カテゴリー

« 2021年1月22日 (金) | トップページ | 2021年1月24日 (日) »

2021年1月23日 (土)

2021年1月23日 (土)

150人の結婚披露宴摘発(23日)産経

ロンドン警視庁は22日、新型コロナウイルス対策のため市内で実施中のロックダウン(都市封鎖)の規則に違反し、約150人が集まる結婚披露宴が開かれていたとして、会場に踏み込んで摘発したと発表した。主催者には1万ポンド(約142万円)の罰金が科される可能性がある。 英メディアによると、現場はロンドン北部のユダヤ教系の学校。披露宴は21日夜に開かれ、内部を隠すため窓を覆ったり、学校の門を閉めたりしていた。ロックダウン中は結婚式の参加者が6人までに制限されている。(共同)
https://www.sankei.com/world/news/210123/wor2101230011-n1.html

【速報】銀座社長連れ去り事件 社長の娘を逮捕 経営権めぐりトラブルか(23日)TBS

去年8月、東京・銀座で会社社長の男性が車で連れ去られた事件で、警視庁は新たに社長の娘を逮捕しました。
 逮捕されたのは、職業不詳で中国籍の温雅然容疑者(37)で、去年8月、実行役らと共謀し、銀座の路上で、父親で化粧品会社社長の男性(当時65)を車で連れ去り、スマートフォンを奪うなどした疑いがもたれています。男性はおよそ5時間監禁され、その際、3000万円を要求されていました。
 温容疑者は、すでに逮捕された6人のうち、伊暁東容疑者(35)と事件を計画したとみられていて、捜査関係者によりますと、旅行先の北海道で23日、身柄を確保されたということです。
 事件の前、社長の男性と温容疑者は会社の経営権をめぐり親子でトラブルになっていたということで、警視庁は事件の経緯を調べています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4181285.html

消火設備が誤作動か 二酸化炭素噴出 点検の2人死亡 東京(23日)NHK

23日午前、東京・港区のビルの地下にある駐車場で消火設備が誤作動して二酸化炭素を噴出し、点検をしていた作業員2人が死亡しました。
警視庁が、詳しい状況を調べています。
23日午前11時すぎ、港区西新橋の8階建てのビルの地下1階の駐車場で、「二酸化炭素を誤って噴霧した。まだ中に人が取り残されている」と消防に通報がありました。
警視庁によりますと、現場にいた50代と30代の男性作業員2人とビルの警備員1人の合わせて3人が病院に搬送され、その後作業員2人の死亡が確認されました。
警備員は命に別状はないということです。
消火設備は二酸化炭素を放出するタイプで、警視庁は何らかの原因で誤作動して二酸化炭素を噴出し、二酸化炭素中毒になったとみて詳しい状況を調べています。
現場はJRの新橋駅からおよそ400メートルほどの飲食店やビルが建ち並ぶ一角です。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210123/k10012830161000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_005

赤穂市課長を逮捕 工事めぐり収賄容疑―兵庫県警(23日)時事

兵庫県赤穂市の工事で便宜を計り、業者から現金を受け取ったとして、県警捜査2課は23日、収賄容疑で同市浄水施設担当課長の西川貞寛容疑者(58)=同市東浜町=を逮捕した。贈賄容疑で岐阜県本巣市の部品会社「森松工業」大阪支店社員、松岡正紀容疑者(48)=大阪府茨木市=ら3人も逮捕した。県警は認否を明らかにしていない。
 西川容疑者の逮捕容疑は、赤穂市の御崎配水池整備工事で、森松工業製のタンクなどを納入しやすくするため特記仕様書や図面を変更し、謝礼として昨年3月下旬ごろ、松岡容疑者から現金210万円を受け取った疑い。
 捜査2課によると、西川容疑者は同工事の責任者。同社は下請けとして、貯水タンクの納入などを約8000万円で請け負っていた。
 牟礼正稔市長の話 市民の皆さまに深くおわびする。服務規律の順守と綱紀の粛正を徹底し、信頼回復に取り組む。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021012300448&g=soc

国内死者5000人超 2週間で1000人増加―新型コロナ(23日)時事

国内では23日、新型コロナウイルスに感染した死者が新たに83人確認された。これにより、クルーズ船乗船者を含む死者は累計で5000人を超え、5077人となった。9日に4000人を超えてから2週間で5000人に達しており、死者数の増加ペースが加速している。

