カテゴリー

« 2020年11月26日 (木) | トップページ | 2020年11月28日 (土) »

2020年11月27日 (金)

2020年11月27日 (金)

賽銭を盗もうとした疑い 34歳の男を逮捕 神奈川県警(27日)産経

 賽銭(さいせん)を盗もうとしたとして、神奈川県警保土ケ谷署は27日、窃盗未遂の疑いで、自称横浜市保土ケ谷区上菅田町の無職、佐藤亘容疑者(34)を逮捕した。「賽銭箱の鍵のつくりを見たかっただけだ」と容疑を否認している。
 逮捕容疑は27日午前1時半ごろから30分余りにわたり、同区新井町にある神社敷地内の賽銭箱から現金を盗もうとしたとしている。
 同署によると、境内付近での物音を聞いた近隣住民が110番通報。駆け付けた同署員が賽銭箱の近くにいた佐藤容疑者を発見し、職務質問したところ、犯行に使用したと思われるドライバーなどを所持しているのを確認し、身柄を確保した。
https://www.sankei.com/affairs/news/201127/afr2011270021-n1.html

覚醒剤輸入容疑 中身を岩塩に…泳がせ捜査で男2人逮捕(27日)朝日

覚醒剤約237キロ(末端価格約151億6800万円)を輸入したとして、神奈川県警などは27日、イスラエル国籍の男2人を覚醒剤取締法違反(営利目的共同輸入)の疑いで再逮捕し、発表した。県警によると、覚醒剤はすべて押収した。今年の国内での覚醒剤の押収量としては2番目の多さだという。
 県警薬物銃器対策課によると、会社役員のテネンボイム・アムノン・ハノフ容疑者(58)=東京都港区=とアルバイトのレイボビッチ・オフェル・メナケム容疑者(40)=千葉県野田市=は氏名不詳者らと共謀。9月21日、船の貨物に隠した覚醒剤約237キロを南アフリカから輸入した疑いがある。ハノフ容疑者は「弁護士と面会してから話す」、メナケム容疑者は「私自身は関係ない」と供述しているという。
 横浜税関などによると、横浜税関本牧埠頭(ふとう)出張所宛てに工作機械として申告のあった南アフリカからのコンテナを、税関職員が不審に思って10月初旬に調べたところ、機械に取り付けられた鉄製の箱の中から、約1キロごとに袋に小分けされた覚醒剤約237キロが見つかった。
 県警は中身を岩塩に入れ替えて配送する「泳がせ捜査」を実施。11月8日、千葉県鴨川市の貸倉庫に貨物を受け取りに来た両容疑者を、麻薬特例法違反の疑いで現行犯逮捕した。(黒田陸離)
https://www.asahi.com/articles/ASNCW5VJLNCWULOB00P.html

持続化給付金詐欺、少年への「指示役」逮捕(27日)TBS

少年を利用して国の「持続化給付金」100万円をだまし取ったとして、詐欺グループの指示役の男が警視庁に逮捕されました。
 詐欺の疑いで逮捕されたのは、住所不定・無職の岩瀬勝巳容疑者(35)で、今年6月、新型コロナの影響で収入が減ったとうその申請を行い、持続化給付金100万円をだまし取った疑いがもたれています。
 警視庁によりますと、岩瀬容疑者は詐欺グループの指示役で、18歳の無職の少年にうその情報を記載した確定申告書のデータを送るなどして架空の個人事業者と偽らせ給付金の申請をさせていたということです。今年7月に少年の父親から警察署に相談があり、事件が発覚しました。
 岩瀬容疑者は、ほかにも3人の少年にうその申請をさせ持続化給付金をだまし取り、そのほとんどを受け取っていたとみられていますが、取り調べに対し、容疑を否認しています。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4137577.html

「ひきこもり死」1年間に72人以上 全国自治体にアンケート調査(27日)NHK

長年、自宅にひきこもった末に命を落とす、「ひきこもり死」とも言える深刻な実態が明らかになりました。全国の自治体の支援窓口にNHKがアンケート調査を行ったところ、去年1年間に少なくとも72人が死亡していたことがわかりました。支援窓口の7割近くが「本人が支援を拒むなど難しさを感じた」としています。
全国の自治体が設置している、およそ1400のひきこもりの支援窓口にNHKがアンケート調査を行い、1022か所から回答を得ました。
その結果、支援窓口がひきこもりの状態にあると把握し支援に乗り出したものの、亡くなった、いわば「ひきこもり死」は、去年1年間に少なくとも72人にのぼっていたことがわかりました。
7割近くが40歳から64歳までの中高年の男性で、「病死」がおよそ4割、「自殺」が3割近くだったほか、「餓死」や「熱中症による死亡」もありました。
亡くなった本人を支援する際に感じた難しさについて複数回答で聞いたところ、本人が支援の必要性を感じていなかったり、支援を拒んだりしたことだと回答したのは全体の71%、本人とコミュニケーションをとるのが難しかったと答えたのは35%、会うことさえ難しかったと回答したのは30%でした。
また、新型コロナウイルスの影響で新たにひきこもり状態になった人から相談があったと回答したのは85か所にのぼり、相談内容としては経済状況や家族関係が悪化したといったものでした。
ひきこもり支援に詳しい専門家は「長年の孤立によって自分の命を守る意欲が低下する『自己放任』に陥り、自分の価値を感じられない人が命の危険にさらされている実態が浮かび上がった。プライバシーや本人の意思に配慮しながらも、一方で命を救っていくという地域の体制作りが必要で、どう防ぐか、議論を進めていく必要がある」と指摘しています。
続きを読む

