カテゴリー

« JR西、終夜運転取りやめ 大みそかから元日(5日)共同 | トップページ | 運転認めない司法判断8件目 原子炉施設、確定はゼロ―大飯原発(5日)時事 »

2020年12月 5日 (土)

知人の親族も株購入 ドンキ前社長金商法違反事件―東京地検(5日)時事

ドンキホーテホールディングス(現パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス)前社長の大原孝治容疑者(57)による株不正推奨事件で、同容疑者から自社株の取引を勧められた知人の親族も、ドンキに対するTOB(株式公開買い付け)公表前に株を購入し、売却によって利益を得ていたことが4日、関係者への取材で分かった。
 東京地検特捜部もこうした情報を把握。知人に伝えた動機や詳しい経緯を調べている。
 ドンキは大原容疑者在職当時の2018年10月、流通大手ユニー・ファミリーマートホールディングス(現ファミリーマート)との連携強化策として、ユニーファミマがドンキ株のTOBを実施し、約20%の株を取得すると公表した。
 関係者によると、大原容疑者は発表に先立つ同年9月上旬ごろ、取引先で知人の会社社長に電話や無料通信アプリ「LINE(ライン)」で複数回、ドンキ株を購入するよう伝えた。推奨を受け、社長は自分で株を購入する一方、自身の会社幹部を務める弟にも同容疑者が購入を勧めていたことを伝えた。その後、弟のほか、社長の両親も株を購入し、公表直後に売却して利益を得たという。
 ドンキの株価は公表前まで5000円台で推移していたが、公表後は6000円台後半まで上昇していた。
 金商法は、TOBなど上場会社の未公表の重要事実を事前に知った会社関係者が、利益を得させる目的で他人に株取引を勧める行為を禁止している。勧められて株を買った側は重要事実を知らない限り処罰対象とはならない。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020120401079&g=soc&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

« JR西、終夜運転取りやめ 大みそかから元日(5日)共同 | トップページ | 運転認めない司法判断8件目 原子炉施設、確定はゼロ―大飯原発(5日)時事 »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« JR西、終夜運転取りやめ 大みそかから元日(5日)共同 | トップページ | 運転認めない司法判断8件目 原子炉施設、確定はゼロ―大飯原発(5日)時事 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

留置所

無料ブログはココログ