【詳報】新型コロナウイルス東京都の状況

 国内の死者は、1000人から2000人になるまで約4カ月かかったが、その後1カ月間で3000人を超えた。さらに18日間で4000人に、14日間で5000人に達した。
 厚生労働省のまとめでは、20日時点の死者4328人のうち、60歳以上が94%を占める。特に80歳以上の死者の増加が目立つ。
 死者全体のうち80歳以上が占める割合は、昨年7月22日時点で57%だったが、今月20日には61%に上昇した。感染者の急増に伴い、高齢者の中でも死亡リスクのより高い層に感染が広がっているとみられる。
 23日の国内の感染者は計4716人、重症者は前日から2人減の1009人だった。東京都では新たに1070人の陽性が判明し、11日連続で新規感染者が1000人を超えた。年代別では20代が206人で最多。40代(180人)、50代(154人)が30代(136人)を上回り、65歳以上も250人に上るなど、年齢層が上がっている。都の基準による重症者は156人で、前日から2人減った。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021012300398&g=soc

横浜・金沢区の京急線踏切で、男性はねられ死亡(23日)共同

23日午前11時45分ごろ、横浜市金沢区六浦東2丁目の京急線金沢八景─追浜間の金沢八景第1踏切(遮断機・警報機付き)で、同区に住む無職男性(59)が浦賀発品川行き普通電車にはねられ、死亡した。
 京急電鉄によると、金沢八景─堀ノ内間で約1時間20分運転を見合わせ、上下線35本、約6600人に影響した。

https://www.kanaloco.jp/news/social/case/article-376155.html

茅ケ崎のコンビニ店内で下半身露出 会社役員の男逮捕(23日)共同

神奈川県警茅ケ崎署は23日、公然わいせつの疑いで、いずれも自称で住所不詳、会社役員の男(58)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は、同日午前0時10分ごろ、茅ケ崎市内のコンビニ店内で下半身を露出した、としている。
 署によると、男は「覚えていない」と容疑を否認している。酒に酔っていたという。
https://www.kanaloco.jp/news/social/case/article-376156.html

ビル地下駐車場で作業員2人死亡 二酸化炭素漏れか、東京(23日)共同

23日午前11時15分ごろ、東京都港区西新橋1の14の1にあるオフィスビルの地下1階駐車場で「点検中に誤って二酸化炭素が噴き出した。地下にまだ人がいる」と119番があった。現場にいた男性3人が救急搬送され、うち消防設備の点検をしていた作業員2人が死亡した。もう1人の警備員(47)は命に別条はないという。
 警視庁愛宕署によると、この日は午前10時半ごろから作業員6人が、地下1階と地下2階に分かれて消防設備を点検。地下2階にいた作業員が異臭に気付き、地下1階の警備員がぐったりしているのを見つけた。
 同署は誤って二酸化炭素が漏れたとみて、当時の状況を調べる。
https://this.kiji.is/725643837097689088?c=39546741839462401

自衛官に私的戦闘訓練 特殊部隊の元トップが指導(23日)記憶

陸上自衛隊特殊部隊のトップだったOBが毎年、現役自衛官、予備自衛官を募り、三重県で私的に戦闘訓練を指導していたことが23日、関係者の証言などで分かった。訓練は昨年12月にも開催。現地取材で実際の訓練は確認できなかったが、参加者が迷彩の戦闘服を着用しOBが主宰する施設と付近の山中の間を移動していた。自衛隊で隊内からの秘密漏えいを監視する情報保全隊も事実を把握し、調査している。
 自衛官が、外部から戦闘行動の訓練を受けるのが明らかになるのは初。防衛省内には自衛隊法に触れるとの指摘がある。OBは作家の故三島由紀夫の考え方に同調するなど保守的主張を繰り返している。

https://this.kiji.is/725681850000359424?c=39546741839462401

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(23、24日 単位・レベル)
ホームレスのどのくらいいるの
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20210123205801 Img_20210107_113906  昨年の12月だった。なんと東京は上野公園の路上で生活していた男性の荷物などに放火したとして都内に住む28歳の男が建造物等以外放火と器物損壊の疑いで警視庁に逮捕された。この事件は発生が11月5日だが、ちょうどそのころ武蔵野市の駅前で、ホームレスの高齢者がうろうろしているのを何度もみており、昭和の時代を思い出していたころだった。
 まだ、どっこい、存在していたとは…そう言えば、コロナウイルス感染症に係わりホームレスも増えているという。 
 … … … … …
 厚労省の平成31年1月調査によると、ホームレスの存在が確認されたのは全国の275市区町村で30年調査より25市区町村減少した。
 人数は4555人で男が4253人の女が171人、不明が131人。
 都道府県ランキングは東京の1126人、大阪の1064人、神奈川の899人、福岡の250人、埼玉の191人など。
 市区町村では23区が1033人、大阪市が1002人、横浜市が458人、川崎市が285人、福岡市が168人などとなっている。
 場所別でみると最も多いのは河川の30.3㌫、都市公園22.7㌫、道路18.7㌫、駅5.2㌫、その他23.11㌫と続いている。そう言えば3、4年前だと記憶しているが、東京・是政の多摩川河川敷でテント生活しているホームレスを見たことがあった。
 これからは寒さも厳しくなる。行政の手を差し伸べてやってほしい。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
201912031_20210123211301