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201127/k10012734901000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_007

「持続化給付金」誤って支給のケース 536件 総額で約5億円か(27日)NHK

新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ中小企業などに支給する「持続化給付金」について、経済産業省は、受給資格を満たしていないにもかかわらず、誤って支給していたケースがあったと発表しました。
誤って支給したのは536件で総額で5億円程度にのぼると見られるいうことです。
経済産業省から事業を委託された会社のシステムの不具合が原因だということで、誤って支給した企業などに対しては改めて審査を行い、場合によっては返還を求めることもあるとしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201127/k10012734931000.html

求職者ら352件の個人情報紛失 茨城・鹿嶋のハローワーク(27日)時事

厚生労働省は27日、ハローワーク常陸鹿嶋(茨城県鹿嶋市)のシステム機器を交換した際、求職者らの個人情報352件が含まれた記憶媒体を紛失したと発表した。媒体には求職申請書の画像データなどが記録されているが、暗号化されており、第三者が読み取ることは難しいという。
 同省は「多大なご迷惑をお掛けし、深くおわびする」としている。
 媒体はバックアップ用で、求職者に加え雇用保険の被保険者の氏名や住所、電話番号、マイナンバー、銀行口座番号などが記録されている。今年1月に運び込んだ一時保管先で所在が分からなくなったと委託業者から連絡があった。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020112701052&g=soc

河井夫妻の厚遇ぶり明らかに 自民党本部、夫妻だけに1回で計7500万円振り込み(27日)共同

自民党本部が2019年7月の参院選の公示前、元法相の河井克行被告(広島3区)と妻の案里被告(参院広島)=ともに同党を離党=の二つの党選挙区支部に提供した計1億5千万円のうち半分の7500万円が6月10日に振り込まれ、しかも同日の交付金支出先は河井夫妻だけで特別扱いされていたことが27日公開された19年分の政治資金収支報告書(総務相所管の中央分)で分かった。
党本部が支出計上した支部交付金の一覧によると、都道府県連や党支部への支出日には複数の交付先が記録されたケースがほとんど。党支部への1回当たりの交付額で4千万円以上は克行被告側への6月10日分だけで突出し、参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で公選法違反罪に問われている河井夫妻への厚遇が改めて裏付けられた。
 問題の昨年6月10日は克行被告が支部長の党広島県第三選挙区支部に4500万円、案里被告が支部長の党県参院選挙区第七支部に3千万円が振り込まれた。
https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=703633&comment_sub_id=0&category_id=1256

職員自殺で市立病院提訴 遺族、静岡市に加え(27日)共同

2014年12月に静岡市の男性職員=当時(57)=が自殺したのは、長時間労働やパワハラに対して上司が適切な措置を取らなかったのが原因として、遺族が27日までに、地方独立行政法人静岡市立静岡病院に計約6200万円の損害賠償を求めて静岡地裁に提訴していたことが分かった。提訴は10月27日付。遺族は同様の内容で今年1月、静岡市も提訴している。
 静岡市との訴訟で、市は「16年に病院が地方独立行政法人に移行しており、それ以前の損害賠償の義務は病院に承継された」として、賠償に応じないと主張。代理人弁護士は「市の主張に合わせて病院も同じ内容で提訴した」と話している。
https://www.47news.jp/national/5542767.html

福島避難者、65%戻らない 孤立化懸念の世帯増える(27日)共同

東京電力福島第1原発事故を巡る全国各地の避難者へのアンケートで、福島県に住んでいた65%が故郷に戻る意思がないと回答したことが27日、分かった。避難者全体では、孤立化が懸念される単身や母子避難の世帯が増えていた。来年3月で事故から10年を迎える中、多数が苦しい生活状況で避難先に定着している現実が浮かび上がった。
 関西学院大災害復興制度研究所が今年7~9月、4876人に調査票を送って回収し694人が回答。75%の522人が事故当時は福島県に住み、138人が「戻るつもりだ」、341人が「戻るつもりはない」とし43人が無回答か不明だった。
https://www.47news.jp/national/5542837.html

