カテゴリー

« 東北新幹線ストップ パンタグラフ降下相次ぐ(30日)産経 | トップページ | ヘリ墜落し乗員1人死亡、静岡 山林火災や巻き込まれた人なし(30日)共同 »

2020年12月30日 (水)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(30、31日 単位・レベル)
放火犯の検挙が増えている
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20201230205101 Img_20201225_153028  なんと路上生活者の荷物に放火して逮捕された男がいる。
 11月5日の午前1時ごろの話だ。東京は上野公園付近の道路で、72歳の路上生活者が路上に置いていた衣類や寝袋などにライターで火を付けたというのだ。逮捕容疑は建造物等以外放火と器物損壊。男は「道に物を置いてはいけない」として放火したと勝手な言い訳をしている。
 … … … … …
 警察庁によると放火事件は認知軒数こそ減っているが検挙件数が多くなっているという。令和2年11月現在の認知件数は722件で前年より42件の減。ところが検挙件数は651件で同44件の増加だ。この結果、検挙率は90.2㌫で前年より10.7ポイントもアップしている。
 ランキングは大阪の106件、東京の61件、愛知の42件、福岡の31件、兵庫の30件と続く。
 山形が前年より17件増えたほか宮城も14件、岩手も13件増えるなど東北地方で29件の増加。
 検挙率は秋田と宮崎が各200㌫、奈良と和歌山が各150㌫、愛媛が133,3㌫など100㌫超えが21道県あった。
 低かったのは滋賀の50㌫、徳島の66.7㌫、大阪の67.9㌫、静岡の71.8㌫、石川の77.8㌫と続いた。
 なお、認知件数トップの東京は前年より22.3ポイントアップして98.4㌫だった。
 先日、火災が多いと書いたが、火の用心の徹底が必要だ。「放火」「放火の疑い」が出火原因でトップとあればなおさらだ。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

201912031_20201230205401






★年末年始も詐欺電話に注意 帰省自粛で発覚遅れも(28日)共同
★息子かたり「怖い人の車にぶつけた」 また秋田市で不審電話 (26日)共同
★良い人すぎ…運転手さん 寸借詐欺5万円被害 (26日)共同
★国立印刷局、4人を懲戒免職 コロナ給付金不正受給(25日)時事
★不正受給摘発が2億円超え 新型コロナ持続化給付金で警察庁まとめ (24日)TBS
★税務署員を再逮捕、持続化給付金100万円詐取の疑い (23日)朝日
★国立印刷局職員2人を書類送検、給付金詐取容疑 警視庁 (23日)朝日
★さいたまの72歳男性、4850万円詐欺被害 (22日)産経
★89歳女性、930万円詐欺被害 埼玉・川越 (22日)産経
★宅配業者や銀行など装うフィッシング詐欺の相談 急増(20日)NHK

« 東北新幹線ストップ パンタグラフ降下相次ぐ(30日)産経 | トップページ | ヘリ墜落し乗員1人死亡、静岡 山林火災や巻き込まれた人なし(30日)共同 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東北新幹線ストップ パンタグラフ降下相次ぐ(30日)産経 | トップページ | ヘリ墜落し乗員1人死亡、静岡 山林火災や巻き込まれた人なし(30日)共同 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