カテゴリー

« 2021年1月21日 (木) | トップページ | 2021年1月23日 (土) »

2021年1月22日 (金)

2021年1月22日 (金)

女性5人に体液かけた疑い 神奈川県警巡査を停職6カ月の懲戒処分(22日)産経

神奈川県警監察官室は22日、女性のバッグに体液をかけるなどしたとして、器物損壊などの疑いで、第1機動隊所属の男性巡査(27)を書類送検するとともに、停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。男性は同日付で依願退職した。
 書類送検容疑は昨年2月2日、JR横浜駅構内で20代の女性が持つバッグと女性の足に、プラスチック容器に入れた自身の体液を付着させたとしている。
 同室によると、男性は昨年2月に東京都品川区のJR大井町駅構内で、同じく20代女性のバッグに体液を付着させたとして、同年10月15日に警視庁に逮捕されていた。その後、男性は同年2月から10月までの間、都内や神奈川県内で、別の女性5人に同様の犯行を繰り返していた疑いが判明。男性は取り調べに「体液をかけるわいせつ動画を見て、自分でもできるのではないかと思った」などと供述したという。
 重江光一同室長は「職員の綱紀粛正に努める」とのコメントを発表した。
https://www.sankei.com/affairs/news/210122/afr2101220014-n1.html

千葉刑務所でクラスター発生 受刑者ら46人感染 新型コロナ(22日)NHK

千葉市にある千葉刑務所で受刑者と刑務官合わせて46人の感染が確認され、市は感染者の集団=クラスターが発生したと発表しました。
千葉市や千葉刑務所によりますと、千葉刑務所では今月8日に刑務官の感染が確認されて以降、20日までに刑務官7人と受刑者5人の感染が判明しました。
このため、感染した刑務官との接触や発熱などの症状があった人を対象にPCR検査を行った結果、21日、新たに20代から70代の受刑者34人の感染が確認されたということです。
これで感染が確認された刑務官や受刑者は合わせて46人となり、市は22日、クラスターが発生したと発表しました。
いずれも症状は軽症か無症状だということです。
千葉刑務所は感染が確認された受刑者の面会は原則、停止するほか、刑務作業は一部を除いて取りやめています。
千葉刑務所によりますと、感染した受刑者の中に直近2週間以内に収容された人はいないということで、刑務官から感染が広がったとみて感染経路を調べています。
千葉刑務所は「ウイルス検査を積極的に実施するなど引き続き、所内の感染の拡大防止に向けて全力で取り組んでいきたい」とコメントしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210122/k10012828821000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_014

特措法改正案 日弁連反対声明「感染者の差別助長のおそれ」(22日)NHK

新型コロナウイルス対策として、政府が入院を拒否した患者に罰則を科す方針などを示していることについて、日弁連=日本弁護士連合会は「感染者などへの差別や偏見が一層助長されるおそれがある」などと反対する声明を出しました。
政府が22日、閣議決定した感染症法と特別措置法の改正案では、入院を拒否した患者に1年以下の懲役か100万円以下の罰金、営業時間の変更などの命令に応じなかった事業者に最高で50万円以下の過料を科すことなどが盛り込まれています。
これに対し、日弁連は22日、都内で会見を開き、荒中会長の声明を発表しました。
声明ではまず感染症法の改正案について、対象者の範囲が不明確で不公平な刑罰の適用につながるおそれが大きく、安易に刑罰を導入すれば感染者などへの差別や偏見が一層助長されるおそれがあるなどとしています。
また、特別措置法の改正案についても、要件などが不明確で恣意的に運用されるおそれがあるうえ、経営環境の悪化で休業できない事業者の暮らしや命さえ奪いかねないと指摘しています。
そのうえで感染拡大を防ぐには、安心して入院治療や保健所の調査を受けられる体制の構築や事業者への正当な補償こそが必要不可欠だなどとして抜本的な見直しがされないかぎり、改正案に強く反対すると訴えています。
会見した日本弁護士連合会人権擁護委員会の川上詩朗委員長は「感染するのではないかという不安は差別や偏見も生み出してしまう。感染者は保護されるべき存在だということを軸に考えるべきで、差別の原因となる不安を取り除く取り組みが求められている」と述べました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210122/k10012828851000.html

東京の女児が変異種感染 「市中感染」疑い―厚労省(22日)時事

厚生労働省は22日、海外滞在歴がない東京都居住の10歳未満の女児から、新型コロナウイルスの変異種が検出されたと発表した。女児は都内で陽性が確認された40代男性の濃厚接触者で、この男性からうつったとみられる。男性が変異種に感染しているかは検査中だが、海外滞在歴や入国者との接触はないといい、厚労省は市中感染の疑いがあるとみて調べている。
菅首相、コロナ変異種「全国で監視強化」 医療機関向け交付金迅速化

 女児が感染した英国型変異種は従来種よりも感染力が70%高いとされ、市中感染の疑い例は、静岡県内でも見つかっている。都内では新規感染者が高水準で推移しているが、厚労省の担当者は「現時点では都内で変異種感染が拡大しているとは考えていない」としている。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021012201124&g=soc