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(27、28日 単位・レベル)
減少はしているものの…
 【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20201127205301 Img_20201114_150937-1 ★宮崎の路上の死亡男性、殺人容疑で知人逮捕(23日)産経
★「痛い思いさせればいなくなると思った」路上生活女性殺害事件(21日)NHK
★【不審者情報】福井市 11月22日 帰宅中の男子児童を追いかける男(22日)共同
★女性が手提げバッグひったくられる 容疑者は2人乗りのバイクか 福岡県大川市の路上(17日)西日本
★車に乗った男が女子児童につきまとう 福岡県柳川市の路上(9日)西日本
★路上で会社員刺され軽傷、仙台 通り魔か、行方追う(30日)共同
 路上強盗をはじめ、住居侵入、ひったくり、路上での暴行、傷害、自転車盗など犯行現場が街頭の犯罪を「街頭犯罪」としてくくっている。なんの因果関係もなく、突然襲われる…こんな怖い犯罪ってありませんよ。治安安定の国では考えられないですよね。
… … … … …
  警察庁によると令和2年10月現在の主な街頭犯罪の認知件数は14万7450件と多いが前年に比べると5万5382件も激減している。
 認知件数ランキングは東京の2万3284件、大阪の2万3024件、埼玉の1万2331件、神奈川の9441件、愛知の9356件と続く。
 東京が前年より8044件も減少したほか大阪も7984件、埼玉も5420件も減少したのに上位を占めている。
 一方、検挙率になると極めて低く14.6㌫だ。ランキングは熊本の76.3㌫、佐賀の49.3㌫、栃木の41.5㌫、長崎の33.0㌫、石川の31.7㌫など。
 低かったのは徳島の6.7㌫、東京の7.4㌫、大阪の9.1㌫、千葉の9.6㌫と一桁台が多くこれに滋賀の10.2㌫と続いた。
 街頭犯罪のなかで住居侵入が全国的に減少しているが、どういう訳か東北地方に増加携行が見られる。東北6県の認知件数は宮城の242件を頭に606件。この宮城が前年より38件も増え、6県総計で41件も増えているのだ。
 その訳は残念ながら統計されていない。
   首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
201912031_20201127205801





【注意】十八親和銀、行員なりすまし システム統合名目に詐欺3件確認 いずれも未遂 (27日)共同
https://www.47news.jp/localnews/5541163.html
元KFC店長の男 特殊詐欺で逮捕「コロナで休業増え収入が激減」 (27日)TBS
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4137269.html
持続化給付金詐欺、少年への「指示役」逮捕 (27日)TBS
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4137577.html

★「闇バイト」「高収入」検索で探した仕事 特殊詐欺の受け子が得た報酬は計6万円 「手っ取り早く稼げる」の大きな代償は… (25日)共同
★詐欺グループから現金 容疑で弘道会系組長を逮捕 (25日)産経
★特殊詐欺で大学生ら2人逮捕、「オンラインゲームで勧誘され・・・」 (25日)TBS
★持続化給付金詐欺疑いでキャバクラ経営者ら逮捕 静岡 (24日)産経
★ 孫を名乗る電話…91歳女性、110万円だまし取られる被害 自宅近くの路上で現金手渡す/志木 (23日)共同
★電話で細かく指示「詐欺かも」 コンビニ店員詐欺防ぐ (22日)朝日
★架空の日本語学校装い 留学希望者から入学金詐取か 男を逮捕 (20日)NHK
★ 山口組総本部を家宅捜索、神戸 特殊詐欺の指示系統解明へ(20日)共同
★オレオレ詐欺の疑い 派遣社員の男を逮捕 神奈川県警 (19日)産経
★名古屋市の弘道会本部を家宅捜索 特殊詐欺、組織的関与か (19日)共同
★中国大使館装う特殊詐欺 在日中国人が被害 引き出し役か男逮捕 (19日)NHK
★携帯に不審な中国語電話 日本人女性3600万円被害(18日)産経


 

元KFC店長の男 特殊詐欺で逮捕「コロナで休業増え収入が激減」(27日)TBS

80代の女性からキャッシュカードを盗み、現金200万円余りをだまし取ったとして、ファストフード店の元店長の男が警視庁に逮捕されました。「コロナで収入が激減した」と話しているということです。
 詐欺などの疑いで逮捕されたのは、住所不定・無職の伊波翔平容疑者(29)で、先月6日、詐欺グループの他の仲間と大田区に住む80代の女性の自宅に「カードが不正に使われている」とうその電話をかけたうえ自宅を訪れ、キャッシュカード6枚を盗み、現金およそ220万円を引き出した疑いがもたれています。
 伊波容疑者は沖縄県でケンタッキーフライドチキンの店長として働いていましたが、取り調べに対し、「コロナの影響で今年3月から休業が増え、収入が激減し生活に困っていた」「ツイッターで高額バイトを見つけ、9月に仕事を辞めて上京した」と供述し、容疑を認めているということです。
 警視庁は余罪についても調べています。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4137269.html

児童買春の山梨県職員を懲戒免職 80万円の罰金刑(27日)産経

会員制交流サイト(SNS)で知り合った少女に金を払いわいせつな行為をしたとして山梨県職員が児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで逮捕された事件で、県は27日、リニア未来創造・推進課の関谷秀昭主幹(54)を懲戒免職処分にした。
 関谷主幹は10月13日に長野県警軽井沢署に逮捕され、当時は地域創生・人口対策課総括課長補佐だった。佐久簡裁から罰金80万円の略式命令を受けた。
 長崎幸太郎知事は「職員の服務規律の確保をさらに徹底するとともに、緊張感と責任感を持って職員一丸となって職務に取り組む」とのコメントを発表した。
https://www.sankei.com/affairs/news/201127/afr2011270017-n1.html

