カテゴリー

« 無銭で15連泊の男逮捕、被害約500万円 三重・志摩(4日)共同 | トップページ | 71歳男性、書類送検へ 立体駐車場で妻挟まれ死亡―重過失致死疑い・警視庁(4日)時事 »

2020年11月 4日 (水)

「5000万円の当選通知届いた」と常連客 セブン店員、説得し警察への通報につなげる(4日)共同

沖縄県の名護署(山内敏雄署長)は10月29日、特殊詐欺を未然に防いだとして、セブン-イレブン名護宇茂佐の森2丁目店のオーナー、鎌田玲子さん(47)と店長の森下登茂也さん(33)に感謝状を贈った。
 3月の開店に合わせて千葉県から引っ越してきた2人は、「当選した5千万円を受け取るため」と電子マネーを購入しようとしていた常連客に警察への通報を促し、連携して被害を防いだ。
 10月14日午後1時半ごろ、60代の男性常連客が鎌田さんに「5千万円の当選通知のメールが届いた」と携帯電話の画面を見せ、その受け取りのために5千円分の電子マネーを購入したいと伝えた。不審に思った鎌田さんは森下さんと共に、男性を説得して警察への通報につなげた。
 鎌田さんは、日頃から常連客とコミュニケーションを取っていたといい「地域の方の役に立つことができてうれしい」と喜んだ。森下さんは以前勤務していた店舗で、同様の特殊詐欺被害に遭った利用客がいたことから「今回は未然に防ぐことができて良かった」とほっとした様子だった。
 県内では、今年1月から9月末までに同様の詐欺が9件発生し、被害額は約540万円に上る。山内署長は「警察だけで防ぐことは難しい。勇気を出して声を掛け、被害を防いだことに感謝している」と話した。

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/657663

« 無銭で15連泊の男逮捕、被害約500万円 三重・志摩(4日)共同 | トップページ | 71歳男性、書類送検へ 立体駐車場で妻挟まれ死亡―重過失致死疑い・警視庁(4日)時事 »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無銭で15連泊の男逮捕、被害約500万円 三重・志摩(4日)共同 | トップページ | 71歳男性、書類送検へ 立体駐車場で妻挟まれ死亡―重過失致死疑い・警視庁(4日)時事 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