高3男子いじめ自殺 学校側に2600万円の賠償命令 福岡地裁(22日)西日本

福岡県内の私立高3年の男子生徒=当時(18)=が2013年に自殺したのは、学校側が同級生のいじめへの対応を怠ったためだとして、遺族が高校を経営する学校法人に約9500万円の損害賠償と謝罪文の校内掲示を求めた訴訟の判決が22日、福岡地裁であった。小野寺優子裁判長は「適切に対応していれば自殺を防ぐことは可能だった」として、約2643万円の賠償を命じた。
 判決で小野寺裁判長は、同級生のいじめは1年時に始まり、2年時からは暴力を伴うものになったと認定。「精神的に追い詰められ、現実から逃れる手段として自殺したと認めるのが相当」と、いじめと自殺の因果関係を認めた。
 学校側の対応については、2年時に体のあざから自殺未遂を疑ったり、実際にいじめを見たりした教諭2人が積極的に対応しなかったとした上で「いじめ問題への感受性が鈍く、教職員の意識が十分に養われていたとは言いがたい」と批判。学校と教諭2人には安全配慮義務違反があったとした。遺族が名誉回復のために求めた謝罪文については「社会的名誉が毀損(きそん)されたとは言えない」として退けた。
 いじめをした元同級生8人は謝罪し、解決金を支払うことで全員がこの裁判で和解。判決後に記者会見した父親(67)は「全てではないが、胸の内を認めてもらった判決。二度と同じようなことが起きないことを願う」と語った。学校法人は弁護士を通じて「判決を重く受け止め、いじめ防止に引き続き取り組む」とコメントした。
 いじめを巡っては、同級生7人が暴力行為法違反の疑いで福岡家裁に送致され、家裁は14年8月、非行内容を認めた上で不処分とした。学校側設置の第三者委員会は15年3月、14件の行為をいじめと認め「自殺との因果関係は明白」としていた。 (森亮輔)
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/683936/

「多忙」「お金ない」… 交通違反未出頭、65人摘発 県警(22日)共同

神奈川県警は、交通違反で再三の呼び出しを受けながら長期にわたって応じない未出頭者について、2020年に行った強制捜査の結果を公表した。65人(男性55人、女性10人)を摘発し、うち51人(男性44人、女性7人)を道交法違反容疑で逮捕した。
 県警交通指導課によると、摘発された人の違反種別では、通行禁止19人、携帯電話使用14人、一時不停止14人、信号無視7人、速度超過6人など。未出頭の理由は「多忙」が最も多く、「お金を用意できない」「忘れていた」などが目立った。「放っておいても逮捕されることはないと思った」と話す人もいたという。
 所在不明などになっている摘発対象者もおり、県警は「徹底的に捜査し、逃げ得は許さない」としている。
https://www.kanaloco.jp/news/social/article-375439.html

空自のスクランブルが544回  昨年4~12月、対中国が最多(22日)共同

防衛省統合幕僚監部は22日、領空侵犯の恐れがある外国機への航空自衛隊戦闘機の緊急発進(スクランブル)が、昨年4~12月は、前年同期から198回減少の544回だったと発表した。
 防衛省によると、対中国が国別で最多の331回に上ったが、前年同期から192回の大幅減で全体の減少につながった。対ロシアは10回減の206回。防衛省は、中国の動向に関し「範囲が拡大し、長距離・長時間の飛行も確認している。活発化の傾向に変わりはない」と説明している。
 全国に四つある空自の航空方面隊ごとの回数は、南西航空方面隊が284回で最多。
https://this.kiji.is/725306182895648768?c=39546741839462401

韓国、海保測量船に調査中止要求 日本側、正当な活動と抗議(22日)共同

海上保安庁は22日、長崎県の男女群島・女島西方の東シナ海で海洋調査中の海上保安庁の測量船「拓洋」が、韓国海洋警察庁の船から中止要求を受けたと発表した。日本側は、日本の排他的経済水域(EEZ)での正当な活動だとして、外交ルートで韓国に抗議した。
 海保によると、22日午前6時20分ごろ、女島の西方約163キロで、韓国海洋警察庁の船から無線で「韓国の管轄する海域で、調査は違法だ」と中止要求があった。要求は断続的に繰り返された。
 海保の調査は1月に開始し、2月までの予定。海保側は無線で日本のEEZ内での正当な調査と応答し、予定通り続けるとしている。
https://this.kiji.is/725288746068312064?c=39546741839462401

時短応じない店に警察官も訪問 埼玉県職員に同行を検討(22日)共同

埼玉県の大野元裕知事は22日の新型コロナウイルス対策本部会議で、営業時間の短縮要請に応じない飲食店に対し、県警と連携して協力を呼び掛けると明らかにした。県によると、警察官が県職員と一緒に飲食店を訪れる手法を検討している。
 県は全飲食店を対象に午後8時までの営業時間短縮を要請。18~21日に県内6カ所で調査した結果、調査対象の3%に当たる18店舗が要請に応じず営業していた。
https://this.kiji.is/725314081825636352?c=39546741839462401

