カテゴリー

« 工具で妹殴打、58歳男逮捕 死亡確認、殺人容疑で捜査(30日)産経 | トップページ | 早朝に散歩中の75歳女性ひき逃げされ死亡、水戸市(30日)TBS »

2020年12月30日 (水)

指紋にとらわれた初動、絞れぬ犯人像 世田谷一家殺害(30日)産経

東京都世田谷区で宮沢みきおさん=当時(44)=一家4人が殺害された事件は30日で、未解決のまま発生から20年。犯人につながる多くの証拠が得られながら捜査は難航している。指紋にとらわれた初動、絞りきれない動機、拡大する犯人像…。捜査は一体どこで滑ったのか。捜査員は風化とも闘いながら今も捜査を続けている。
 「ホシ(犯人)の指紋と血がある。それが一致すれば、必ず挙がる(解決する)」。ある捜査員は、こんな会話が脳裏に刻まれている。事件直後、捜査幹部は遠からず犯人を検挙できると確信していた。指紋に加えDNA型が検出できる血液。現場からは直接犯人につながる決定的証拠が採取されていた。
 だが事件は未解決のまま時間だけが過ぎた。「指紋にとらわれすぎて、初動で重要な基礎捜査がおろそかになった」。当時の捜査幹部は振り返る。現場周辺の聞き込みを行う「地取り」、被害者の顔見知りを調べる「鑑取り」。物証の多さが油断を招き、基本的な捜査が不十分だった可能性があるという。
 犯人が現場に残した足跡から靴は韓国製ブランド「スラセンジャー」で、サイズは日本で販売していないものと判明。遺留品からは外国製洗剤とみられる成分や、外国の砂と酷似した砂も検出された。
 捜査本部は昨年、凶器の包丁の柄を包んだとみられるハンカチをめぐり、フィリピン北部で同様の包み方をするとの情報を得たと発表。国内のフィリピン人に聞き込みを続け、フィリピン警察にも協力要請した。
その他の写真を見る(2/2枚)

 なぜ一家が狙われたのか動機も判然としない。犯人は犯行後も長時間現場に居座った可能性があり、冷蔵庫にあったカップアイスをスプーンを使わずにかじり、みきおさんのパソコンを操作したことが判明。行動の異様さが際立つが、意図は不明だ。外国人やスケートボーダーなど数々の犯人像も浮かび、一点集約されるはずだった捜査はむしろ、無限に広がっていくようだった。
続きを読む
https://www.sankei.com/affairs/news/201230/afr2012300002-n1.html

« 工具で妹殴打、58歳男逮捕 死亡確認、殺人容疑で捜査(30日)産経 | トップページ | 早朝に散歩中の75歳女性ひき逃げされ死亡、水戸市(30日)TBS »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 工具で妹殴打、58歳男逮捕 死亡確認、殺人容疑で捜査(30日)産経 | トップページ | 早朝に散歩中の75歳女性ひき逃げされ死亡、水戸市(30日)TBS »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

留置所

無料ブログはココログ