カテゴリー

« 2020年11月24日 (火) | トップページ | 2020年11月26日 (木) »

2020年11月25日 (水)

2020年11月25日 (水)

熊本県警巡査の自殺、公務災害に認定 長時間労働で申請(25日)朝日

熊本県警玉名署の刑事課巡査だった渡辺崇寿(たかとし)さん(当時24)が2017年に自殺したことについて、地方公務員災害補償基金県支部が公務災害と認めたことが25日、遺族代理人の弁護士への取材でわかった。遺族らは昨年9月、自殺は長時間労働などの心理的負荷が原因だったとして、労災にあたる公務災害に認定するよう申請していた。
 認定は13日付。代理人弁護士は「長時間労働が明白で、(公務災害と)認められるべき事案だったのでほっとした。県警の責任を問う第一歩だ」と評価。同基金からの通知には、認定された時間外勤務の状況や理由が明示されておらず、基金側に資料開示を求める。
 渡辺さんは12年4月に県警に採用された。17年4月に玉名署刑事課に配属され、強盗事件などの捜査を担当していた。弁護士によると、8月には知人女性に「昨日は寝ずに書類作成してました。ぐったりです」などと疲労をうかがわせるメッセージをLINEで度々送っていた。9月に福岡県内で自殺。遺書には「つかれたので休みます」などと残されていた。
 弁護士が入手した玉名署作成の報告書によると、渡辺さんの刑事課配属後の時間外勤務(当直時間を除く)は月平均約96時間。弁護士が当直時間も含め試算したところ、月に117~167時間だったという。
 県警警務課は取材に「公務災害に認められたことを真摯(しんし)に受け止めております。引き続き、職員の勤務条件の改善に努めて参りたい」とコメントした。遺族への謝罪も検討しているという。(井岡諒)
https://www.asahi.com/articles/ASNCT67BZNCTTLVB00H.html

ごみ置き場に火付けで逮捕の男性を不起訴 東京地検(25日)TBS

 東京・豊島区の複数のマンションのごみ置き場に火をつけたとして逮捕された27歳の男性について、東京地検は25日、不起訴としました。
 男性(27)は今年7月と8月、豊島区内の複数のマンションのごみ置き場に火をつけ、ポリバケツなどを燃やした器物損壊の疑いで、警視庁に逮捕されていました。
 東京地検は、この男性を不起訴にしました。不起訴の理由については明らかにしていません。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4135808.html

東京 小池知事「医療崩壊の回避を」「不要不急の外出控えて」(25日)NHK

東京都の小池知事は臨時の記者会見を開き「都内では非常に厳しい感染状況が続いている」と述べ、重症化を防いで医療崩壊を回避するための対策の1つとして、酒を提供する飲食店などに営業時間の短縮を要請すると説明したうえで、短期間で集中的に対策を講じることで感染拡大を食い止めたいという考えを示しました。

臨時会見「重症者が急増 予断を許さない状況だ」

東京都の小池知事は25日午後5時すぎから臨時の記者会見を開きました。
この中で小池知事は「現在、都において非常に厳しい感染状況が続いている。特に25日は重症者が54人に急増していて、予断を許さない状況だ」と述べました。そして「これまで『死亡者を出さない』、『重症者を出さない』、『医療提供体制の崩壊を防ぐ』の3つの柱で都民の命を守ることを最優先に考え、さまざまな対策を講じてきた。今、一層強い取り組みが必要な状況であると認識している」と述べました。
そのうえで「都民の命を守るため手段を尽くして重症化を防ぎ、医療崩壊を何としても回避しなければならず、これが1番重要だ。これ以上の感染拡大を食い止め、都民の命を守り抜くため、都として『感染対策短期集中』の覚悟であらゆる対策を講じていきたい」と述べました。
その対策の1つとして小池知事は、23区と多摩地域にある酒を提供する飲食店とカラオケ店に対し、今月28日から来月17日までの20日間、営業時間を午後10時までに短縮するよう要請すると説明しました。
全面的に応じた事業者には、一律で40万円の協力金を支給すると説明したうえで、事業者の理解と協力を求めました。
そして「都民にはできれば、できるだけ不要不急の外出を控えていただき、外出する場合には感染予防対策を万全にしていただきたい」と呼びかけました。
また、年末年始は会食の機会が増えるとして、体調が悪い人や、感染すると重症化リスクの高い高齢者や基礎疾患のある人は、会食への参加を避け、高齢者などと同居している家族も、できるだけ参加を控え、帰宅時には手洗いや消毒などを徹底してほしいと呼びかけました。
さらに、小池知事は「コロナ禍で仕事を失い、事業が立ちゆかなくなり、生活に困窮し、将来に不安を抱えている多くの方がいる。こうした方々に寄り添い、かけがえのない命を守ることも大変重要で、今後、都内の経済や都民の生活を全力で支えるため雇用対策や相談窓口の設置など、セーフティーネットの構築に向けた対策をより一層強化していきたい」と述べ、都民や事業者への支援策を検討する考えを示しました。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201125/k10012730521000.html