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(20、21日 単位・レベル)
なんでもあり
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20210122205201 Img_20210102_131142_20210122205201  テレビ番組などで新型コロナウイルス感染問題について情報発信している医師の務める病院にカッターの刃が郵送されたり、感染したあと自宅で療養していた東京都内の30代の女性が「自分のせいで迷惑をかけてしまった」などと書いたメモを残して自殺した。
 見てください。新型コロナウイルス禍関連の事件です。
 殺人から強盗、暴行、傷害、脅迫、窃盗、誘拐、給付金詐欺から不正受給、暴力団がらみ事件など「なんでもあり」です。しかも加害者も被害者も大人から子供、老若男女関係なんか関係ないというのです。職業でみても会社員から店員、国家公務員、自治体職員から放射線技師、税理士、学生、はては暴力団員まで様々。
★倉持さん病院にカッター刃 コロナ情報発信で脅迫か(22日)共同
★「自分のせいで周りに迷惑」 コロナ感染 自宅療養の女性が自殺(22日)NHK
★共通テストで“鼻マスク” 受験生を不退去の疑いで逮捕 警視庁(19日)NHK
★不明女性分のコロナ給付金詐取か 殺人罪で起訴の夫を再逮捕へ(20日)共同
マスクしていないと注意したらスプレーかけられ 男逃走(3日)朝日
コロナの換気巡りトラブル 暴行疑いで放射線技師を逮捕(21日)産経
コロナで失職、強盗未遂疑い逮捕 東京・台東のコンビニ、42歳男(4日)共同
★「コロナのアンケート」自治体職員装い強盗、容疑で男2人逮捕(25日)産経
★強盗「コロナで勤務先閉店」 名古屋の郵便局、24歳男起訴(17日)共同
コロナで時短営業の店舗に盗みか(15日)NHK
★「コロナで万引きやりづらく金のためなら何でも」ひったくり少年2人逮捕(17日)TBS★「コロナで休みになり暇」暴走疑いで高校生ら17人摘発 大阪(3日)産経
★少女誘い出す「神待ち」投稿、コロナ禍の4月に増加(26日)朝日
★「コロナで営業してない」バイトの19歳、うそで客横取りか(14日)産経
★車盗んだ疑いで中学生逮捕 新型コロナで休校中、運転も(14日)朝日
★新型コロナ給付金虚偽申請 余罪含め1億3000万円不正受給か(19日)TBS
コロナ禍で支給の持続化給付金100万円をだまし取る 容疑の親子逮捕「行田の建設会社に誘われて」/県警(8日)共同
★国立印刷局、4人を懲戒免職 コロナ給付金不正受給(25日)時事
★不正受給摘発が2億円超え 新型コロナ持続化給付金で警察庁まとめ(24日)TBS
★元KFC店長の男 特殊詐欺で逮捕「コロナで休業増え収入が激減」(27日)TBS
コロナ補助金巡り北九州市の施策悪用 福岡県警、2容疑者逮捕(8日)西日本
★新型コロナ給付金詐取疑い、西宮市職員ら逮捕(29日)産経
★「コロナ対策で税金変わる」 詐欺未遂容疑で男逮捕 群馬(15日)産経
コロナ給付金不正で5億円取得か 那覇の税理士 虚偽申請1800件(10日)共同
コロナ給付金詐取疑い逮捕、京都 総額4億円超か(9日)共同
コロナ下の接待を伴う飲食店で16万5千円分無銭飲食 千葉で男逮捕(21日)産経
★狙われる高齢者 コロナ給付金詐欺急増(30日)産経
★「給付金振り込むので…」コロナ便乗詐欺 全国の被害 8400万円(17日)NHK
コロナでホストクラブ潰れ、窃盗で逮捕(9日)TBS
★「コロナで入国?」 国際ロマンス詐欺、見抜いた眼力(13日)朝日
★「友人がコロナに感染」と詐欺 京都府警が男逮捕―息子装い1000万円(9日)時事
コロナで「バイトできず」特殊詐欺「出し子」容疑で逮捕(29日)産経
★「コロナの件で給付金が出ます」「振り込むから口座番号を教えてください」 熊本県警人吉署管内で不審電話(21日)西日本
★ 新型コロナ対策の貸付金10万円詐取、容疑の無職男逮捕(14日)産経
GoTo地域共通クーポン、1千枚盗まれる 静岡・下田(15日)朝日
★ 暴力団に店提供、経営者勧告 「コロナ禍で歓迎」―愛知県公安委(14日)時事
★暴力団員の身分隠してコロナ貸付金申請 容疑の男逮捕 埼玉(20日)産経
  首都・東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

201912031_20210122210601

 

 

 

 

 

社債“詐欺”「絶対損しない」、銀行が通報し被害防ぐ(21日)TBS
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4179561.html

★給付金詐取疑いで男女3人逮捕 埼玉県警 (21日)産経
★印西市で行方不明女性の給付金詐取か 殺人罪で起訴の夫逮捕(21日)TBS
★横浜で特殊詐欺被害 高齢女性がキャッシュカードだまし取られる (21日)産経
★死体遺棄事件がきっかけ 特殊詐欺グループ13人目逮捕(20日)朝日
★高齢男性からキャッシュカードをだまし取るなどした疑い 男逮捕 (19日)産経
.★新型コロナ給付金虚偽申請 余罪含め1億3000万円不正受給か(19日)TBS
★仮想通貨事業装い現金詐取、容疑で5人逮捕 (18日)産経
★【特殊詐欺情報】越前市 1月18日 警察官かたる男「名義貸しでトラブル」か(18日)共同
★うその融資話で約2000万円だまし取る 経営コンサルら逮捕(18日)TBS
★長崎県内 特殊被害1億1226万円 2020年、認知件数は38件 (16日)共同
★【独自】「品川署捜査2課です」警察官騙り女性からキャッシュカードだまし取る (15日)TBS