少年にわいせつ未遂疑い 千葉の男逮捕、埼玉県警(27日)産経

会員制交流サイト(SNS)に不正アクセスして面識のない10代少年を呼び出し、わいせつ行為をしようとしたとして、埼玉県警は、強制わいせつ未遂の疑いで、千葉県柏市みどり台、無職、森岡優十(ゆうと)容疑者(20)を逮捕した。
 同容疑者は7月、柏市の高校サッカー部男子寮に侵入、生徒にわいせつ行為をしようとしたとして、わいせつ目的略取などの疑いで8月に千葉県警に逮捕されていた。
 今回の逮捕容疑は、少年の先輩のSNSアカウントに不正アクセスし、少年にメッセージを送信。7月21日、埼玉県所沢市のショッピングモールの多目的トイレに呼び出し、体を触ろうとしたとしている。署によると「わいせつ目的ではない」と否認している。
https://www.sankei.com/affairs/news/201127/afr2011270018-n1.html

伝導師ノアと交通安全PR Vチューバーと協力、山梨県警(27日)共同

 山梨県警笛吹署は27日、バーチャルユーチューバー(Vチューバー)として活躍するキャラクター「SDGs伝導師ノア」の協力を得て、交通安全を呼び掛ける動画を収録した。動画投稿サイト「ユーチューブ」に近く公開する。
 Vチューバーは、実際の人物に代わって動画などに出演するアニメ風キャラクター。新型コロナウイルス禍で交通安全教室が開きにくい中、高い情報発信力から白羽の矢が立った。
 署の会議室にスタジオを特設。横断歩道で運転手と手で合図を送り合う「ハンドサイン」の励行を皆川宏平・署交通課長が呼び掛けると、スクリーンに映し出されたノアは愛らしい様子で手本を見せていた。
https://www.47news.jp/national/5541997.html

パトカー追跡中の乗用車と軽自動車が衝突 18歳女性が死亡 福井(27日)NHK

27日未明、福井市内の交差点で、パトカーが追跡していた乗用車と軽自動車が衝突し、軽自動車に乗っていた18歳の女性が死亡しました。
27日午前2時ごろ、福井市花月の交差点で、パトカーが追跡していた乗用車と軽自動車が衝突しました。
この事故で、軽自動車に乗っていた福井市乾徳に住む大学生、塩崎里桜さん(18)が首などを強くうち、病院で手当てを受けましたが、およそ1時間後に死亡しました。
また、軽自動車を運転していた21歳の男性と乗用車を運転していた46歳の男性もそれぞれ骨を折るなどのけがをしました。
警察によりますと、乗用車は現場から1.4キロほど離れた福井市順化で一時停止の標識を無視したとして、パトカーが赤色灯を点灯してサイレンをならしながら追跡していたということです。
事故のあと、乗用車を運転していた男性からはアルコールが検出されたということで、警察が当時の状況を詳しく調べています。
当時、パトカーには警察官2人が乗っていたということで、警察は現時点では、追跡は適切だったとしています。
福井警察署の安岡久信副署長は「重大な事案が発生したことを重く受け止めています。全容解明に向け捜査を実施中であり、今後公表すべきことがあれば公表していきます」とコメントしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201127/k10012733781000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_010

兵庫 新型コロナ 1人死亡 103人感染確認 県内感染計5314人に(27日)NHK

兵庫県は、27日、県内で103人が新型コロナウイルスに感染したことが新たに確認されたと発表しました。
一方、兵庫県は、今月25日に新たな感染者として発表した1人について24日に発表した人と同一人物だったとして累積の感染者数を訂正しました。
これで、兵庫県内で感染が確認された人は、合わせて5314人になりました。
また、兵庫県は、新型コロナウイルスに感染し、医療機関で治療を受けていた80代の男性1人の死亡が新たに確認されたと発表しました。
兵庫県内で死亡が確認された人は、80人になりました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201127/k10012734021000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

奈良 新型コロナ 新たに26人感染確認 県内計1064人に16時00分

山口 新型コロナ 5人感染確認 県内延べ372人に15時55分

静岡県 新型コロナ 1人死亡 58人感染確認 県内感染延べ1479人

山梨県 新型コロナ 1人死亡 県内計8人に15時40分

北海道 新型コロナ 新たに8人死亡 252人感染確認15時41分

 

東京都 新型コロナ 過去最多の570人感染確認 重症者は61人に(27日)NHK

東京都は、27日午後3時時点の速報値で、1日の人数としてはこれまでで最も多い570人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。また、都の基準で集計した27日時点の重症の患者は26日より1人増えて61人となりました。
都によりますと、感染が確認されたのは10歳未満から100歳以上までの男女合わせて570人です。
年代別では、▽10歳未満が14人、▽10代が33人、▽20代が147人、▽30代が120人、▽40代が76人、▽50代が67人、▽60代が47人、▽70代が39人、▽80代が22人、▽90代が4人、▽100歳以上が1人です。
1日の人数としては、今月21日の539人を上回ってこれまでで最も多くなりました。
また、都が感染を確認するのは、検査の実施からおおむね3日程度かかるということですが、3日前の今月24日は検査数が9792件とこれまでで最も多くなっています。
これで都内で感染が確認されたのは合わせて3万9649人になりました。
月ごとの感染の確認は、今月は、27日までで8567人に上り、8月の8125人を上回って最も多くなりました。
一方、都の基準で集計した27日時点の重症の患者は26日より1人増えて61人です。
5日連続の増加となり、ことし5月に緊急事態宣言が解除されたあとでは最も多くなりました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201127/k10012733391000.html

