カテゴリー

« 64万4千羽の殺処分完了、岡山 鳥インフルエンザ確認の養鶏場(15日)共同 | トップページ | 東京都、1月11日まで時短要請延長 協力金100万円支給(15日)日経 »

2020年12月15日 (火)

「大阪コロナ重症センター」の患者受け入れ 段階的に始まる(15日)NHK

重症患者の受け皿として大阪府が新たに整備した「大阪コロナ重症センター」で、15日から患者の受け入れが段階的に始まりました。
課題となっていた看護師の確保は、各地の自治体などから派遣を受けて解消する見込みで、医療のひっ迫度合いがどこまで改善するのか注目されます。
運用が始まったのは大阪府が大阪 住吉区に整備した「大阪コロナ重症センター」で、重症患者の受け入れ体制を強化するためことし8月から整備を進めていました。
15日は、府の要請を受けて派遣された自衛隊の看護師など3人が到着しセンターに入りました。
府によりますと施設にある30床をすべて運用するには130人の看護師が必要で、今月初めの時点では50人しか確保できておらず、課題となっていましたが、全国知事会や自衛隊などからの派遣を受けて必要な人員の確保に見通しがたったということです。
センターでは集まった看護師などの研修を進めていて、運用は当面、30床のうち5床程度にとどめ、スタッフの習熟度などに応じて今後、受け入れを拡大することにしています。

吉村知事「感染者減らすことが重要」

「大阪コロナ重症センター」で、15日から患者の受け入れが始まったことについて、大阪府の吉村知事は記者団に対し「重症病床のひっ迫率が高いなかで、多くの方の支援もあって、センターを動かせることができ感謝している。ただ、医療資源には限りがあるので、全体の感染者を減らすことが最も重要だ。府民には感染防止への協力をお願いしたい」と述べました。
そのうえで吉村知事は「センターは、当初は5床からのスタートと報告を受けている。立ち上げが非常に重要なので、うまく運用して30床の稼働ができるようにしていきたい」と述べました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201215/k10012764941000.html

« 64万4千羽の殺処分完了、岡山 鳥インフルエンザ確認の養鶏場(15日)共同 | トップページ | 東京都、1月11日まで時短要請延長 協力金100万円支給(15日)日経 »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 64万4千羽の殺処分完了、岡山 鳥インフルエンザ確認の養鶏場(15日)共同 | トップページ | 東京都、1月11日まで時短要請延長 協力金100万円支給(15日)日経 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