竜王町主査を逮捕 入札情報漏えい疑い―滋賀県警(25日)時事

滋賀県竜王町の発注事業をめぐり、業者に入札情報を漏らしたとして、県警捜査2課などは25日、官製談合防止法違反などの疑いで、同町総務課主査西村利継容疑者(49)=同町=を逮捕した。公契約関係競売入札妨害で建物メンテナンス会社社長の山本進容疑者(49)=同県草津市=ら2人も逮捕した。認否は明らかにしていない。
 西村容疑者の逮捕容疑は、2019年2月15日に行われた町役場の保守管理や清掃業務の入札で、予定価格を同社側に教え、近接した4275万6000円で落札させた疑い。
 県警によると、山本容疑者の会社が落札した業務は19年度からの3年契約。西村容疑者は山本容疑者らと業務を通じて知り合い、16年度からの業務も同社が落札していた。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020112501178&g=soc

両陛下、オンラインで交流 大分の高齢者団体など(25日)共同

天皇、皇后両陛下は25日、住まいの赤坂御所で、大分県豊後大野市の高齢者団体と東京都渋谷区のシルバー人材センター関係者とオンラインで交流された。敬老の日にちなんだ行事で、これまでは高齢者施設を訪問していたが、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、オンラインでの懇談となった。
 両陛下は、大分県の広瀬勝貞知事らから高齢者団体の活動状況などの説明を受けた後、画面越しに体操の様子を視察。5人の参加者に「体操されていかがですか」「新型コロナは心配ですか」などと、柔らかい表情で話し掛けていた。
https://www.47news.jp/national/5534231.html

大阪地裁、警官証言信用できない ゴールド免許、勝訴で復活(25日)共同

乗用車で信号無視をしたとしてゴールド免許を失った大阪府岸和田市の男性が、交通違反はしていないとして同免許の交付を府に求めた訴訟の判決で、大阪地裁(森鍵一裁判長)は25日、取り締まりをした警察官の証言は信用できないとして請求を認めた。
 男性は、直進したかったが信号に左折の矢印が出ており、停止したら後続車に迷惑が掛かると思い左折したと主張。警察官は「多数の信号無視の取り締まりを行っており、男性の信号無視を現認して違反車両を停止させ、所定の手続きをした以上の記憶はない」と説明。森鍵裁判長は「警察官の証言の信用性には限界があり、違反は認められない」と判断した。
https://www.47news.jp/national/5534296.html

ひき逃げで2人死傷、容疑で24歳男逮捕 茨城・古河(25日)産経

車同士の衝突事故で男性2人にけがを負わせ、そのまま逃走したとして、茨城県警古河署は25日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑などで、会社員、窪谷駿容疑者(24)=同県土浦市木田余=を逮捕した。男性1人が死亡しており、同署は過失致死傷容疑に切り替えて調べる。
 逮捕容疑は15日午前1時ごろ、古河市上辺見の県道で乗用車を運転し、いずれも運転代行業の野村勝美さん(68)=結城市=と石井良一さん(69)=筑西市=が乗った車と衝突したにも関わらず、そのまま逃走したとしている。
 2人は車外に投げ出されて頭などを強く打ち、野村さんは脳挫傷などで死亡、石井さんは外傷性くも膜下出血などの重傷だった。
 同署によると、現場に残された車の破片や、付近の防犯カメラの映像などから窪谷容疑者の関与が浮上。野村さんの車が交差点で転回しようとした際に衝突したとみられる。
https://www.sankei.com/affairs/news/201125/afr2011250030-n1.html

女性の体触る 強制わいせつ容疑で国税調査官を逮捕(25日)産経

帰宅途中の女性の身体を触ったとして、京都府警山科署は25日、強制わいせつ容疑で、大阪国税局東税務署の国税調査官、宮嶋哲平容疑者(31)=京都市山科区御陵大津畑町=を逮捕した。「酒を飲んだ勢いでやった」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は9月8日午後11時50分ごろ、同市山科区のマンション駐車場で、同区の女性会社員(24)に後ろから抱き着き、胸を触ったとしている。
 同署によると、2人に面識はなく、防犯カメラの映像などから宮嶋容疑者が浮上した。
 大阪国税局の雲田泰弘国税広報広聴室長は「職員が逮捕されたことは、誠に遺憾。事実関係が確認でき次第、厳正に対処する」とのコメントを出した。
https://www.sankei.com/affairs/news/201125/afr2011250031-n1.html