東京都 新型コロナ 1175人の感染確認 1000人超は10日連続(22日)NHK

東京都は、22日午後3時時点の速報値で、都内で新たに1175人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。
1日の感染の確認が1000人を超えるのは10日連続です。
これで都内で感染が確認されたのはあわせて9万1834人になりました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210122/k10012828021000.html

マンションに大麻工場? 「地産地消」の広がりに警戒感(22日共同)

マンションで大麻を栽培したとして、愛知県警東海北陸厚生局麻薬取締部名古屋市昭和区広見町1丁目、無職千賀慎介容疑者(38)を大麻取締法違反(営利目的栽培)の疑いで現行犯逮捕し、22日に名古屋地検に送検した。認否は明らかにしていない。
 県警は千賀容疑者がマンションを「大麻工場」にし、販売目的で栽培していたとみて調べている。
 発表によると、逮捕容疑は20日、同市中川区マンションの一室で大麻草1株を栽培したというもの。県警は千賀容疑者が立ち寄っていた中川区と港区の計3カ所のマンションから大麻草120株、栽培のための照明器具や換気装置、乾燥大麻の袋などを押収した。県警が摘発した栽培株の押収量としては過去1年間で最多という。

栽培方法を紹介する動画、数多く投稿

スーパー置引に無罪、神戸地裁 高齢男性の被告に「故意ない」(22日)共同

神戸市のスーパーで昨年6月、商品券などが入った他人の紙袋を置引したとして窃盗罪に問われた自営業の男性被告(80)に、神戸地裁(岡本康博裁判官)は22日、「窃盗の故意があったとは推認できない」として無罪判決を言い渡した。求刑は懲役2年。
 男性は昨年6月20日、9万9千円分の商品券やサプリメントなどが入った紙袋を盗んだとして、昨年7月、神戸地検に起訴された。
 判決によると、男性はスーパーでコピー機を使う際、別の客に順番を譲り、その客が持って来た買い物カートを持ち去った。カートには客の紙袋が残され、男性はしばらく店内にとどまった後、紙袋を持ち店を出た。
https://this.kiji.is/725213246234771456?c=39546741839462401

覚醒剤8キロ 5億円相当 タイから密輸か 群馬の夫婦を逮捕(22日)NHK

ヘアワックスの容器に覚醒剤8キロ、末端の密売価格でおよそ5億円相当を隠してタイから密輸したとして、群馬県の夫婦が逮捕されました。調べに対し、容疑を否認しているということです。
逮捕されたのは、群馬県みどり市の自称自営業、星野健容疑者(42)と妻で会社役員の沙姫容疑者(29)です。
警視庁によりますと、今月10日、ヘアワックスの容器16個に覚醒剤8キロ、末端の密売価格でおよそ5億円相当を隠してタイから密輸したとして、覚醒剤取締法違反の疑いが持たれています。
成田空港に到着した国際郵便に覚醒剤の反応が出たため税関が調べたところ、ヘアワックスの容器が上げ底になっていて、中に覚醒剤が隠されていたということです。
送り先の住所などから容疑者が特定されたということで、2人は調べに対し、いずれも「身に覚えがない」などと容疑を否認しているということです。
警視庁が密輸ルートや組織的な背景などを詳しく調べています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210122/k10012827741000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_011

北海道 新型コロナ 5人感染確認 道内延べ1万6334人に(22日)NHK

北海道函館市は、新たに5人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。これで道内の感染者は延べ1万6334人となりました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210122/k10012827991000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

香川県 新型コロナ 2人死亡 11人感染確認 県内計578人に13時54分

新潟県 新型コロナ 23人感染確認 県内計831人に13時51分

徳島県 新型コロナ 新たに12人感染 県内計350人に13時51分

岡山県 新型コロナ 14人感染確認 県内延べ2197人に14時49分

濃厚接触者の95%余 10日以内に発症 東京の保健所などが分析(22日)NHK

新型コロナウイルスの家庭内感染のケースについて東京の保健所などが分析したところ、濃厚接触した人の95%余りは最初の感染者が発症してから10日以内に発症していたことが分かりました。ほとんどのケースで発症は10日以内のため、現在、濃厚接触者に求めている14日間の行動制限を10日間に短縮することが可能だとしています。
東京・港区のみなと保健所や千葉大学などのグループは、去年4月から11月までの8か月間に症状が出た感染者1606人のうち、同じ住所で続けて発症した人のデータを分析しました。
その結果、117人が発症したあとで同じ住所の140人が発症していて、このうち7日以内に89.2%にあたる125人、10日以内に95.7%にあたる134人が発症していました。
そして、14日以内には1人を除いたすべての人が発症していました。
現在、感染者に濃厚接触した人は接触から14日間、自宅での待機など行動制限が求められる一方、患者本人は発症から最短10日間で感染力がほぼなくなるとして制限が解除されています。
アメリカのCDC=疾病対策センターは濃厚接触者の隔離期間を長い場合でも10日間としていて、研究グループはほとんどのケースで濃厚接触者の発症は10日以内のため、行動制限の期間は10日間に短縮できるとしています。
みなと保健所の松本加代所長は「感染拡大のなか、多くの濃厚接触者に長期間の自宅待機が求められるのは社会への影響も大きく、追跡調査を行う保健所の負担も大きい。自宅待機の期間の短縮を国は検討すべきだ」と話しています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210122/k10012827921000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