 

 

 

 


詐欺に使われる電話番号を“調達”か 捜査に虚偽回答の男ら逮捕 (23日)TBS

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4180751.html

★社債“詐欺”「絶対損しない」、銀行が通報し被害防ぐ(21日)TBS
★給付金詐取疑いで男女3人逮捕 埼玉県警 (21日)産経
★印西市で行方不明女性の給付金詐取か 殺人罪で起訴の夫逮捕(21日)TBS
★横浜で特殊詐欺被害 高齢女性がキャッシュカードだまし取られる (21日)産経
★死体遺棄事件がきっかけ 特殊詐欺グループ13人目逮捕(20日)朝日
★高齢男性からキャッシュカードをだまし取るなどした疑い 男逮捕 (19日)産経
.★新型コロナ給付金虚偽申請 余罪含め1億3000万円不正受給か(19日)TBS
★仮想通貨事業装い現金詐取、容疑で5人逮捕 (18日)産経
★【特殊詐欺情報】越前市 1月18日 警察官かたる男「名義貸しでトラブル」か(18日)共同
★うその融資話で約2000万円だまし取る 経営コンサルら逮捕(18日)TBS


IOCバッハ会長「無観客の選択肢も」 東京五輪実現へ(23日)日経

【ジュネーブ=共同】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は22日、新型コロナウイルスの影響を受けた東京五輪開幕まで23日で半年となるのを前にメッセージ動画を公開し「(感染)状況への対処で必要な手段を、適切な時期に決める。それは観客の問題にも及ぶ。何人か、観客は入れられるのか」と述べた。無観客での開催も選択肢になりうるとした。
同会長は昨年10月の段階では無観客に否定的な考えを表明。今月21日の共同通信インタビューでは大会中止や再延期を否定し、観客の扱いについては「安全が最優先という点でタブーはない」と述べるにとどめていた。
https://www.nikkei.com/article/DGXZQODG230U70T20C21A1000000

地下駐車場で作業員2人死亡、CO2中毒か 東京・新橋(23日)朝日

23日午前11時15分ごろ、東京都港区西新橋1丁目の地下駐車場で、「消火設備の点検中に二酸化炭素が噴霧した。作業員が取り残されている」と119番通報があった。東京消防庁が男性作業員3人を救出したが、このうち2人が死亡した。別の1人は意識はあるという。警視庁は、二酸化炭素中毒になった可能性があるとみて調べている。
 愛宕署などによると、現場は高層ビルの地下1、2階部分。救出された3人を含む6人の作業員が消火設備の点検をしていた際、現場に二酸化炭素が充満したとみられるという。署は、作業員らが放出装置を誤って作動させたとみている。
 現場は都営三田線・内幸町駅近くのオフィス街。
https://www.asahi.com/articles/photo/AS20210123001316.html

東京・八王子駅近くのマンションで火事(23日)西日本

 東京・八王子駅前のマンションで火事があり延焼中です。
 真っ赤な炎に、モクモクと立ち上る黒い煙。23日午前10時すぎ、八王子市横山町にある7階建てのマンションの最上階で火事がありました。
 150平方メートルが延焼中で、東京消防庁のポンプ車など28台が出動し、消火活動が続けられています。今のところ、けが人の情報はないということです。現場は、JR八王子駅からおよそ400メートルあまりの住宅街です。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4181140.html

沖縄、新規感染は79人 累計6900人超え【1月23日昼】(23日)共同

沖縄県は23日、新たに79人が新型コロナに感染したと発表した。県内の累計感染者数は6939人。在沖米軍関係は新たに3人の感染が確認され、累計で890人となった。

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/696968

1500万円窃盗被害 「貴金属見せてほしい」 不審訪問も 神奈川(23日)NHK

神奈川県藤沢市の住宅でこの家に住む女性が外出中に現金およそ1500万円を盗まれていたことが捜査関係者への取材でわかりました。業者を名乗る男が「家にある貴金属を見せてほしい」と言って、数日前に訪ねて来るなどしていたということで、警察は窃盗事件として関連を調べています。
捜査関係者によりますと今月20日、藤沢市の住宅で、この家に住む高齢の女性が外出中に現金およそ1500万円を盗まれたということです。
この住宅には数日前に貴金属を扱う業者だという男から家にある貴金属を尋ねる不審な電話がかかってきたり、業者を名乗る知らない男が「貴金属を見せてほしい」などと言って、訪ねて来たりしていたということです。
これまでの調べで女性が留守だった午前中から昼すぎに何者かが侵入したとみられるということです。
警察は窃盗事件として捜査するとともに、事件前にかかってきた電話や、訪問してきた男との関連を調べています。
家に現金がいくらあるかなどを電話で尋ねるいわゆる「アポ電」をめぐっては、詐欺や盗み、それに強盗の被害につながるケースが相次いでいて、警察は見ず知らずの人に資産に関する情報を絶対に教えないよう注意を呼びかけています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210123/k10012828811000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_018

