カテゴリー

« 大阪 新型コロナ 新たに490人感染確認 過去最多(22日)NHK | トップページ | 首都直下地震想定、コロナ対策を踏まえ東京で防災訓練(22日)TBS »

2020年11月22日 (日)

茨城県で震度5弱 津波の心配なし(22日)NHK

22日午後7時6分ごろ、茨城県北部で震度5弱の揺れを観測する地震がありました。この地震による津波の心配はありません。
震度5弱の揺れを観測したのは茨城県東海村です。
また、震度4が、茨城県の水戸市や日立市、土浦市、常陸太田市、ひたちなか市、常陸大宮市、福島県の福島市、郡山市、いわき市、白河市、須賀川市、栃木県益子町などでした。
このほか、震度3から1の揺れを東北と関東甲信越、東海の広い範囲で観測しました。
気象庁の観測によりますと、震源地は茨城県沖で、震源の深さは40キロ、地震の規模を示すマグニチュードは5.8と推定されています。
各市町村の震度

各市町村の震度は以下のとおりです。
震度5弱が、茨城県東海村。
震度4が、福島市、福島県郡山市、福島県いわき市、福島県白河市、福島県須賀川市、福島県天栄村、福島県泉崎村、福島県棚倉町、福島県玉川村、福島県浅川町、茨城県水戸市、茨城県日立市、茨城県土浦市、茨城県常陸太田市、茨城県高萩市、茨城県北茨城市、茨城県笠間市、茨城県ひたちなか市、茨城県常陸大宮市、茨城県那珂市、茨城県鉾田市、茨城県小美玉市、茨城県茨城町、茨城県城里町、茨城県大子町、栃木県益子町、栃木県高根沢町。

専門家「地震活動活発な地域と認識し 改めて備えを」

茨城県で震度5弱の揺れを観測した今回の地震について、地震のメカニズムに詳しい、東京大学地震研究所の古村孝志教授は、「海側から沈み込んでいる太平洋プレートと、陸側のプレートの間で起きた地震とみられる。この領域では十数年に1度程度、マグニチュード7程度の地震が起きていて、もともと地震活動が活発な地域だ。それに加えて、9年前の巨大地震の影響も依然として残っているため、活発な状態が続いている」と話しています。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201122/k10012726231000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

« 大阪 新型コロナ 新たに490人感染確認 過去最多(22日)NHK | トップページ | 首都直下地震想定、コロナ対策を踏まえ東京で防災訓練(22日)TBS »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大阪 新型コロナ 新たに490人感染確認 過去最多(22日)NHK | トップページ | 首都直下地震想定、コロナ対策を踏まえ東京で防災訓練(22日)TBS »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

留置所

無料ブログはココログ