カテゴリー

« 自民の宮腰氏が30人と飲酒 転倒して搬送「深く反省」(27日)産経 | トップページ | 東京五輪「テロ対策」にも すでに水面下で運用「顔認証システム捜査」の実態(27日)時事 »

2020年12月27日 (日)

ゴーン被告逃亡1年 空港の保安検査、組織間連携に課題(27日)産経

会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された日産自動車元会長、カルロス・ゴーン被告が保釈中にレバノンに逃亡した事件から29日で1年を迎える。不法出国は、関西国際空港のプライベートジェット(PJ)専用施設で検査体制の隙を突いて起きた。同様の施設がある国内4空港では保安検査の強化を図るが、出入国に関わる組織間の連携には課題も残っている。(牛島要平)
 「人が入ることができそうなサイズの手荷物については、エックス線もしくは開扉の検査を厳格に行うようになった」
 ゴーン被告の逃亡後、PJ専用施設の保安検査は大きく変化したと、ある空港関係者は話す。
 ゴーン被告は昨年12月29日、関空のPJ専用施設「プレミアムゲート 玉響(たまゆら)」から出国、搭乗した。大きな箱の中に隠れ、保安検査と税関検査、出国審査をすり抜けたとされる。
続きを読む Prev12Next

https://www.sankei.com/affairs/news/201226/afr2012260007-n1.html

« 自民の宮腰氏が30人と飲酒 転倒して搬送「深く反省」(27日)産経 | トップページ | 東京五輪「テロ対策」にも すでに水面下で運用「顔認証システム捜査」の実態(27日)時事 »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自民の宮腰氏が30人と飲酒 転倒して搬送「深く反省」(27日)産経 | トップページ | 東京五輪「テロ対策」にも すでに水面下で運用「顔認証システム捜査」の実態(27日)時事 »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