新500円硬貨 発行延期の方向で検討 政府(22日)NHK

政府は、新年度・2021年度の上半期をメドに発行を予定していた新しい500円硬貨について、新型コロナウイルスの感染拡大で関連する機械の改修作業に影響が出ているとして、発行を延期する方向で検討していると発表しました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210122/k10012827521000.html

尖閣周辺に中国船 5日連続(22日)産経

尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海外側にある接続水域で22日、中国海警局の船4隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは5日連続。

 第11管区海上保安本部(那覇)によると、1隻は機関砲のようなものを搭載。領海に近づかないよう巡視船が警告した。
https://www.sankei.com/affairs/news/210122/afr2101220006-n1.html

【独自】銭湯でわいせつ行為の男性2人を書類送検 被害相次ぎ貼り紙も(22日)TBS

東京・渋谷区の銭湯でわいせつな行為をしていたとして、同性愛者の男性2人が書類送検されました。
 公然わいせつの疑いで書類送検されたのはいずれも30代の男性2人で、去年11月、渋谷区にある銭湯でおよそ20分間にわたってわいせつな行為をしていた疑いがもたれています。2人はいずれも同性愛者で、面識はなく、当日、現場の銭湯で知り合ったということです。
 「現場はこの露天風呂なんですが、当時こちらのドアが開いていて、中には15人ほどの客がいたということです」(記者)
 現場の銭湯はインターネット上で“同性愛者の出会いの場”などと書かれ、同様の行為が相次いでいるといいます。
 「ここ4、5年で40回くらい(警察に)通報している。ここで70年間、風呂場をやっているので、どこにも行けない。こういうレッテルを貼られている、ネットをたたけばすぐ出てくる」(銭湯の店長)
 この銭湯では「モラル・節度のないLGBTのお客様のご入浴お断り」と貼り紙をして、注意を呼び掛ける事態となっています。
 「LGBT、同性愛者の方、全てが悪いわけではないと思う。応援している人を裏切るような行為をする方もいるので、それは本当にやめてもらいたい。安心して(風呂に)入ってもらいたい。ただそれだけ」(銭湯の店長)
 書類送検された2人は容疑を認めたうえで、「貼り紙を見て店が迷惑していると十分理解しているが、誘惑に負けてしまった」などと話しているということです。
 性的マイノリティへの理解を促進する活動を行う松中権さんは、「同性愛者、異性愛者問わず、誰かに対する呼びかけではなくそもそも『この行為をやめてほしい』という呼びかけであってほしい」と話しています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4180358.html

コロナ影響 ゲームセンター閉店相次ぐ 今後も経営難続くか(22日)NHK

新型コロナウイルスの影響で、利用客が減少している東京都内のゲームセンターは、閉店が相次いでいます。緊急事態宣言の中でも協力金はなく、業界団体では今後も経営難が続くとみています。 40年以上、新宿駅西口で営業を続けてきた老舗のゲームセンター、「ゲームスポット21」は今月20日に閉店しました。
この店には50台以上のゲーム機があり、家庭用ゲーム機やスマートフォンのゲームに押されながらも、常連客や息抜きに訪れるサラリーマンなどに支えられてきましたが、感染拡大を受けて売り上げは以前の2割ほどに落ち込みました。
そのため去年の秋には閉店が決まり、2回目の緊急事態宣言が出されことを受けて、閉店日を1週間ほど前倒ししたということです。 最後の営業日には常連客が訪れてお気に入りのゲームを楽しみ、閉店時間を迎えると従業員と声をかけあいながら別れを惜しんでいました。
子どものころから利用してきた40代の男性は、「ついにここもかという印象です。すごく寂しいです」と話していました。
ゲームスポット21の市来直毅店長は、「もう少し頑張ることができるかと思いましたが力不足でした。残念です」と話していました。
ゲームセンターの運営企業やメーカーで作る日本アミューズメント産業協会によりますと、感染拡大のあと新宿や秋葉原などを中心にゲームセンターの閉店が相次いでいるということで、今月の緊急事態宣言では、飲食店に出されている協力金などの行政の支援はなく、協会は今後も経営難が続くとみています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210122/k10012827771000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

政府 コロナ特措法など改正案決定 応じない事業者に行政罰も(22日)NHK

新型コロナウイルス対策の実効性を高める必要があるとして、政府は、22日の閣議で特別措置法や感染症法などの改正案を決定しました。閣議で決定されたのは、新型コロナウイルス対策の特別措置法と感染症法、それに検疫法の改正案です。
特別措置法の改正案では、緊急事態宣言の前でも集中的に対策を講じられるよう「まん延防止等重点措置」を新たに設けるとしています。
そのうえで、対象地域の自治体の知事が事業者に対し、営業時間の変更などを要請し、応じない場合は、命令ができるとしているほか、立ち入り検査なども可能にするとしています。
命令に応じない事業者には行政罰としての過料を科し、宣言が出されている場合は50万円以下、宣言前の「重点措置」の場合は30万円以下とし、立ち入り検査を拒否した場合も20万円以下の過料を科すとしています。
一方、営業時間短縮などの影響を受けた事業者を支援するため、政府と自治体が、必要な財政上の措置を講じることを明記しています。
感染症法の改正案では、感染者に対し知事が宿泊療養などを要請できる規定を新たに設け、入院を拒否した人には1年以下の懲役か100万円以下の罰金の刑事罰を科すなどとしています。
一方で、厚生労働大臣や知事が医療機関に対し、感染者の受け入れなど協力を勧告できるとし、正当な理由がないのに従わなかった場合は、医療機関を公表できるとしています。
検疫法の改正案では、海外から入国する人に原則14日間、自宅待機などの協力を要請し、応じない場合には施設への「停留」を可能にし、これに従わない場合には1年以下の懲役か100万円以下の罰金を科すなどとしています。
政府は、こうした改正案を来月はじめに国会で成立させたい考えです。

