型コロナ 新たに272人の感染確認(21日)NHK

東京都は、21日午後3時時点の速報値で、都内で新たに272人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210221/k10012879041000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

群馬県 新型コロナ 新たに13人の感染確認 県内計4375人に14時59分

宮崎県 新型コロナ 新たに1人の感染確認 県内計1942人に14時54分

愛媛県 新型コロナ 新たに3人の感染確認 県内計1050人14時23分

新潟県 新型コロナ 新たに2人の感染確認 県内計1032人14時02分

香川県 新型コロナ 新たに5人の感染感染 県内計739人13時58分

新型コロナのワクチン第2便 成田空港に到着 45万回余接種可能(21日)NHK

新型コロナウイルスのワクチンを載せた航空機の第2便が21日午前、成田空港に到着しました。
国内で初めて承認されたアメリカの製薬大手ファイザーのワクチンは、生産工場のあるベルギーから、21日午前10時に成田空港に到着しました。 
ワクチンは、ドライアイスとともに専用の箱に入れられ、航空会社のスタッフがコンテナなどを慎重に取り出していました。
その後、貨物専用の車両で倉庫まで運ばれ、荷解きしてトラックに積み替えられたあと、午前11時すぎに空港の外にある保管場所へと出発しました。
ファイザーのワクチンが、日本に空輸されるのは今月12日に続いて2回目で、政府によりますと、今回は最大で45万回余り接種できる量が届いたということです。
第1便と合わせると、最大で83万8000回分余り、人数にして42万人分近くが確保されたことになります。
政府は、来月1日からの2週間で、医療従事者向けに最大117万回分を配分する予定で、EU=ヨーロッパ連合から許可が得られしだい、追加で日本に空輸する方針です。
一方、優先接種を受ける医療従事者は、当初の370万人からおよそ100万人増える見込みで、今後、日本へのワクチンの供給などが順調に進まなければ、高齢者を含めた接種の時期などに影響が出てくることも予想されます。

ワクチン確保の状況と今後

政府によりますと、これまでに日本に空輸されたファイザーのワクチンは、1つの容器から6回分を採取できると想定した場合、
▽今月12日に到着した第1便が38万6100回分、▽今回の第2便が45万2790回分となっています。
合わせると、
▽83万8890回分で、▽人数にすると41万9445人分になります。
これに対し、
▽今月17日に始まった医療従事者への先行接種におよそ4万人分、▽続いて優先接種を受ける医療従事者にはおよそ470万人分が
必要になる見込みです。
また、政府は
▽4月には65歳以上の高齢者およそ3600万人を対象に接種を始めたいとしています。
一方、日本がファイザーのワクチンの供給を受けるにはEU=ヨーロッパ連合の承認が必要で、世界的にワクチンの需要が高まる中、日本への供給が順調に進むかは不透明です。
また、1つの容器から6回分のワクチンを採取できる注射器は、国内では一般的に使われていないため、思うように確保できなければ、高齢者を含めた接種の時期などに影響が出てくることも予想されます。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210221/k10012878891000.html

「シリアの医師に保証金90万円」郵便局訪れた女性を説得、交番に通報(21日)読売

特殊詐欺を未然に防いだとして、山形県警山形署は19日、山形市西江俣の江俣郵便局の局員、44歳と34歳の女性2人に署長感謝状を贈った。
 同署などによると、5日午前9時頃、市内の60歳代女性が同郵便局を訪れ、窓口で対応した局員に「90万円を振り込みたい。シリアにいる男性医師が日本に来るのに、保証金が必要」と話した。
 44歳の局員は詐欺だと直感し、同僚の34歳の局員に相談。2人は女性を説得し、局長を通じて近くの交番に通報した。
 特殊詐欺には、SNSなどで親密になった相手に海外への送金を要求する「国際ロマンス詐欺」という手口があり、女性も男性医師をかたる人物とSNSで知り合ったが、会ったことはなかったという。
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0220/ym_210220_9285746410.html

自動運転バスで顔認証の実証実験(21日)NHK

自動運転バスに乗車区間を乗客の顔で認証するシステムなどを加えて、正しく認識できるかを検証するなど実用化に向けた実証実験が前橋市で行われています。
この実証実験は、自動運転技術の開発を進めている群馬大学や前橋市、地元のバス会社などが3年前から始め、今月15日から3回目となる実験が行われています。
今回の実験では、顔認証のシステムが加えられ、乗車の際に登録された乗客の顔や乗車区間を正しく認識できるかを検証します。
また、高速で大容量の通信規格5Gを用いてバスから撮影した高画質の映像や見通しの悪い交差点に設置したカメラから撮影した映像を管制室に送り、より安全にバスの運行を監視できるかも確認します。
実験は、補助役の運転手が乗ったうえで今月末まで前橋市内の路線で行い、来年には運転手が乗った状態での自動運転バスの実用化を目指しています。
群馬大学の小木津武樹准教授は「運転手の不足などが問題になっているなかで、自動運転技術がどう役に立つのかを検証したい」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20210221/1000060664.html