千葉県野田市 女児虐待死事件 24日で2年 小学校で黙とう(23日)NHK

千葉県野田市で小学4年生の女の子が虐待を受けた末に死亡した事件から24日で2年となるのを前に、女の子が通っていた小学校では黙とうがささげられ、改めて女の子の死を悼みました。
おととし1月24日、千葉県野田市の小学4年生栗原心愛さん(当時10歳)が自宅の浴室で死亡しているのが見つかった事件では、傷害致死などの罪に問われ1審で懲役16年の判決を受けた父親の勇一郎被告(43)に対する2審の判決が、3月4日に言い渡される予定です。
野田市によりますと心愛さんが亡くなってあすで2年になるのを前に、通っていた小学校では昇降口の前にピンク色の花が供えられました。
また校長が「目を閉じて、心愛さんが天国で幸せに過ごせるようにお祈りしましょう」と放送で呼びかけ、教職員と児童はそれぞれ教室で30秒間の黙とうを行い心愛さんの死を悼みました。
野田市の鈴木有市長は、22日開かれた会見で「市では、児童虐待に対し危機感をもって対応し組織体制を強化してきました。再びあのような事件が起こらないよう引き続き、市一丸となって全力で再発防止に取り組んでいきたい」と話していました。

心愛さんの遺族「なぜ助けてあげられなかったのか 後悔の念」

栗原心愛さんの命日を前に、心愛さんの遺族が、コメントを寄せました。
心愛さんの祖父母と叔母は、「なぜ、あの時、助けてあげられなかったのか、後悔の念が消えることはありません。これまで、多くの方からお手紙やお供え物を頂き、死を悲しんで頂いたことに、家族一同、心から感謝するとともに安らかに眠ってくれるよう、日々、手を合わせています」とコメントしています。
このうち、祖母は、「今でも心愛ちゃんが戻ってくるような気がします。『雪を見たことがないから雪が見たい』と話していて冬になったら北海道に見に行こうと約束していました。葬儀の日は雪が舞っていてあれから雪が降ると心愛ちゃんが戻ってきてくれた気がします」とコメントしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210123/k10012829651000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

愛媛県 新型コロナ 22人感染確認 県内計931人(23日)NHK

愛媛県は、新たに22人の新型コロナウイルスへの感染を確認したと発表しました。これで、県内の感染確認は合わせて931人となりました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210123/k10012829661000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

石川県 新型コロナ 13人感染確認 県内計1416人15時21分

長野県 新型コロナ 2人感染確認 県内合わせて2131人に13時56分

徳島県 新型コロナ 9人感染確認 県内計359人13時44分

香川県 新型コロナ 1人死亡 6人感染確認 県内計584人13時31分

岡山県 新型コロナ 4人感染確認 県内延べ2207人12時59分

福島県 新型コロナ 36人感染確認 県内計1584人12時53分

東京都 新型コロナ 1070人感染確認 1000人超は11日連続(23日)NHK

東京都は、23日午後3時時点の速報値で都内で新たに1070人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。1日の感染の確認が1000人を超えるのは11日連続です。
これで都内で感染が確認されたのはあわせて9万2904人になりました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210123/k10012829531000.html

ほうきだけ盗む不思議なサルが出没 住民も「なぜ?」(23日)朝日

清流・四万十川沿いの山里に、掃除用の「ほうき」ばかりを持ち去る野生の1匹のサルが出没している。サルは盗んだほうきを谷底に捨てたり、空き家に運んで積んだりしている。「掃除好きなのか」。それとも「ほうきで追われたことがあったんだろうか」。静かな集落は不思議なサルの話で持ちきりだ。
 ほうき泥棒のサルが現れているのは、四万十川に架かる岩間沈下橋近くの高知県四万十市西土佐岩間地区だ。サルは、約2年前に上流の山からやって来たとみられる。その後、約30軒の民家から、軒下や庭に置いていたほうきが消える事件が相次いだ。
「どうしたんだろう」と住民たちは首をひねった。
 ほどなく、ほうきを脇に抱えて歩くサルを何度も住民が目撃し、容疑者が浮上した。近くの「岩間四万十茶屋」の今城千恵さんは「ほうきがなくなったのは10軒以上。サルが動く谷底や池で、捨てられているほうきが見つかりました。大変迷惑しています」と話す。
今月17日朝、国道441号沿…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。
残り:646文字/全文:1048文字