特措法改正案の内容

 

新型コロナウイルス対策の特別措置法の改正案の主な内容です。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210122/k10012827491000.html

20年の自殺者2万919人 前年から増加、警察庁統計(22日)共同

2020年の自殺者が2万919人に上ったことが22日、警察庁の自殺統計(速報値)で分かった。新型コロナウイルスの感染が拡大した昨年は、10年連続で減少していた19年の確定値から750人増加(対前年比3.7%増)。男女別では、男性は11年連続で減少となった一方、女性は増加に転じ、過去5年で最多に。女性の自殺者増が顕著な上に、小中高生は同様の統計のある1980年以降で最多となった。
 データを分析した厚生労働省自殺対策推進室は「厳しい状況だ。コロナ禍がさまざまに影響している可能性がある。政府として経済や生活の支援に加え、相談窓口を拡充したい」としている。
https://this.kiji.is/725153481601236992?c=39546741839462401

機内でマスク着用拒否の男を起訴 ピーチ機運航妨害の罪(22日)共同

ピーチ・アビエーション機内でマスク着用を拒否してトラブルとなり、運航を妨げたなどとして逮捕された元明治学院大非常勤職員奥野淳也容疑者(34)=茨城県取手市=について、大阪地検は22日、威力業務妨害と傷害、航空法違反の罪で起訴した。
 捜査関係者によると、証拠隠滅や逃亡の恐れがある上、トラブルを起こした動機を解明する必要があるなどとして、大阪府警は19日、奥野被告を逮捕、自宅を家宅捜索したが、同被告は容疑について認否を留保し「ブログを読んでください」などと話すだけだった。
 送検後は黙秘。検察側はこれまでの捜査で立件に十分な証拠が集まったと判断したとみられる。

https://this.kiji.is/725193494272884736?c=39546741839462401

近づく電車、倒れた男性の足が枕木の上に…夫婦が線路転落を目撃・救出(22日)読売

電車が近づくJR青梅線の線路内に転落した男性を助けた、東京都青梅市西分町の押切孝蔵さん(78)と愛子さん(76)夫妻に21日、青梅消防署から感謝状が贈られた。
 現場近くでヘアサロンを営む2人は昨年12月23日夜、線路沿いの道を散歩中、前を進んでいた自転車の男性がガードレールにぶつかって、130センチほど下の線路内に転落するのを目撃した。
 男性は枕木の上に足を投げ出して倒れた状態で、現場に駆け寄った2人は男性に声をかけ、手を引っ張って道まで引き上げた。その際、そばの踏切の警報機が鳴り出し、孝蔵さんが緊急停止ボタンを押して電車を止め、110番通報をして助けを求めた。
 感謝状を受け取った愛子さんは「無我夢中だった。私たちだけでなく、中学生ぐらいの男子2人も手伝ってくれた」と言い、孝蔵さんは「私の横を通り抜けた自転車が転落して驚いた。大きな事故にならなかったのはよかった」と話した。
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0122/ym_210122_6732944026.html

「練習のため」バイクで集団暴走容疑 55歳男ら逮捕(22日)朝日

群馬県警は20日、大型バイク5台で集団暴走したとして、群馬、茨城、栃木3県に住む27~55歳の会社員や運送業の男5人を道路交通法違反(共同危険行為等の禁止)の疑いで逮捕し、発表した。「サーキットで走る練習のため」「爽快感を求めた」「スリルを味わうため」などと4人は容疑を認め、50歳の男が容疑を否認しているという。
 交通指導課によると、5人は共謀の上、昨年10月4日午前9時25分から約20分間、群馬県沼田市赤城山中の県道5キロを大型バイク5台(いずれも1千cc)を連ねながら高速で往復し、他人に著しい危険や迷惑を与える集団暴走をした疑いがある。
 現場は片側1車線でカーブが連続する区間。情報を寄せられた県警が、昨夏ごろから動画を撮影するなどして捜査してきたという。
https://www.asahi.com/articles/ASP1P7TSGP1PUHNB00M.html

両親を殺害容疑の男性を不起訴処分(22日)TBS

埼玉県富士見市で両親を殺害したとして逮捕された男性について、さいたま地検は21日付で不起訴処分としました。
 埼玉県富士見市の無職の男性(37)は去年5月、自宅で父親を殺害した疑いで逮捕され、去年6月には母親を殺害した疑いで再逮捕されています。
 この男性について、さいたま地検は21日付で不起訴処分としました。不起訴処分の理由について、さいたま地検は明らかにしていません。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4179786.html