元巡査部長に強制わいせつ未遂罪で2年6月求刑 函館(27日)産経

交通違反切符を交付した女性の自宅近くを訪れ暴行したなどとして、強制わいせつ未遂とストーカー規制法違反の罪に問われた北海道警の元巡査部長、谷内章憲被告(41)の論告求刑公判が27日、函館地裁(日野進司裁判官)であり、検察側は懲役2年6月を求刑した。
 起訴状によると、谷内被告は今年7月、運転する車で女性の車を追跡したり、女性にわいせつな行為をしようと考え自宅付近を訪れ、両肩をつかんで「大声を出すと殴るぞ」と脅したりしたとしている。
 道警は9月に谷内被告を停職1カ月の懲戒処分とし、谷内被告は依願退職した。
https://www.sankei.com/affairs/news/201127/afr2011270006-n1.html

睡眠導入剤飲ませ女性に性的暴行、男2人逮捕(27日)TBS

 マッチングアプリで知り合った女性に睡眠導入剤を飲ませ性的暴行を加えたとして、男2人が逮捕されました。
 準強制性交などの疑いで逮捕されたのは、いずれも自称住所不定・無職の丹野凌太郎容疑者(29)と高橋良太容疑者(29)です。2人は今年9月、千葉県の飲食店で、マッチングアプリを使って知り合った20代の女性に睡眠導入剤を混ぜた飲み物を飲ませ船橋市のマンションに連れ込み、性的暴行を加えた疑いがもたれています。
 警察によりますと、2人は先月、別の強制性交事件で逮捕・起訴されていて、余罪を捜査したところ、高橋容疑者が今回の事件への関与を認めたということです。丹野容疑者は容疑を否認しています。
 2人が使っていたマッチングアプリの利用歴などから、警察は同様の手口で被害を受けた女性が10人以上いるとみてさらに余罪を調べています。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4137270.html

元KFC店長の男 特殊詐欺で逮捕「コロナで休業増え収入が激減」(27日)TBS

80代の女性からキャッシュカードを盗み、現金200万円余りをだまし取ったとして、ファストフード店の元店長の男が警視庁に逮捕されました。「コロナで収入が激減した」と話しているということです。
 詐欺などの疑いで逮捕されたのは、住所不定・無職の伊波翔平容疑者(29)で、先月6日、詐欺グループの他の仲間と大田区に住む80代の女性の自宅に「カードが不正に使われている」とうその電話をかけたうえ自宅を訪れ、キャッシュカード6枚を盗み、現金およそ220万円を引き出した疑いがもたれています。
 伊波容疑者は沖縄県でケンタッキーフライドチキンの店長として働いていましたが、取り調べに対し、「コロナの影響で今年3月から休業が増え、収入が激減し生活に困っていた」「ツイッターで高額バイトを見つけ、9月に仕事を辞めて上京した」と供述し、容疑を認めているということです。
 警視庁は余罪についても調べています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4137269.html

ドラマでも活躍のパグ 事故防止や犯罪の抑止を呼びかけ 岡山(27日)NHK

ドラマでも活躍しているパグが岡山県の警察の「対策犬」に任命され、地元の小学生とともに事故防止や犯罪の抑止を呼びかけました。

事故防止と犯罪抑止の「対策犬」に任命されたのは、岡山市に住む5歳のオスのパグ「田中太郎」です。
太郎はドラマや雑誌にも出演しているタレント犬で、赤磐警察署で「対策犬」への委嘱式が行われました。
太郎をサポートするため、地元の磐梨小学校の4年生17人が「お助け隊」に任命され、さっそく近くのスーパーに出動して買い物客らに啓発用のチラシを配りました。
チラシには車だけでなく自転車でも飲酒運転を絶対にしないことや、手口が巧妙化している特殊詐欺に警戒するよう記されていて、子どもたちは「安全運転をお願いします」などと声をかけながら手渡していました。
赤磐警察署の三澤幸芳 署長は「太郎くんも子どもたちもしっかりと啓発活動をしてくれたと思います。気ぜわしい年末に向け、パトロールを強化していきたい」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201127/k10012733181000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_019

