カテゴリー

« サイバー犯罪から県民守れ 会社員出身の蒲原捜査官奮闘 流行の手口先読み、啓発模索(19日)共同 | トップページ | 立ち往生が解消 関越道大雪、発生2日―新潟(19日)時事 »

2020年12月19日 (土)

暴力団排除に「One Team」 標語を考えたのは沖縄の中学3年生 4119点の中から優秀賞に(19日)共同

 全国暴力追放運動推進センターが募集する暴力追放運動用標語の全国審査会で、那覇市立城北中3年の伊波寛晃(ひろあき)さん(15)の作品「OneTeam みんなで排除 暴力団」が全国2位に当たる優秀賞に入賞した。応募作は4119点だった。
17日、那覇署で表彰伝達式があり、伊波さんや県内審査で佳作に選ばれた城北中3年の濱里愛さん(15)が表彰された。伊波さんは「若い世代にも伝わるよう『OneTeam』という言葉を使った。暴力団から声を掛けられたときは、1人で抱え込まず地域の人に助けを求め、地域で助けてほしい」と話した。
 宮城正明署長は「暴力団排除は一人一人が社会から暴力団を排除する気持ちを持つことが重要。その一助になる(標語だ)」と評価した。
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/680243

« サイバー犯罪から県民守れ 会社員出身の蒲原捜査官奮闘 流行の手口先読み、啓発模索(19日)共同 | トップページ | 立ち往生が解消 関越道大雪、発生2日―新潟(19日)時事 »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サイバー犯罪から県民守れ 会社員出身の蒲原捜査官奮闘 流行の手口先読み、啓発模索(19日)共同 | トップページ | 立ち往生が解消 関越道大雪、発生2日―新潟(19日)時事 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