コインチェック暗号資産流出事件 数十人検挙 200億円分交換か(22日)NHK

3年前、いわゆる仮想通貨=暗号資産の大手交換会社「コインチェック」から580億円相当の暗号資産が流出した事件で、警視庁がこのうちおよそ200億円分について、不正に流出したと知りながら別の暗号資産との交換に応じたとして、数十人を検挙していたことが捜査関係者への取材で分かりました。一方、流出そのものに関わった人物の特定には至っていないということです。
3年前の2018年1月、暗号資産の大手交換会社「コインチェック」から「NEM」と呼ばれる暗号資産、およそ580億円相当が外部からの不正なアクセスを受けて流出し、その後、匿名性の高い闇サイトで通常より安い価格での交換が呼びかけられました。
犯罪で得た資金を合法的なものに見せかけるマネーロンダリング=資金洗浄が目的だったとみられていますが、警視庁が不正に流出したと知りながら別の暗号資産との交換に応じたとして、これまでに医師や会社役員など数十人を組織犯罪処罰法違反などの疑いで逮捕または書類送検していたことが捜査関係者への取材で分かりました。
合わせておよそ200億円分に上るということで、数十人は交換した「NEM」をそれぞれ国内外の取引所に持ち込み、換金するなどして多額の利益を得た疑いがあるということです。
一方、流出そのものに関わった人物の特定には至っていないということで、警視庁は引き続き、電子計算機使用詐欺などの疑いで捜査することにしています。

事件の経緯は

 東京 渋谷区にある大手交換会社「コインチェック」から「NEM」と呼ばれる暗号資産が流出したのは、3年前の2018年1月26日。
警視庁などによりますと、午前0時すぎからのわずか20分ほどの間に、当時、流通していたNEMの5%余りに当たるおよそ580億円相当が流出しました。
流出の3日前から2日前にかけて外部から不正なアクセスがあったことが確認されているということです。
さらに流出の10日余り後には匿名性の高い闇サイト「ダークウェブ」で「NEMを格安で別の暗号資産と交換する」という呼びかけが行われ、交換に応じる動きが相次ぎました。
これを封じ込めようと、シンガポールに本部がある推進団体の「NEM財団」は特殊な技術を使ってインターネット上で追跡を行うとともに、世界各国の大手取引所に対し、流出した暗号資産を犯人に換金させないよう呼びかけました。
しかし、流出したNEMが別の口座に複雑に分散されるなどして歯止めはかからず、NEM財団はおよそ2か月後に追跡を停止。
その後、全額が別の暗号資産に交換されたり、換金されたりしたとみられています。
警視庁は「コインチェック」からサーバーの通信記録の提供を受けて捜査を進めていますが、外部からの不正なアクセスは通信経路をたどれない特殊なソフトが使われたりするケースも多く、3年がたつ今も流出そのものに関わった人物の特定には至っていません。
一方、事件を受けて「コインチェック」は対策を強化し、暗号資産をすべて外部のネットワークから遮断した状態で管理するようにしたほか、セキュリティー対策の専門部署を設け、サイバー攻撃に備えた訓練を定期的に行っているとしています。
また、金融庁もおととし、資金決済法など関連する法律を改正し、外部のネットワークとつながった状態で暗号資産を管理している交換会社については、流出に備えて一定以上の暗号資産を安全に確保しておくよう義務づけるなど利用者保護の強化を図っています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210122/k10012827331000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_005

「自分のせいで周りに迷惑」 コロナ感染 自宅療養の女性が自殺(22日)NHK

新型コロナウイルスに感染したあと自宅で療養していた東京都内の30代の女性が自殺していたことが分かりました。残されていたメモには「自分のせいで迷惑をかけてしまった」などと書かれていたということです。
専門家は「自宅療養者は特に精神的な負担が大きいケースがあり十分なケアが必要だ」と指摘しています。
関係者によりますと今月、東京都内のマンションの部屋で30代の女性が死亡しているのが見つかりました。
女性は、新型コロナウイルスに感染したことが分かったあと自宅で療養していたということで、現場の状況からみずから命を絶ったことがわかりました。
残されていたメモには「自分のせいで周りに迷惑をかけてしまい申し訳ない」という内容が書かれていたということです。
女性は症状はほとんどありませんでしたが、周囲の人が感染したことについて「自分がうつしたかもしれない」などと悩んでいたということです。
関係機関が当時の詳しいいきさつなどについて調べています。

専門家「精神状態を把握しケアを」

 新型コロナウイルスの感染拡大による精神面への影響などについて調べている早稲田大学の上田路子准教授は、自宅療養者が増える中、対策が必要だと指摘しています。
上田准教授は「新型コロナウイルスに感染すると健康面への不安だけでなく、『自分が家族にうつしてしまうかもしれない』といった不安や『社会からバッシングを受けるのではないか』というさまざまな精神的な負担を感じるという人が多い。特に自宅療養者は自分の健康の心配をしながら家事などをしなければならないこともあり、さらに外部の人との交流も制限されるので精神的にかなり追い詰められているのではないか」と指摘しています。
そして「保健所などによる体調面のチェックだけではなく精神状態についてももっときめ細かく把握し必要に応じて対応をとるなど十分なケアが必要だ」と話しています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210122/k10012827321000.html