銀座路上での社長連れ去り 金払って依頼した疑い 男を逮捕(27日)NHK

ことし8月、東京 銀座の路上で66歳の会社社長が車で連れ去られて監禁され現金などが奪われた事件で、すでに逮捕されている4人に連れ去りを依頼したとして36歳の男が逮捕されました。警視庁は、資産をねらう目的などでさらに別の人物が関わっている疑いがあるとして捜査しています。強盗などの疑いで逮捕されたのは、東京 台東区の職業不詳、森田進之介容疑者(36)です。
ことし8月、東京 銀座の路上で近くに住む貿易関連会社の66歳の社長をワゴン車で連れ去って現金などを奪ったとして暴力団員ら4人が逮捕されていて、森田容疑者は金を払って連れ去りを依頼した疑いが持たれています。
被害者の社長は、連れ去られたあとおよそ5時間車に監禁され、現金3000万円を振り込むよう脅されたということです。
事件は社長の資産などをねらう目的だったとみられていて、警視庁はさらに別の人物が関わっている疑いがあるとして捜査しています。
警視庁は森田容疑者の認否について明らかにしていません。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201127/k10012733521000.html

【注意】十八親和銀、行員なりすまし システム統合名目に詐欺3件確認 いずれも未遂(27日)共同

十八親和銀行(長崎市)は、来年1月の事務システム統合を前に、行員になりすまして通帳をだまし取る詐欺被害への注意を呼び掛けている。これまで旧十八銀行と旧親和銀行の合併に関連して、同様の行為を計3件確認。いずれも未遂にとどまった。
 「合併に伴い通帳とはんこをお預かりしたい」。17日、島原半島の高齢男性は、同行員を名乗る人物から電話でこう求められた。不審に思った男性は「分からない」と断って電話を切り、翌日、同行に連絡した。昨年10、11月にも別の顧客に同じような電話があったという。
システム統合に伴い、旧十八銀の通帳は来年1月4日以降、新通帳への繰り越し手続きが必要になる(旧十八銀ATMでの入出金・残高照会・記帳は旧通帳でも可能。旧親和銀の通帳は引き続き利用できる)。
 十八親和銀はこの機に便乗した詐欺を警戒。「暗証番号や口座番号を教えて」と求める手口も想定される。牛島智之執行役員は「営業店窓口以外で行員がお客さまの依頼なしに、通帳やはんこ、キャッシュカードを預かることはない。暗証番号や口座番号を直接尋ねることもない」と強調する。
 不審な電話や訪問があった場合、同行お客さま照会センター(旧十八利用客専用0120.18.0218か、旧親和利用客専用0120.48.0070)に問い合わせるよう求めている。
https://www.47news.jp/localnews/5541163.html

兵庫・姫路市議の発言は不当要求 倫理審査会が答申(27日)共同

兵庫県姫路市の市議が昨年6月、市職員に「適当なこと言うたら、とことんいくで」などと威圧的な言動をした問題で、市の委嘱を受けた倫理審査会は27日、不当要求行為に当たると判断し、清元秀泰市長に答申した。
 市によると、市議は公園のフェンスを高くするよう市に要請した際、職員の対応に不満を抱き、声を荒らげて叱り、職員の異動を求めた。2018年5月にも市議が職員を威圧する事案があったという。
 市はこれらの行為を職員倫理条例に基づき「不当要求行為の恐れ」と認定したが、市議会は先月「恐れではなく明らかな不当要求だ」として解明を要求。市が審査会に判断を求めた。
https://www.47news.jp/national/5540785.html

原子力規制委資料、不正閲覧疑い サイバー攻撃で警視庁捜査(27日)共同

 原子力規制委員会の全職員が利用する内部の情報システムに外部から不正アクセスがあり、非公開の内部資料を閲覧された疑いがあることが27日、規制委への取材で分かった。警視庁はサイバー攻撃により内部資料が不正に閲覧されたとみて、不正アクセス禁止法違反容疑などで捜査を開始。発信元の解明を進めている。
 規制委によると、システムは職員が行政事務で使うもので、業務用ファイルの共有などをしている。非公開の会議資料や、不開示情報に該当する可能性がある機密情報も取り扱う。機密性の高い核物質防護に関する情報は、別のシステムで管理しており、情報流出はないとしている。
https://www.47news.jp/national/5541303.html

新型コロナ 中学校生徒20人 合唱コンクールで集団感染か 兵庫(27日)NHK

兵庫県市川町の中学校で生徒20人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。地元の保健所は、先週行われた合唱コンクールの場で集団感染した可能性もあるとして感染経路を調べています。
兵庫県市川町の教育委員会によりますと町立市川中学校で、今月22日に生徒1人が38度5分の発熱を訴え、PCR検査の結果、陽性と判明しました。
その後、この生徒と同じクラスの生徒18人と、別のクラスの生徒1人それに教員2人の感染が判明し、中学校での感染者は、あわせて22人となりました。
全員が軽症か無症状だということです。
教育委員会によりますと、学校では今月20日、全校生徒が参加して体育館で合唱コンクールが開かれ、集団感染が起きたクラスの生徒はほとんどがマスクをせずに歌っていたということです。
合唱の際生徒たちは例年と同じような並び方で、間隔をあけるなどの措置は取っていなかったということです。
市川町を管轄する中播磨健康福祉事務所は合唱コンクールの場で集団感染が発生した可能性もあるとして詳しい感染経路を調べています。
学校は24日から27日まで休校とし、合唱コンクールに参加したすべての生徒や教職員、保護者、あわせておよそ300人にPCR検査を実施することにしています。
26日は密を避けるためにグラウンドで検査が行われ、防護服を着た教職員や保健所の職員が車で来た保護者や生徒に検査キットを渡して唾液を採取していました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201126/k10012733201000.html