「防潮堤は全て壊れる」津波の新想定、被災地住民に衝撃(21日)朝日

東日本大震災の被災地で造られた防潮堤が、住民に新たな戸惑いを生みだしている。命を守ってくれるという安心感は、時に避難への意識を薄れさせることにもつながる。国が昨年公表した新たな津波想定を通じて、見えてきたものとは。
 自宅周辺が、浸水を意味するピンク色に染まっていた。東日本大震災の津波で500人余りが犠牲になった岩手県宮古市。海から約500メートルの災害公営住宅「赤前災害住宅」で妻と暮らす佐々木亨さん(65)は1月下旬、新しいハザードマップを見て驚いた。
 「えっ、まさか。今さら言われても」
 佐々木さんを不安にさせたのは、内閣府の有識者検討会が昨年公表した巨大地震の津波想定だ。日本海溝が震源で、千年に1度の最大級の津波を想定するため、宮古市には最大29・7メートルの津波が押し寄せる。一方、震災後に宮古市で整備された防潮堤が対応できるのは、数十年から百数十年に1度の津波までだ。そこに千年に1度の津波が来て防潮堤を越えると、防潮堤が壊れる。こうした条件で計算したため、地区の浸水面積は震災時の2倍近くに広がった。津波が来なかった場所に建てられた赤前災害住宅も浸水域に入ることになった。

「想定は超えるもの」

 佐々木さんは震災で約10メー…
この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。
残り:2813文字/全文:3323文字
https://www.asahi.com/articles/ASP2N6TWYP2KUTIL01M.html

75歳運転の車が洋菓子店に突っ込む(21日)TBS

 岐阜県で、洋菓子店に75歳の男性が運転する軽乗用車が突っ込みました。
 画面右上、店員の女性が商品を並べています。次の瞬間、ガラスを突き破って軽乗用車が店内に突っ込んできました。
 20日午前10時半過ぎ、岐阜県羽島市の菓子店「シャトレーゼ羽島店」に軽乗用車が突っ込みました。けが人はいませんでした。
 「車の前方は大きくへこみ、足元にはガラスや商品が散乱しています」(記者)
 「衝撃音がして飛び出てきたら、この状況になっていた。まさか・・・体が震えた」(店員)
 軽乗用車を運転していた75歳の男性に、けがはありませんでした。男性は、「アクセルとブレーキを踏み間違えた」と話しているということです。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4204214.html

世界の感染者 1億1090万人 死者は245万人超(21日午前3時)(21日)NHK

アメリカ、ジョンズ・ホプキンス大学のまとめによりますと、新型コロナウイルスの感染が確認された人は、日本時間21日午前3時時点で、世界全体で1億1090万3820人となりました。
亡くなった人は世界全体で245万6069人となりました。

感染者の多い国

感染者が最も多いのはアメリカで2802万2927人、次いでインドが1097万7387人、ブラジルが1008万4208人、イギリスが411万7692人、ロシアが410万5424人となっています。

死者の多い国

亡くなった人が最も多いのもアメリカで49万6348人、次いでブラジルが24万4737人、メキシコが17万8965人、インドが15万6212人、イギリスが12万592人となっています。

沖縄 尖閣諸島沖 中国海警局の船2隻が領海侵入(21日)NHK

21日朝、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船2隻が日本の領海に侵入し、海上保安本部がただちに領海から出るよう警告を続けています。
第11管区海上保安本部によりますと、日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行していた中国海警局の船4隻のうち2隻が21日午前5時前、尖閣諸島の久場島の沖合で、日本の領海に侵入しました。
2隻は、午前5時現在、久場島の南南東およそ21キロと、南東およそ19キロの日本の領海内を航行しています。
この2隻は、午前5時前、久場島の沖合で日本漁船に接近する動きを見せましたが、海上保安本部が巡視船を周囲に配備し、漁船の安全を確保したということです。
海上保安本部は、ただちに領海から出るよう警告を続けています。
尖閣諸島の沖合で中国海警局の船が領海に侵入したのは、20日に続いてことしに入って9回目です。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210221/k10012878871000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

新型コロナ ワクチン先行接種の2人に副反応の疑い 厚生労働省(21日)NHK

厚生労働省は、新型コロナウイルスのワクチンの接種を受けた医療従事者2人に、じんましんなど副反応の疑いがある症状が確認されたと明らかにしました。
アメリカの製薬大手ファイザーのワクチンについて、厚生労働省は今月17日に医療従事者への先行接種を始めて以降、接種との関連が否定できない副反応が疑われる重篤な症状があれば報告するよう医療機関などに求めています。
厚生労働省によりますと、20日午後5時までに接種を受けた2人に、それぞれじんましんと寒気などの症状が確認されたということです。
このうち寒気などを訴えた人の症状は、当初、重いアレルギー反応の「アナフィラキシー」として報告されましたが、その後、医療機関が訂正したということです。
症状が出た人の年代や性別、症状の程度は、現時点で明らかにできないとしています。
副反応が疑われる症状が報告されたのは今回が初めてで、今後、接種との関連があるか専門家会議で検証するということです。
厚生労働省によりますと、19日午後5時までに、先行接種を受けた医療従事者は、全国で合わせて5039人となっています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210221/k10012878861000.html