睡眠薬飲ませ性的暴行、容疑で男2人再逮捕 千葉(25日)産経

睡眠薬入りの飲料を女性に飲ませて性的暴行をしたとして、千葉県警は25日、準強制性交や監禁などの容疑で、丹野凌太郎容疑者(29)と高橋良太容疑者(29)=いずれも自称住所不定、無職=を再逮捕した。
 再逮捕容疑は共謀して9月4日、千葉県内の飲食店で睡眠導入剤を混ぜたドリンクを20代女性に飲ませて抵抗できない状態にした上で、同県船橋市内のマンションに連れ込んで乱暴したとしている。
 県警によると、高橋容疑者は容疑を認め、「女性とはマッチングアプリで知り合った」などと供述。丹野容疑者は否認している。県警は高橋容疑者が女性に睡眠薬を飲ませ、意識がもうろうとなったところをマンションへ運び、丹野容疑者がさらに酒を飲ませ暴行したとみている。
 県警は丹野容疑者に暴行された女性が今年に入り、少なくとも10人程度いるとみている。
https://www.sankei.com/affairs/news/201125/afr2011250032-n1.html

元宮古島市議、産経新聞社を提訴(25日)産経

 産経新聞のニュースサイト「産経ニュース」の記事で名誉を傷つけられたとして、沖縄県宮古島市の石嶺香織元市議が25日までに、産経新聞社に220万円の損害賠償と記事の削除を求める訴訟を東京地裁に起こした。
 記事は「自衛隊差別発言の石嶺香織・宮古島市議、当選後に月収制限超える県営団地に入居」(平成29年3月22日掲載)で、石嶺元市議が同年に市議当選後、所得制限のある県営団地に入居していたことを報じていた。
 産経新聞社広報部は「名誉毀損(きそん)には当たらないと考えています。具体的には裁判の中で主張、立証していきます」としている。
https://www.sankei.com/affairs/news/201125/afr2011250033-n1.html

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(25、26日 単位・レベル)
住宅侵入盗の検挙者増加
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20201125205301 Img_20201117_133224  11月に入って窃盗容疑で東京都東村山市の62歳の男が同市内の介護施設に侵入して現金などを盗んだとして警視庁に逮捕されたが、犯行の動機は「コロナが怖くて仕事をやめ、金が欲しくて盗んだ」と供述している。
 さらに、東京・池袋の家電量販店の倉庫からカメラのレンズ365万円相当を盗んだとして、46歳の元カメラマンが警視庁に逮捕さた。取り調べに対し、「コロナで撮影の仕事がなくなり、金に困っていたので盗んだ」と供述しているという。
 コロナウイルス禍―総務省によると今年9月の全国の失業者は前年より42万人増の210万人だという。犯罪の社会にもぼちぼちと影響が出ているのかなぁ…
 そういえば今年に入り住宅が対象の窃盗犯の検挙者数が増えている。
 … … … … …
 警察庁によると治安情勢を観察する際の指標となる重要窃盗犯の認知件数は4万4421件で、前年同期より1万3248件も減った。
 最も多いは侵入盗で3万8030件で、これに自動車盗の4395件、すりの1229件、ひったくりの767件と続く。侵入盗は前年より9617件も減少。うち住宅対象が5769件も減っている。
 検挙人員をみると総検挙人数は5930人で前年より-341人と減少幅が少ない。このうち侵入盗が少年も含むが4838人で同56人の減。
 ところがこの中で住宅対象が少年を含み1849人が検挙されている。内訳は成人が1696人で少年が153人。少年が前年より26人減ったものの、成人が34人も増えている。しかも、重要窃盗犯の中でも唯一増加している。
 この統計だけでは分からないが働き盛りが職を失い泥棒に走ったのかと勘ぐりたくなってしまう。
 その住宅対象泥棒の検挙人数のランキングは東京の269人、大阪の155人、愛知の118人、埼玉の102人、兵庫の90人、福岡の89人など。
 東京が前年より53人も増えたほか静岡も14人、千葉も13人増と増えたところが多いが、愛知が-40人、福岡が-25人など減少幅の大きい県もある。  
 首都・東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
201912031_20201125210101





詐欺グループから現金 容疑で弘道会系組長を逮捕 (25日)産経
https://www.sankei.com/affairs/news/201125/afr2011250016-n1.html
特殊詐欺で大学生ら2人逮捕、「オンラインゲームで勧誘され・・・」 (25日)TBS

