茨城県の鹿島港の港口近くで鹿嶋市の遊漁船「第5不動丸」(4.95トン)と広島市の貨物船「はやと」(498トン)が衝突し、1人が死亡した事故で、転覆した遊漁船が29日、作業船により海上に引き揚げられ港に到着した。
 事故は28日午前5時半ごろ発生。遊漁船の乗客乗員12人が投げ出され、乗客1人が死亡した。運輸安全委員会の船舶事故調査官は29日午前、既に着岸していた貨物船を調査し、船首部分に傷と塗料が付着したような痕跡があるのを確認した。
https://www.47news.jp/national/5547999.html