死体遺棄疑い男女不起訴 浜松、死亡女性の息子も(27日)産経

浜松市の山中に平成30年、高梨ひさよさん=当時(83)=の遺体を捨てたとして、死体遺棄の疑いで40代の男女2人が逮捕された事件で、静岡地検浜松支部は26日、2人を嫌疑不十分で不起訴とした。一方、静岡県警が2人と共謀したとして、同容疑で高梨さんの息子=当時(55)=を容疑者死亡のまま書類送検していたことが分かった。地検支部は同日、息子も不起訴とした。
 男女は共に無職の森下昌也被告(47)と小出佳奈美被告(49)。30年2月ごろに浜松市天竜区の山中に高梨さんの遺体を遺棄した疑いがあるとして逮捕された。息子は高梨さんの死亡届を提出せず、両被告と共謀した疑いがある。遺棄事件の直後に自殺したとみられる。
 森下被告の供述に基づいて遺体が見つかったものの、2人の供述が一致しないことなどから、地検支部は「起訴に足りる証拠を得られなかった」と結論付けた。森下、小出両被告は高梨さんの口座から現金を引き出したとする窃盗罪などで起訴されている。
https://www.sankei.com/affairs/news/201126/afr2011260027-n1.html

東京地検特捜部、報告書不記載視野に捜査 「桜」夕食会、26年以降記載なし(27日)産経

安倍晋三前首相の後援会が「桜を見る会」前夜に主催した夕食会をめぐり、安倍氏側がホテルに支払う費用の不足分を補填(ほてん)していた問題で、東京地検特捜部が政治資金収支報告書に補填が記載されていなかったとして政治資金規正法違反罪(不記載)の適用を視野に捜査していることが26日、関係者への取材で分かった。また、安倍氏側の補填行為が平成25年から毎年行われ、後援会代表の公設第1秘書らが特捜部の調べに「(補填を長年にわたり)記載しなかった」と供述していることも判明した。
 夕食会は25年から昨年まで毎年開催されていたが、関係者によると、安倍氏の資金管理団体「晋和会」は、25年の夕食会分の補填については収支報告書に記載していたという。安倍氏側が当初は補填を記載する必要性を認識していた可能性があり、特捜部は記載されなくなった経緯などについて捜査しているもようだ。
 夕食会をめぐっては政治資金規正法違反罪のほか、飲食代などの補填が参加者である有権者への寄付にあたるとして、公選法違反罪でも告発状が出ている。
 公選法違反罪を適用するには、双方が寄付と認識していたことを立証しなければならない。ただ、特捜部の任意聴取に参加者らは「質素な食事だった」「実際の費用は分からない。寄付を受けている認識はなかった」などと説明していることなどから、特捜部は同罪の適用は困難とみているもようだ。
 一方、政治資金規正法は政治資金の収支を明らかにして団体の活動の公正さを担保することが狙いで、収支の記載を義務付けている。不記載が認定されれば、団体の代表や会計責任者らが同法違反罪に問われる可能性が高い。
https://www.sankei.com/affairs/news/201126/afr2011260029-n1.html

出入国管理法違反で逮捕のベトナム人男性を不起訴(27日)TBS

今月、出入国管理法違反の疑いで逮捕されたベトナム国籍の28歳の男性について、さいたま地検は26日付で不起訴処分としました。
 ベトナム国籍の28歳の男性は今月、警察が豚を違法に解体したとして逮捕・起訴されているベトナム国籍の男の自宅アパートを家宅捜索した際に同じ部屋に住んでいて、その後の警察の調べの中で出入国管理法違反の疑いで逮捕されていました。
 さいたま地検はこの男性について、26日付で不起訴処分としました。さいたま地検は不起訴とした理由を明らかにしていません。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4136647.html

冷蔵庫に乳児遺体 母親と内縁の夫 死体遺棄の疑いで逮捕 埼玉(27日)NHK

26日埼玉県川口市のマンションの一室で、冷蔵庫から乳児の遺体が見つかりました。ことし7月に生まれた乳児の安否が分からなくなっていて、警察は、身元の確認を進めるとともにいずれも中国籍で20代の母親と内縁の夫を死体遺棄の疑いで逮捕し、詳しいいきさつを調べています。
警察によりますと25日、虐待などで保護が必要な子どもについて警察や行政などが話し合う会議で、「ことし7月に生まれた男の子の安否が確認できない」という情報提供がありました。
26日になって中国籍の27歳の母親と連絡がとれたため、警察官が川口市内のマンションの部屋を訪れ、調べたところ、冷蔵庫の中の冷凍室から乳児の遺体が見つかったということです。
このため、警察は、母親と中国籍で24歳の内縁の夫が乳児の遺体を冷蔵庫に入れて遺棄したとして、2人を死体遺棄の疑いで逮捕しました。
警察は捜査に支障があるとして認否を明らかにしていません。
警察は、乳児の身元の確認を進めるとともに乳児が死亡した詳しいいきさつを調べています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201127/k10012733341000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