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4135463.html

★持続化給付金詐欺疑いでキャバクラ経営者ら逮捕 静岡 (24日)産経
★ 孫を名乗る電話…91歳女性、110万円だまし取られる被害 自宅近くの路上で現金手渡す/志木 (23日)共同
★電話で細かく指示「詐欺かも」 コンビニ店員詐欺防ぐ (22日)朝日
★架空の日本語学校装い 留学希望者から入学金詐取か 男を逮捕 (20日)NHK
★ 山口組総本部を家宅捜索、神戸 特殊詐欺の指示系統解明へ(20日)共同
★オレオレ詐欺の疑い 派遣社員の男を逮捕 神奈川県警 (19日)産経
★名古屋市の弘道会本部を家宅捜索 特殊詐欺、組織的関与か (19日)共同
★中国大使館装う特殊詐欺 在日中国人が被害 引き出し役か男逮捕 (19日)NHK
★携帯に不審な中国語電話 日本人女性3600万円被害(18日)産経
★婚活女性のカード詐取疑い 被害7千万円、男を再逮捕 (18日)共同
★婚活女性のカード詐取疑い 被害7千万円、男を再逮捕 (18日)共同


東京“時短”要請を正式決定、小池氏「拡大食い止めるため」(25日)TBS

 東京都は新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、今週末から3週間程度、飲食店などに対し夜10時までの時短営業を要請することを正式に決定しました。
 「感染拡大食い止めるために、都民・事業者・行政、一体となって、徹底した対策を進めて講じていかなければなりません。そこでまず、営業時間の短縮要請、再度行います。効果的な実施を考慮いたしまして、23区および多摩地区の各市町村におきまして、酒類の提供を行う飲食店、およびカラオケ店といたします。営業時間は朝5時から夜10時までの間に時間を短縮しての要請となります。期間11月28日土曜日0時から、12月17日木曜日24時までの20日間。全面的にご協力いただいた場合には、一律40万円の協力金の支給を予定している」(東京都 小池百合子知事)
 東京都は午後4時前に対策本部会議を開き、今週土曜日28日の午前0時から来月17日までのおよそ3週間、酒を提供する飲食店やカラオケ店に対し午後10時までの短縮営業を要請することを決めました。対象は島しょ部を除く23区と多摩地域で、全期間の要請に応じた事業者には協力金として1事業者につき40万円を支給します。
 また、都独自に代金を補助する事業「もっとTokyo」は時短要請の期間中の新規の予約と販売を停止します。予約済みの旅行は補助するということです。
 「GoToイート」については、食事券の新規発行を一時停止し、ポイントの利用も控えるよう呼びかけますが、「GoToトラベル」に関しては現時点で国に除外を求める考えは無いということです。
 また、都民に対しできるだけ不要不急の外出を控えるよう呼びかける方針で、この後、午後5時から小池知事が臨時会見を開き説明します。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4135692.html

「飲酒後に呼吸が苦しい」と119番 沖縄で中学生の集団飲酒 学校前でも(25日)共同

沖縄県宜野湾市内の中学校正門前で19日午後7時ごろ、卒業生や同校の男子中学生5~6人とみられる集団飲酒があり、うち1人の男子生徒(12)が缶チューハイを飲んで急性アルコール中毒となった。母親から「飲酒後に呼吸が苦しいと言っている」と119番通報があった。飲酒発覚前には付近のコンビニで酒の万引があり、宜野湾署が関連を調べている。
市教育委員会によると正門前で飲酒し騒いでいるのに教員らが気付き、駆け付けると生徒1人が具合が悪そうにしていた。他の生徒らは既に立ち去っていたという。同教委は「卒業生を含む何人かが正門前で飲酒し騒いでいたと報告を受けている。あってはいけないことで、周辺校にも注意喚起をしていきたい」とした。
 県内では中学生が集団飲酒し、急性アルコール中毒症状を引き起こして救急搬送されるケースが相次いでいる。搬送された生徒はいずれもその後、回復した。
 豊見城市の学習塾で21日夜に同じ中学校に通う男女4人が集団飲酒をし、男子1人が急性アルコール中毒で救急搬送された問題では、同市教委が24日、飲酒や深夜徘徊(はいかい)防止のための見守り強化を市内の中学校に求めた。
照屋堅二教育長は「警察が捜査中でまだ詳しいことが分かっていない。詳細を把握し次第、対応策を検討し、再発防止に最大限努力する」と話した。「集団飲酒した当事者の中学生や同じ塾に通う生徒への誹謗(ひぼう)中傷があってはならない。家庭でも子どもたちの見守りをこれまで以上にお願いしたい」と保護者に協力を呼び掛けた。
 豊見城署によると塾は通常午後9時ごろに終業するが、生徒らの希望に応じて自習室を9時以降も開放しているという。同署は酒の購入先や塾の管理体制について詳しく調べている。
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/668644