虐待対応強化へ新資格検討 児童相談所の専門性向上―厚労省(21日)時事

厚生労働省は、児童相談所(児相)で虐待相談に対応する人材の専門性を高めるため、子ども家庭福祉の分野で新たな資格を創設する方向で検討に入った。児童虐待の相談件数は年々増加しており、国家資格とするか、民間の認定資格とするかなど、今後具体的な制度設計を急ぐ。
 児相では現在、児童福祉司や児童心理司ら自治体の職員が、子どもや親からの相談に対応している。いずれも国家資格ではなく、一定の実務経験を積むことなどで試験なしで取得できる。
 政府は2018年、児相の体制強化に向けた対策プランを決定。21年度中に児童福祉司を全国で約5260人(17年度は3235人)、児童心理司を約2150人(同1360人)に増やす計画を打ち出した。
 ただ、増員の影響もあり、20年4月1日時点で、全国の児童福祉司の約半数が勤続3年未満と経験が浅い状態だ。子どもから話を聞くのに加え、家庭環境や地域との関わりを調査できる専門性の向上が課題となっている。
 新たな資格をめぐっては、社会福祉士などの国家資格を持つ人が子ども家庭福祉分野の教育課程を修了した場合や、大学などの養成課程で専門科目を学んだ人に付与する案が出ている。
 全国の児相が対応した19年度の虐待相談件数(速報値)は19万3780件。1990年度の集計開始以来最多を更新した。新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛などの影響で、虐待リスクがさらに高まる可能性も指摘されている。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021022000379&g=soc

<こちさが>偽の署名バイト、罪に問われる? 専門家「捜査本筋は首謀者」 警察要請なら協力の可能性(21日)共同

愛知県の大村秀章知事のリコール(解職請求)運動を巡る不正署名問題で、多数のアルバイトが佐賀県内で動員され、偽の署名を書き込んだことが明らかになった。会場の県青年会館(佐賀市)でアルバイトをした女性から「罪に問われないだろうか」という不安の声が佐賀新聞「こちら さがS編集局」に寄せられた。選挙管理委員会や専門家に話を聞いた。
 「パソコンで打ち込んだデータがあるのに、なぜ私たちが直筆で書かなければならないんだろう。隣の人とも『なんか変だね』という話をした」。昨年10月、手書きのアルバイトに参加した佐賀市の20代女性は、こう振り返った。女性はリコール運動を知らなかったといい「佐賀は単発のアルバイトが少ないので、つい応募した」と話した。
 佐賀県選管によると、署名は住所や生年月日は代筆やデータ入力が可能だが、押印と名前は自筆でなければならない。地方自治法では署名の偽造が禁じられており「3年以下の懲役もしくは禁錮または50万円以下の罰金」となっている。
 署名簿を受け取った市町村の選管は、名簿に書かれた名前や生年月日が該当地域の選挙人名簿に登録されているどうかを一つずつ照合し、一致しない署名は無効にする。自筆でない署名も無効だ。
 行政法務に詳しい小澤尚記弁護士(愛知県)は今回の問題に関し「首長のリコールは民主主義の根幹の一つで、偽の署名は絶対にあってはならない」と話す。
 アルバイト従事者に対して罪が成立するかどうかについては「署名簿の見た目やスタッフの指示などから『偽造する』と認識できる状況だったかどうか」と指摘する。ただ「捜査の本筋は、偽の署名を作らせようとした首謀者」で、アルバイトは立件されない可能性もあると説明し「警察から任意の出頭や説明を求められたら、協力してもらう必要性はあるかもしれない」との見方を示した。
 愛知県選管は、提出された約43万5千人分の署名のうち、8割超に当たる約36万2千人分を無効と判断した。地方自治法違反の疑いで15日、容疑者不詳のまま愛知県警に刑事告発している。(松岡蒼大)
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/635642

4分の3の地点で人出増、前週比 全国の主要駅など、ドコモまとめ(21日)共同

NTTドコモがまとめた20日午後3時時点の人出は、全国の主要駅や繁華街計95地点のおよそ4分の3に当たる73地点で前週末の13日から増加した。
 新型コロナウイルス感染拡大前(昨年1月18日~2月14日)の休日平均からの増減率を、前週土曜の13日と比較した。
 10都府県では、東京・羽田空港第1ターミナルでは前週は56.9%減だったが、20日は43.7%減にとどまり13.2ポイント上昇した。大阪・伊丹空港は57.7%減から49.9%減に7.8ポイント上昇。福岡・博多駅も21.3%減から14.2%減となり7.1ポイント上回った。
https://this.kiji.is/735827817373876224?c=39546741839462401

« 2021年2月20日 (土) | トップページ | 2021年2月22日 (月) »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

留置所

無料ブログはココログ