トラック運転手に「ウイルスまきちらすな」偏見など相談相次ぐ(27日)NHK

新型コロナウイルスの影響が長期化する中、全国各地の運送会社で働くドライバーから、偏見や中傷などで悩んでいると相談が相次いでいることが労働組合の調査でわかりました。
この調査は、産業別労働組合「運輸労連」が運送会社などで働く組合員を対象にことし9月から10月にかけて行いました。
それによりますと、47の都道府県ごとにある地方組織のうち、11の団体で食料や医薬品などを運ぶためにトラックで長距離を移動したり地域を回ったりするドライバーから偏見や中傷などで悩んでいると相談が相次いでいました。
なかには、首都圏から積み荷を運んだ際に感染防止策を徹底しているのに「ウイルスをまきちらすな」と配送先から責められたり、娘が出産するため帰省したところ、産婦人科の病院から難色を示され、2か月間、長距離の運送をやめたなどという相談もありました。このため「運輸労連」はドライバーが精神的なストレスから退職を余儀なくされるおそれがあるとして、27日、国土交通省に対策を求める要請書を提出することにしています。
「運輸労連」は「ドライバーは感染のリスクに対するストレスを感じながら物流を維持するという使命感で働き続けている。国には偏見や中傷をなくすという強いメッセージを発信してほしい」と話しています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201127/k10012733031000.html

ロシアのオウム幹部に禁錮15年 日本に1億円超送金(27日)時事

【モスクワ時事】インタファクス通信によると、ロシアでテロ組織に認定されているオウム真理教の幹部ミハイル・ウスチャンツェフ被告に対し、南部ロストフナドヌーの裁判所は26日、テロ集団を組織した罪などで禁錮15年の判決を言い渡した。
 同被告はロシアのオウム真理教の中心人物とされる。2018年5月に南部ボルゴグラードで地元住民を勧誘していた際に逮捕された。モスクワなどでも布教活動を行い、12年から16年に計8870万ルーブル(約1億2000万円)以上の資金を集め、日本の教団関係者に送っていたとされる。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020112601257&g=soc

盗んだ仏像を金色に塗装 長浜署、容疑の母子逮捕(27日)共同

長浜署は二十六日、長浜市元浜町のお堂に安置された地蔵と弘法大師の石像を盗んだ疑いで、いずれも彦根市鳥居本町、無職田中康裕容疑者(54)と、無職で母親の礼子容疑者(78)を逮捕したと発表した。
 逮捕容疑では、二人は共謀して九月七日午後六時半から七時ごろの間に、長浜市元浜町の大手町自治会と西本町自治会が管理する石像二体を盗んだとされる。署によると、両容疑者はおおむね容疑を認めているという。
 盗まれた二体は、長浜大手門通り商店街のお堂の地蔵(高さ約二十五センチ)と、JR長浜駅前の大通りにあるお堂の弘法大師像(高さ約四十センチ)。いずれも鍵は掛かっていなかった。署によると、近くの防犯カメラに両容疑者が映っていた。
 両容疑者は二体を自宅で保管。発見時は二十五センチ〜一メートルほどの石像六体が部屋に並び、このうち二体が今回盗まれたものだった。六体はいずれも、スプレーとみられる金色の塗装が施され、ピンクや白の前掛けが掛けられていた。署は、盗んだ動機や、他の四体の入手元も調べている。
 大手町自治会は盗難後、額入りの写真をお堂に安置していた。毎日、出勤と帰宅時に手を合わせるという杉本義明自治会長(60...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。
https://www.chunichi.co.jp/article/160718?rct=shiga

来年の新年一般参賀、取りやめ 宮内庁発表、コロナ禍で(27日)共同

宮内庁は27日付で、来年の新年一般参賀について、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて実施しないことを決めたと発表した。多くの高齢者が参加するほか、限られた場所に人が密集することなどを理由としている。取りやめは、昭和天皇の服喪中で開催されなかった1990年以来。
 今年は2月に予定されていた天皇誕生日の一般参賀もコロナ禍で実施直前に中止。感染症予防での取りやめは初だった。その後、皇室関連行事の延期や取りやめが相次いでおり、年明け以降の行事にも影響が及ぶことになった。
 今年の新年の一般参賀は上皇ご夫妻が姿を見せる場面もあり、約6万8千人が訪れた。
https://www.47news.jp/national/5539378.html

津市、住宅火災で2人死亡 89歳母と63歳息子か(27日)共同

26日午後10時40分ごろ、津市白山町、岩脇真澄さん(89)方が「燃えている」と、付近の住民から119番があった。三重県警津南署によると、約1時間後までに木造平屋をほぼ全焼し、焼け跡から男女2人の遺体が見つかった。
 津南署は、住人の岩脇さんと息子(63)と連絡が取れないことから、遺体はこの2人の可能性があるとみて確認を進めている。
 現場はJR名松線家城駅から南西に約500メートルの住宅街。
https://www.47news.jp/national/5539407.html

« 2020年11月26日 (木) | トップページ | 2020年11月28日 (土) »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

留置所

無料ブログはココログ