安倍氏側、補填900万円超か 「桜を見る会」前日の夕食会 (25日)共同

安倍晋三前首相の後援会が主催した「桜を見る会」前日の夕食会を巡り、安倍氏側が費用の不足分として、会場のホテル側に支払った額は昨年までの5年間で計900万円を超えるとみられることが25日、関係者への取材で分かった。東京地検特捜部が政治資金規正法などに抵触する可能性もあるとみて経緯を調べている。
 関係者によると、安倍氏周辺は特捜部の任意の聴取に安倍氏側が補填したことを認めている。夕食会への支払いは5年間で総額2千万円を超えたが、参加者の会費だけで賄えなかったため、安倍氏側が毎年100万円以上、多いときで250万円を負担していた。

https://www.47news.jp/national/5533342.html

詐欺グループから現金 容疑で弘道会系組長を逮捕(25日)産経

詐欺で得た金と知りながら現金10万円を受け取ったとして、大阪府警捜査2課などは25日、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)の疑いで、特定抗争指定暴力団山口組の中核組織「弘道会」系組長の余嶋(よじま)学容疑者(54)=神戸市長田区東尻池町=を逮捕した。
 府警はこれまでに、活動実体のない休眠会社を使って大量の商品を仕入れ、代金を払わずに商品を処分して逃げる「取り込み詐欺」を繰り返していたグループのほか、詐取した商品を転売していた男ら計8人を逮捕。グループは、22の業者から家電製品や食品を詐取したとされ、確認されただけで被害額は約8400万円に上るという。
 逮捕容疑は昨年12月、取り込み詐欺で得た金と知りながら、グループのリーダー格である藤田岳弘被告(49)=詐欺罪で起訴=に親族の金融機関口座に10万円を振り込ませ、受け取ったとしている。
 藤田被告は平成29年ごろから大阪で取り込み詐欺を始め、同時期から余嶋容疑者に複数回にわたって詐欺で得た金や詐取した家電製品の一部を渡していたとみられる。
 府警は25日、余嶋容疑者の暴力団事務所を家宅捜索。午前10時ごろに段ボールなどを持った捜査員らが事務所に入った。
https://www.sankei.com/affairs/news/201125/afr2011250016-n1.html

北海道議「国がアイヌ甘やかしている」 訂正の意向示す(25日)朝日

北海道議会の道見泰憲道議(自民党・道民会議)が24日の環境生活委員会で、道のアイヌ民族の施策について質問した際、「アイヌの人々を甘やかしているのは国であり道であり、アイヌの人々自身ではないか」などと発言した。他会派の道議から発言を問題視する声が上がり、道見道議は発言を「訂正する」としている。
 道見氏はアイヌ民族とそうでない人々との間の格差解消などのための道の施策について、「格差解消のための施策を続けているのに格差が縮まらないのは政策に問題がある」と指摘。同時に「支援のスパイラルから抜け出したくない思いがアイヌの人々や道に見え隠れしているのではないか」と発言した。「このまま利権としてしか扱われないのであれば、アイヌ文化の末路は消滅でしかない」とも述べた。
 質問後、民主・道民連合の道議が発言を問題視し、委員会理事会で協議。自民・道民会議は25日の会合で、具体的な発言を特定せずに、所属議員の発言のあり方について注意したという。
 道見氏は25日、朝日新聞の取材に対し「『甘やかす』との発言は、趣旨を変えない形で訂正したい」とした一方、「施策の問題点を指摘したのであり、間違ったことは言っていない」とも話した。道見氏は札幌市北区選出で現在2期目。
 政府はアイヌ民族を「先住民族」と明記したアイヌ施策推進法を昨年5月に施行。同法ではアイヌ民族の差別を禁止し、アイヌの伝統を守り発展させる施策を国や自治体の責務としている。今年7月には北海道白老町にアイヌ文化をテーマにした初の国立施設「民族共生象徴空間」(愛称・ウポポイ)が開業した。(斎藤徹)
https://www.asahi.com/articles/ASNCT4519NCTIIPE00B.html?iref=comtop_7_06