阪神高速で作業車にトラック衝突 1人死亡 4人けが 大阪(23日)NHK

23日朝、大阪・堺市の阪神高速道路で作業のため道路脇に止まっていた作業車の列に走ってきたトラックがぶつかり、警察によりますと1人が死亡し、4人がけがをしているということです。
23日午前5時ごろ、大阪・堺市の阪神高速道路の4号湾岸線の北行きで、カメラを取り付けるため3台の作業車が道路脇に縦列で止まっていたところ、後ろから走ってきた2トントラックが衝突しました。
警察によりますとこの事故で現場にいた作業員8人のうち1人が死亡し、3人がけがをして病院で手当てを受けているということです。
また、トラックを運転していた男性は足の骨を折るけがをして病院に運ばれたということです。
警察は、事故の詳しい状況を調べています。
警察は当初、2人が死亡したと説明していましたが、死亡したのは1人だったと訂正しました。
「情報が錯そうしていて、確認が不十分だった」としています。
現場は片側2車線の道路で、この事故の影響で、阪神高速道路の4号湾岸線は現場付近の北行きがおよそ4時間、通行止めとなりました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210123/k10012829421000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_005

他人IDで原発制御室へ不正入室 東電柏崎刈羽所員、規制委に報告(23日)共同

東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)の所員が昨年9月、他の所員のIDカードを使って不正に中央制御室に入っていたことが23日、関係者への取材で分かった。東電は原子炉等規制法に基づき、テロ対策などを定めている核物質防護規定に違反した可能性があるとして、原子力規制委員会に報告した。
 原発への出入りは厳密に管理する必要があるが、中でも重要な制御室への不正入室は東電の管理態勢が問われそうだ。
 関係者によると、この所員は自分のカードを所持していなかったため、休みだった同僚のカードを無断で持ち出し、制御室に入った。社内で判明し、東電は直後に規制委に報告したとしている。
https://this.kiji.is/725550984998207488?c=39546741839462401

中2男子はねられ死亡 青森、横断歩道で(23日)産経

22日午後6時5分ごろ、青森県おいらせ町上久保で、横断歩道を歩いていた同町青葉の中学2年、中野煌之さん(14)がトラックにはねられ、病院に搬送されたが、死亡が確認された。
 青森県警三沢署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑で、トラックを運転していた同県三沢市南山の運転手、葛巻智容疑者(44)を現行犯逮捕した。容疑を過失致死に切り替えて調べている。
 三沢署によると、現場は片道1車線のほぼ直線で、信号があった。事故当時、路面は凍結していたという。
https://www.sankei.com/affairs/news/210123/afr2101230003-n1.html

女性殺害容疑の15歳少年 鹿児島から移送、福岡で刑事裁判へ(23日)西日本

昨年8月に福岡市中央区の大型商業施設で買い物客の女性=当時(21)=が殺害された事件で、鹿児島地検は22日、殺人などの疑いで送致され鹿児島家裁が検察官送致(逆送)の決定を出した少年(15)について、福岡地検に事件を移送した。福岡地検は28日までに起訴し、福岡地裁で成人と同様の裁判員裁判が開かれる見通し。
 鹿児島地検は移送に当たって福岡地検と協議し、事件が福岡市で起きたことや、女性の遺族が福岡地裁での刑事裁判を望んでいることなどを考慮して判断したという。少年の身柄も22日に鹿児島拘置支所(鹿児島市)から福岡拘置所(福岡市早良区)に移された。
 少年は昨年8月28日に商業施設で女性を切り付けて殺害したなどとして逮捕され、福岡家裁に送致された。家裁は同12月、事件を少年の親族が住む鹿児島県の家裁に移送。鹿児島家裁は今月19日の少年審判で「少年院で問題を改善するのは困難」などとして、逆送とした。 (片岡寛、山口新太郎)
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/684003/

高級食材取り込み詐欺事件、山口組系暴力団事務所を捜索 警視庁(23日)TBS

和牛などの高級食材6000万円相当をだまし取ったとみられる取り込み詐欺グループが摘発された事件で、警視庁は金が流れたとみられる山口組系の暴力団事務所の捜索を行いました。
 「今、警視庁の捜査員が取り込み詐欺に関わったとみられる暴力団事務所に家宅捜索に入ります」(記者)
 捜索を受けたのは、横浜市にある山口組系の暴力団事務所で、警視庁の捜査員およそ25人が検温などをしたうえで踏み込みました。この組の組員・坂田宏樹容疑者(41)ら9人は、実態のない食品会社をかたり、代金を支払うつもりがないのに、福岡県の食肉会社などから黒毛和牛などの高級食材を仕入れてだまし取ったとして、詐欺の疑いで逮捕されていました。
 全国の10の業者からおよそ6000万円相当の食材をだまし取ったとみられ、警視庁は暴力団の資金源になっていたとみて捜査しています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4180399.html