河井案里被告、失職濃厚に 連座制求める訴訟も―参院選買収(22日)時事

参院選をめぐる買収事件で有罪判決が言い渡された河井案里被告(47)は、失職する可能性が濃厚となった。刑が確定すると当選が無効となるほか、地元の広島で公設秘書の有罪確定に伴い連座制適用を求める行政訴訟も起こされており、検察側が勝訴すれば、自身の判決にかかわらず失職する。
 案里被告が控訴し、控訴審以降で無罪になった場合でも、夫の元法相克行被告(57)が選挙の総括主宰者に認定されて罰金刑以上が確定し、案里被告に連座制が適用された場合は、やはり失職することになる。
 案里被告の公設第2秘書(55)は、19年参院選で車上運動員に法定上限を超える報酬を支払った公選法違反(買収)罪で懲役1年6月、執行猶予5年の有罪判決が確定。広島高検は昨年12月、同秘書が陣営をまとめる「組織的選挙運動管理者」だったとして、案里被告に連座制の適用を求める行政訴訟を広島高裁に起こした。
 連座制訴訟はほとんどのケースで検察側が勝訴している。二審制のため、案里被告が今後、自身の裁判で控訴や上告をした場合、連座制訴訟の結果が先に確定する可能性が高い。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021012101049&g=soc

署名1370万筆、核禁止条約に力 被爆3世ら、新たな運動も―発効見届け活動終了(22日)時事

核兵器の保有や使用を禁止する核兵器禁止条約発効の背景には、若い世代を引き入れた新たな運動など被爆者の尽力があった。核廃絶や条約推進を掲げた「ヒバクシャ国際署名」は、昨年末の活動終了までに1370万2345筆を達成。キャンペーンリーダーを務めた長崎出身の被爆3世、林田光弘さん(28)=川崎市=は「署名が世界の指導者に、条約を作るべきだという確証を与えた」と語る。
 署名は2016年4月、被爆者の全国組織「日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)」などの呼び掛けで、被爆75年目の20年を目指し始まった。街頭やインターネットで募り、首長らも参加。被爆者が定期的に目録を国連に届けた。
 林田さんを中心に新たな運動も展開された。東京・渋谷のライブハウスで開いた被爆者とのお茶会や、コロナ禍を受けたオンライン被爆証言などには、多くの若者が参加した。インターネット交流サイト(SNS)での情報発信をはじめ、ロゴやポスターも作成。林田さんは「運動の裾野を広げたかった」と話す。
 条約は17年7月に採択。同12月には採択に貢献した核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)がノーベル平和賞を受賞し、授賞式には日本被団協の被爆者2人も招かれた。
 昨年10月に条約の批准国数が50に達し、署名は発効決定を見届け12月31日に終了した。最終集約は国連にメールで報告され、2月に署名連絡会も解散する。
 連絡会代表で、日本被団協代表委員の田中熙巳さん(88)=埼玉県新座市=は「署名は条約を推進した国々の励ましになった。核廃絶の精神が盛り込まれた条約だ」と喜ぶ。林田さんは発効を見ずに亡くなった被爆者を悼みつつ、「新しいスタートライン。被爆者運動を受け継いでいく」と気持ちを新たにした。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021012100813&g=soc

放置自転車提供で親善の証し 港区へカンボジアから勲章(22日)共同

発展途上国に放置自転車を無償提供している港区に対し、カンボジアから友好親善の証しとして勲章と感謝状が贈られた。
 区によると、区内で撤去される放置自転車は年間で六千台近くあり、このうち三千台程度は引き取りがない。このため、リサイクルと海外貢献を兼ねて二〇一六年度から引き取られない自転車を再整備。公益財団法人の自転車駐車場整備センターを通じ、発展途上国に贈っている。
 これまでにカンボジア、タイ、フィリピン、スリランカのアジア四カ国に約二千二百台を提供した。
 送り先はカンボジアが最多で約半数を占める。現地では子どもたちに贈られ、通学手段として使われているという。 (宮本隆康)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/81319?rct=t_news

「注意義務怠った」長野地検指摘 軽井沢バス事故で在宅起訴(22日)共同

長野県軽井沢町のスキーバス事故で長野地検は21日、業務上過失致死傷罪で在宅起訴した、バスを運行していた「イーエスピー」(東京都羽村市)社長高橋美作被告(59)と、当時の運行管理者荒井強被告(52)が「技量が不十分な運転手に必要な訓練をし、技量を習得させるなど事故を防ぐための注意義務を怠った」などと起訴の理由を説明した。2人の認否は明らかにしなかった。
 また両被告とも「夜行日帰りのスキーツアーバスは峠道など難所があり、運転技量が不十分であれば事故を起こす可能性があると予見できた」と指摘した。

https://this.kiji.is/7249692139789185024?c=39546741839462401

倉持さん病院にカッター刃 コロナ情報発信で脅迫か(22日)共同

テレビ番組などで新型コロナウイルスについて情報発信している医師の倉持仁さん(48)が院長を務める「インターパーク倉持呼吸器内科」(宇都宮市)に、カッターの刃が郵送されていたことが21日、倉持さんへの取材で分かった。倉持さんから相談を受け、栃木県警は脅迫の疑いを視野に捜査している。
 倉持さんによると、郵送は14日で、封筒にカッターの刃1本が入っていた。文書は同封されていなかった。17日には「コロナが拡大したのはインターパーク内科がTVに出たため」などと書かれた紙が複数、駐車場のポールに貼られているのが見つかったという。
https://this.kiji.is/724984919495196672?c=39546741839462401

« 2021年1月21日 (木) | トップページ | 2021年1月23日 (土) »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
フォト

留置所

無料ブログはココログ