知的障害がある少年に公園でわいせつな行為、43歳男を逮捕(25日)TBS

東京・杉並区の公園のトイレに知的障害がある10代の少年を連れ込みわいせつな行為をしたとして43歳の男が警視庁に逮捕されました。
 準強制わいせつの疑いで逮捕されたのは杉並区の自称・清掃業、矢田和雄容疑者(43)です。矢田容疑者は先月5日、杉並区にある公園のトイレで知的障害がある10代の少年の下半身を触りわいせつな行為をした疑いがもたれています。
 警視庁によりますと、少年は登校途中で、矢田容疑者が「ちょっと来て」と声かけて公園のトイレに連れ込んだということです。取り調べに対し、「昔から高校生くらいの子が好きだったので、わいせつなことをやってしまった」と容疑を認めているということです。
 矢田容疑者はこの少年にわいせつな行為を10回ほど行ったという趣旨の供述をしているということで警視庁が余罪を調べています。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4135464.html

特殊詐欺で大学生ら2人逮捕、「オンラインゲームで勧誘され・・・」(25日)TBS

80代の女性2人からキャッシュカードをだまし取り、現金240万円を引き出したとして、無職の男と私立大学生の男の2人が警視庁に逮捕されました。大学生は「オンラインゲームで勧誘された」と供述しています。
 窃盗の疑いで逮捕されたのは、無職の谷沢遼容疑者(22)と都内の私立大学4年の黒須優人容疑者(22)で、今年9月、東京・文京区の80代の女性2人からキャッシュカードをだまし取り、あわせて240万円を引き出した疑いがもたれています。
 警視庁によりますと、谷沢容疑者が黒須容疑者を勧誘し、同じ詐欺グループの仲間が80代の女性2人に「あなたのキャッシュカードが不正に使われた」などとうその電話をかけ、黒須容疑者が、女性の自宅でキャッシュカードを受け取り、金を引き出したということです。
 取り調べに対し、谷沢容疑者は「全く関係ありません」と容疑を否認していますが、黒須容疑者はこれまでの取り調べに「コロナ禍で大学が休学になり、バイトも首になった。自宅でオンラインゲームをしていたところ、稼げる仕事があると誘われた」と供述しているということで、警視庁は犯行に至った経緯などを調べています。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4135463.html

配管部品で4社が価格カルテルか 公取委、立ち入り検査(25日)共同

高層ビルの空調設備などに使われる配管をつなぐ部品を製造販売する4社が価格カルテルを結んだ疑いが強まったとして、公正取引委員会は25日、独禁法違反(不当な取引制限)の疑いで、群馬県太田市のベンカン機工など4社を立ち入り検査した。
 他に立ち入り検査を受けたのは、兵庫県洲本市の淡路マテリア、大阪市西成区の古林工業、東京都大田区の日本ベンド。
 関係者によると、4社は高層ビルの空調設備や石油精製工場、タンカーの配管などをつなぎ合わせる炭素鋼の溶接式継ぎ手の販売価格について、話し合いで引き上げていた疑いが持たれている。
https://www.47news.jp/national/5533133.html

新型コロナ 東京都 飲食店に営業時間短縮要請へ 28日~20日間(25日)NHK

新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、東京都は、酒を提供する飲食店などに対し、営業時間を午後10時までに短縮するよう要請する方針を固めました。期間は、今週土曜日、11月28日から12月17日までの20日間で、応じた事業者には1日2万円、最大で40万円の協力金を支給するということです。
都は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、対策の1つとして飲食店などに営業時間の短縮を要請するかどうかなどを検討してきました。
関係者によりますと、都は、23区と多摩地域の市にある酒を提供する飲食店とカラオケ店に対し、営業時間を午後10時までに短縮するよう要請する方針を固めました。
期間は、今週土曜日、11月28日から12月17日までの20日間で、応じた事業者には1日2万円、最大で40万円の協力金を支給するということです。
また、都は、外食需要を喚起する「Go Toイート」について、11月27日から12月17日までの3週間、▼プレミアム付き食事券の新規発行を一時停止するとともに、▼すでに発行された食事券やポイントの利用を控えることを呼びかけるよう政府に伝える方針です。さらに、都は、できるだけ不要不急の外出を控えるよう都民に呼びかけるほか、これに伴い、都民の都内での旅行に対する都の補助事業は、営業時間の短縮を要請する期間の旅行の新たな販売を停止するということです。
ただ、すでに予約済みの旅行は補助するということです。
こうした内容を都は、25日午後、対策本部会議を開いて決定し、小池知事が夕方の臨時記者会見で説明することにしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201125/k10012729891000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_013