詐欺に使われる電話番号を“調達”か 捜査に虚偽回答の男ら逮捕(23日)TBS

 特殊詐欺で犯人グループが使用したIP電話について、警視庁からの照会に免許証などを偽造してうその回答をしたとして、男2人が逮捕されました。
 有印公文書偽造などの疑いで逮捕されたのは、神奈川県大和市の会社役員・鍋谷航平容疑者(32)ら男2人です。鍋谷容疑者らは去年、特殊詐欺に使用されたIP電話回線の利用者に関する警視庁からの照会に対し、偽造した契約書や免許証を使い虚偽の回答をした疑いがもたれています。
 IP電話の回線は通常、キャリア会社から再販事業者を経由して利用者に電話番号が渡されますが、鍋谷容疑者らは実際には特殊詐欺グループに電話番号が渡ったにもかかわらず、別の一般の利用者が番号を受け取ったように見せかけていたということで、摘発を逃れるため警視庁から照会を受けた事業者に対し、虚偽の回答を指南していたとみられています。
 警視庁は、関連する再販事業者から他にも詐欺グループに電話番号が渡り、全国で十数億円規模の詐欺に使われていたとみて全容解明を進めています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4180751.html

1500万円窃盗被害 「貴金属見せてほしい」 不審訪問も 神奈川(23日)NHK

神奈川県藤沢市の住宅でこの家に住む女性が外出中に現金およそ1500万円を盗まれていたことが捜査関係者への取材でわかりました。業者を名乗る男が「家にある貴金属を見せてほしい」と言って、数日前に訪ねて来るなどしていたということで、警察は窃盗事件として関連を調べています。
捜査関係者によりますと今月20日、藤沢市の住宅で、この家に住む高齢の女性が外出中に現金およそ1500万円を盗まれたということです。
この住宅には数日前に貴金属を扱う業者だという男から家にある貴金属を尋ねる不審な電話がかかってきたり、業者を名乗る知らない男が「貴金属を見せてほしい」などと言って、訪ねて来たりしていたということです。
これまでの調べで女性が留守だった午前中から昼すぎに何者かが侵入したとみられるということです。
警察は窃盗事件として捜査するとともに、事件前にかかってきた電話や、訪問してきた男との関連を調べています。
家に現金がいくらあるかなどを電話で尋ねるいわゆる「アポ電」をめぐっては、詐欺や盗み、それに強盗の被害につながるケースが相次いでいて、警察は見ず知らずの人に資産に関する情報を絶対に教えないよう注意を呼びかけています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210123/k10012828811000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

東京五輪まで半年 “調整遅れ鮮明に” アンケート調査結果(23日)NHK

東京オリンピックの開幕まで半年となるのに合わせてNHKが、競技団体にアンケート調査を行い選手の調整状況を尋ねたところ延期前の去年1月時点と比べ、「遅れている」という回答が「進んでいる」を大きく上回り調整の遅れが鮮明になりました。
新型コロナウイルスの影響で国際大会に出場できず実戦経験が不足しているといった声が多く上がり、大会本番に向けて選手の調整をどう進めていけるかが課題となっています。 東京オリンピックの開幕まで半年となるのを前に、NHKは12月から1月にかけて、実施される競技団体に内定選手や強化指定選手の現状についてアンケート調査を行い、33の競技団体すべてと、部門が分かれる競技を加えて合わせて42の強化担当者などから回答を得ました。
この中で選手たちの大会出場の可否について聞いたところ、「国内大会には出場できているが国際大会には出場できていない」が57%「国内、国外大会ともに出場できていない」が12%となりました。
「いずれも出場できている」は24%にとどまっていて、新型コロナウイルスの感染拡大を背景に、選手たちが特に国際大会で実戦経験を十分に積めていない実態が浮かび上がりました。
また、延期前の去年1月時点と比較して調整状況を複数回答で尋ねたところ、「遅れている」が45%、「進んでいる」が29%、「変わらない」が36%となり選手たちの調整の遅れが鮮明になりました。
「進んでいる」の理由としては「技術的に成長する時間があった」という声が多くあった一方で、「遅れている」と回答した競技の担当者のすべてが「実戦経験の不足」をあげ、それ以外にも、「練習環境が十分確保できない」や、「トレーニング不足からけが人が出ている」といった回答もありました。
新型コロナウイルスの影響で国際大会に参加できず実戦経験やトレーニングが不足する中で、半年後の大会本番に向けて選手の強化や調整をどのように進めていけるかが課題となっています。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210123/k10012829321000.html

都内の女の子 変異ウイルス感染 東京都 遺伝子解析進め警戒(23日)NHK

都内に住む女の子がイギリスで感染が広がっている変異した新型コロナウイルスに感染していることが22日確認され、厚生労働省が「市中感染の可能性がある」としていることをうけて、都は今後、変異ウイルスが広がる可能性も視野に入れて、陽性と判定された一部の検体の遺伝子解析を進め、警戒を続けることにしています。
イギリスで感染が広がっている変異ウイルスへの感染が確認されたのは、都内に住む10歳未満の女の子です。
新型コロナウイルスへの感染が確認されている都内の40代の男性の濃厚接触者で、2人とも海外への渡航歴はなく、厚生労働省は「市中感染の可能性がある」としています。
都は、12月以降、新型コロナウイルスへの感染が確認された1400人余りの検体を調べていますが、女の子のほかに変異ウイルスは検出されていないということです。
都は、「市中で変異ウイルスが広がっていることは今のところ確認されていない」としていますが、広がる可能性も視野に入れて、都内の保健所から持ち込まれ陽性と判定された検体の遺伝子解析を進め、警戒を続けることにしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210123/k10012829331000.html

慰安婦訴訟、判決確定 日本政府に賠償命令―韓国(23日)時事

【ソウル時事】日本政府に元慰安婦への賠償を命じた韓国地裁判決は、日本側が控訴せず、23日午前0時(日本時間同)に確定した。今後は日本政府の韓国内資産の差し押さえ手続きが焦点となる。原告側が手続きを強行すれば、日本側が対抗措置を講じ、両国間の緊張が再び高まる恐れもある。
 ソウル中央地裁は8日、元慰安婦らの訴えを全面的に認め、請求通り1人1億ウォン(約940万円)の支払いを命じる判決を言い渡した。日本政府が判決文を受け取ったと見なす「公示送達」の効力も9日に発生していた。
 日本政府は、国家は他国の裁判権には服さないとする国際法上の「主権免除」の原則を理由に「訴訟は却下されるべきだ」(菅義偉首相)と主張し、判決は「断じて受け入れられない」と韓国に抗議した。国際法に照らし判決には縛られないとの立場から、控訴しない考えも明らかにしていた。
 文在寅大統領は18日の記者会見で、判決について「困惑した」と述べた上で、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」をうたった2015年末の日韓合意を「政府間の公式合意だ」と確認した。元慰安婦が「同意できる解決策」を探るための日韓協議を呼び掛け、外交を通じた問題解決も訴えた。
 ただ、日本政府は「国際法違反を是正する適切な措置」を韓国側がまず講じるよう要求している。判決確定を前提に交渉を呼び掛ける韓国政府の姿勢に、日本側で不満が高まるのは必至だ。
 原告側弁護士は「強制執行可能な資産を把握できていない」と述べており、差し押さえ手続きに早期に着手する気配はない。だが、こうした動きが表面化すれば、日韓両政府の対立が一段と深刻化する事態は避けられない。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021012201087&g=soc

五輪サイバー攻撃に懸念 ロシアの報復警戒―大会・国民生活に影響(23日)時事

延期された東京五輪・パラリンピックの開幕予定日が半年後に迫り、日本へのサイバー攻撃が活発化するのではないかという懸念が再び高まっている。英政府は昨年10月、ロシアの情報機関が東京大会の関係団体を標的にしていたと発表。ロシアは組織的ドーピングをめぐって選手団が五輪から排除されており、報復目的の妨害が仕掛けられれば、国民生活にも影響が出かねない。
 ◇本番の準備?
 「東京で夏に開催されるはずだった大会の関係当局者・組織を狙うサイバー偵察が活動に含まれていた」
 英政府は当時の発表で、異変があったのは延期が昨年3月に決まる前のことで、ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)の「偵察」だったと指摘。大会期間中に本格的な攻撃を行うための準備の可能性を示唆した。
 2018年平昌冬季五輪では開会式当日にサイバー攻撃が発生。中国や北朝鮮を装い、事前に「オリンピック・デストロイヤー」と呼ばれるマルウエア(悪意あるソフト)がばらまかれ、チケット印刷を含む運営システムに影響が出た。
 英政府の発表と同じ日に米司法省は、平昌大会の攻撃などに関与したとして、GRU「74455部隊」の6人が起訴されたと発表。「ロシアほど悪意を持ち無責任にサイバー能力を武器化した国はない」(司法省高官)と非難した。
 GRUは、1940年代に日本で逮捕・処刑されたスパイのゾルゲで知られる軍の情報機関で、旧ソ連国家保安委員会(KGB)後継機関より強大だ。2016年の米大統領選に介入したと指摘され、18年にGRUの12人が起訴。ただ、ロシアは「(米国の)臆測だ」(プーチン大統領)と事件への関与を否定している。
 ◇ワクチン情報も
 五輪はサイバー攻撃と隣り合わせだ。平昌大会以外にも、12年ロンドン大会で電力システムが標的になったとされ、リオデジャネイロ大会があった16年に世界反ドーピング機関(WADA)が情報を盗まれた。
 「攻撃が東京大会の妨害に用いられた場合、大会にとどまらず、国民生活に深刻な影響が及びかねない」。日本の公安調査庁は20年版報告書で警鐘を鳴らした。
 標的は五輪にとどまらない。英政府の昨年7月の発表では、KGB系の情報機関とつながりがあるとされるハッカー集団「APT29」が、米英などが開発する新型コロナウイルスのワクチン情報を狙っていた。
 この集団は、米政府機関を数カ月間ハッキングし、職員のメールを監視していると昨年12月に伝えられ、激震が走った。バイデン大統領は就任前から「政府のあらゆるレベルでサイバーセキュリティーを最優先する」と身構えている。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021012200732&g=soc