1審無罪判決も2審で有罪主張の裁判 逆転有罪の判決に 東京高裁(25日)NHK

88歳の被告が車を運転して死亡事故を起こし、1審で無罪を言い渡されたにもかかわらず、2審で弁護士が主張を一変させて有罪を求めた異例の裁判で、東京高等裁判所は「家族から運転をやめるよう繰り返し注意されていて、運転をやめる義務があった」として、無罪を取り消し、禁錮3年の有罪判決を言い渡しました。
川端清勝被告(88)は、おととし1月、前橋市で自転車で登校途中の女子高校生2人を車ではねて、太田さくらさん(当時16)を死亡させ、もう1人にも大けがをさせたとして、過失運転致死傷の罪に問われました。
1審の前橋地方裁判所は「薬の副作用で血圧が下がったことが事故の原因の可能性が高く、予測できなかった」として、無罪を言い渡し、検察が控訴していました。
2審の裁判では被告の弁護士が「被告は高齢で、人生の最期を迎えるにあたり、罪を償いたいと考えている」などとして、無罪を取り消して有罪とするよう求める、極めて異例の主張をしていました。
25日の2審の判決で、東京高等裁判所の近藤宏子裁判長は、弁護士が有罪を求めたことについては、とくに触れず「被告は低血圧によるめまいの症状があることを自覚し、事故の数日前にも2日続けて物損事故を起こすなど、運転中に意識障害の状態に陥ることは予測できた」として、1審の判断に誤りがあると指摘しました。
そのうえで「家族から運転をやめるよう繰り返し注意されていて、被告は運転をやめる義務があった。身勝手な判断による過失で重大な事故を起こした」と指摘し、禁錮3年の実刑を言い渡しました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201125/k10012729981000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_008

札幌 新型コロナ 新たに75人感染確認 北海道内延べ7663人に(25日)NHK

札幌市は新たに再陽性の1人を含む75人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。25日はこれまでに函館市でも3人の感染が確認されています。
これで25日の北海道内の感染確認は合わせて78人となりました。
また札幌市は、これまでに感染が確認されていた、いずれも市内に住む90代男性1人と80代女性1人が24日に死亡し、80代男性1人が25日亡くなったと発表しました。
これで道内の感染者は延べ7663人となり、このうち、死亡した人は161人となりました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201125/k10012730071000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

兵庫県 新型コロナ 101人感染確認 県内計5000人超15時31分

新潟市 新型コロナ 介護施設の6人感染確認 県内計322人に14時51分

宮崎市 新型コロナ 新たに10人感染確認 県内計448人14時50分

岡山県 新型コロナ 計15人の感染確認 県内延べ530人14時56分

 

東京 新型コロナ 新たに401人感染確認 400人超は今月21日以来(25日)NHK

東京都は、25日午後3時時点の速報値で都内で新たに401人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。1日の感染の確認が400人を超えるのは、4日前の今月21日以来です。
これで都内で感染が確認されたのは、合わせて3万8598人になりました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201125/k10012729671000.html

障害者への暴行で初公判 支援施設元職員、起訴内容認める(25日)産経

北海道江差町の障害者支援施設「あすなろ学園」で平成30年、入所する男性の首を絞めたとして、暴行の罪に問われた同施設元職員の木村大樹被告(28)は25日、函館地裁(榊原敬裁判官)で開かれた初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた。
 起訴状などによると、30年8月中旬ごろから9月上旬ごろまでの間、施設で重度の知的障害がある男性の首を背後から左腕で絞める暴行を加えたとしている。
 函館地検は10月、別の日に同じ男性を暴行したとして同施設元職員の茶碗谷覚被告(28)も同罪で起訴している。
 道は昨年2月から学園に特別監査を実施。男性への虐待があったとして、学園を運営する社会福祉法人に改善を勧告していた。
https://www.sankei.com/affairs/news/201125/afr2011250005-n1.html

首相、安倍氏の国会招致「拒否」(25日)西日本

 菅義偉首相は25日の衆院予算委員会集中審議で、安倍晋三前首相主催の「桜を見る会」前日に開かれた夕食会で、安倍氏側が費用の一部を補填した疑惑に関し、安倍氏の国会招致を事実上拒否した。立憲民主党の枝野幸男代表が、これまでの安倍氏の国会答弁と食い違うと追及。本人に説明を促すよう求められた首相は「安倍氏は捜査に全面的に協力すると述べている。国会の件は国会で決めることだ」と語るにとどめた。
 枝野氏は「GoToトラベル」がコロナ感染拡大を助長したと指摘。これに対し首相は「地域経済を下支えしている。専門家の提言では、主要な原因とする証拠はないとされている」と反論した。
https://www.nishinippon.co.jp/item/o/667373/