北陸新幹線加賀トンネルひび割れ拡大 開業遅れの一因、追加対策を検討(23日)共同

北陸新幹線金沢―敦賀間で、地盤膨張の対策工事が行われている福井・石川県境の加賀トンネル(延長5・5キロ)で、膨張によるひび割れが拡大していることが1月22日、明らかになった。建設主体の鉄道建設・運輸施設整備支援機構は「今後の調査結果を踏まえ、対策工事の範囲や全体工程への影響を検討する」としている。
 開業が2024年春に遅れることを受け、国土交通省や鉄道・運輸機構、福井、石川県などが同日設置した「工程・事業費管理連絡会議」の初会合で、機構の湯山和利理事が報告した。
 最も工期が遅れている敦賀駅は大雪の影響で作業工程が一部変更されたが、全体工程に影響はないという。駅舎は21年11月着工、23年4月完成予定のスケジュールが示された。
 加賀トンネルでは、地盤の膨張で底部が押し上げられ、トンネル全体で計約1キロのひび割れがこれまでに発生。底部に長さ約12メートルの固定ボルトを打ち込み、地盤の変形を抑える工事を昨年8月から行っている。予定されたボルト1356本のうち、今月12日時点で723本を打ち終えた。
 ただ、北・南工区(計約3・1キロ)を再調査したところ、幅0・5ミリ以上のひび割れが新たに複数箇所で確認された。ひび割れの幅が広がっている所もあった。箇所数について鉄道・運輸機構は「(残る中工区の調査を終え)全体像をつかんだ上で正確な情報として提供したい」と説明した。
 今後は週1回のペースでひび割れの状況を計測し対策の必要性などを検討するとし、「最終的に(有識者でつくる)トンネル施工技術委員会に相談しながら進めたい」と話した。
 加賀トンネルに関しては昨年11月時点で、工期が10カ月以上遅れる恐れがあることが判明。その後、敦賀開業の1年遅れが正式に決まった。会合で石川県の中西吉明副知事は「23年度末までの開業に影響が生じないよう、検討や対策をしっかり行っていただきたい」と述べた。
 会合では、昨年末以降、福井県内の三つの工区で協力会社社員が新型コロナウイルスに感染し、作業が最大2週間程度中断したことも報告された。工程への影響はないという。福井県の中村保博副知事は「各方面から作業員が一つの現場に集中するので、隅々まで気を配り、感染拡大を食い止めていただきたい」と求めた。
 会議は工事の進捗(しんちょく)や事業費の執行状況を共有するのが目的で、年3~4回程度開催する。
https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1247144

療養中自殺リスク「見極め困難」 東京の30代女性、保健所に不安(23日)共同

東京都は22日午後、新型コロナウイルスに感染して自宅療養中に自殺した30代女性について、保健所による健康観察の際に不安を感じている発言があったと明らかにした。具体的な内容は説明していない。担当者は「一般的に感染者は不安を抱えており、自殺のリスクを見極めるのは難しい」との見解を示した。
 女性は「娘にうつしてしまったのではないか」と思い悩む内容のメモを残していた。都によると、今月に入って家庭内での感染が判明。発熱や喉の痛みがあり、基礎疾患がなく軽症のため自宅療養となった。健康観察では入院に至る体調の悪化がなく、亡くなる前日まで連絡が取れていたという。
https://this.kiji.is/725327443315785728?c=39546741839462401

« 2021年1月22日 (金) | トップページ | 2021年1月24日 (日) »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
フォト

留置所

無料ブログはココログ