桜を見る会 懇親会領収書 安倍事務所関係者「廃棄した」と説明(25日)NHK

「桜を見る会」の前日夜に開催された懇親会をめぐり安倍前総理大臣側が費用の一部を負担した際にホテル側が発行した領収書について安倍事務所の関係者が「廃棄した」と周囲に説明していることが関係者への取材で分かりました。
前総理大臣側は少なくとも800万円以上を負担したとみられ東京地検特捜部は詳しい経緯について調べを進めているものとみられます。
「桜を見る会」の前日夜に開かれ支援者らが参加した安倍前総理大臣の後援会主催の懇親会をめぐっては、去年までの5年間にかかった懇親会の費用のうち少なくとも800万円以上を安倍前総理大臣側が負担したとみられ、ホテル側が安倍前総理大臣自身が代表を務める資金管理団体「晋和会」宛てに領収書を発行していたことが明らかになっています。
この領収書について安倍事務所の関係者が「廃棄した」と周囲に説明していることが関係者への取材で新たに分かりました。
安倍前総理大臣の周辺の関係者は24日取材に対し、懇親会の費用の一部を事務所が負担していたことを認めた上で、事務所の担当者が「懇親会が始まった平成25年に、政治資金収支報告書に会の収支を記載していなかったため、事実と異なる内容を安倍氏に答弁してもらうしかないと判断した」と説明していることを明らかにしていました。
一方、東京地検特捜部はホテル側から領収書や明細書の提出を受けていて詳しい経緯について調べを進めているものとみられます。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201125/k10012729761000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

マンションで男性刺され死亡 「殺しました」42歳女逮捕―大阪府警(25日)時事

24日午後8時25分ごろ、大阪市住吉区墨江のマンションから、女の声で「人を殺しました」と110番があった。大阪府警住吉署員が駆け付けたところ、室内で胸から血を流して倒れている男性を発見。男性は病院に搬送されたが間もなく死亡した。同署は室内にいた住所不定、無職影山真佐実容疑者(42)を殺人未遂容疑で逮捕。容疑を殺人に切り替え、詳しい動機などを調べる。
 同署によると、死亡したのは高齢の男性で、左胸付近を刺され、布団の上で仰向けに倒れていた。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020112500039&g=soc

長崎、島根大にも爆破予告か 阪大院生を再逮捕―警視庁(25日)時事

インターネット上に長崎大や島根大などの爆破予告を書き込んだとして、警視庁捜査1課は25日、威力業務妨害容疑で大阪大大学院生の福山紘基容疑者(23)=奈良市あやめ池南=を再逮捕した。容疑を認め、「匿名ブラウザーを使ったので、ばれないと思った」と話しているという。
 逮捕容疑は7月31日と8月2日、ネット掲示板で長崎大と長崎県立大、島根大と島根県立大をそれぞれ名指しして「主要建物を8月7日に爆破する」などと投稿し、業務を妨害した疑い。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020112500631&g=soc

「それはだめだ。一緒に警察に行こう」 友人に諭され出頭、逮捕(25日)共同

兵庫県警兵庫署は24日、入管難民法違反(不法残留)の疑いで、神戸市に住むベトナム国籍の無職の男(23)を逮捕した。同署によると、寝泊まりさせてもらっていた同郷の友人男性に不法残留を打ち明けたところ、「それはだめだ。一緒に警察に行こう」と諭されて出頭したという。
 逮捕容疑は、2019年11月に技能実習ビザで入国し、在留期間は今月6日までだったにもかかわらず、その後も不法に国内に滞在した疑い。
 同署によると、男は在留期間が過ぎた後、居住地を転々とし、ベトナムで幼なじみだった神戸市兵庫区の男性宅に身を寄せた。男性に不法残留であることを打ち明けると出頭を促され、24日に同署を訪れたという。
https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/202011/0013890022.shtml

入管法違反 ベトナム人の男に猶予判決 長崎地裁(25日)共同

偽造在留カードを所持したとして入管難民法違反の罪に問われたベトナム人の長崎市船大工町、無職、男性被告(21)に対し、長崎地裁(堀田佐紀裁判官)は24日、懲役1年2月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡した。
 これまでの公判で、被告は、3月に帰国したかったが新型コロナウイルス感染拡大の影響でできず、滞在費を捻出するために働こうと、インターネットを通じて偽造カードを購入したと供述していた。
 堀田裁判官は偽造カードは精巧で違法性が高く、在留カードの社会的信用を害する危険性があったと指摘。一方、被告がカードを持ち歩いたり、使ったりしなかったことなどを考慮したと述べた。
https://www.47news.jp/localnews/5532402.html

強盗殺人疑い3人再逮捕へ 広島の死体遺棄事件(25日)共同

広島県の山中で8月、大阪府東大阪市の岡野満さん=当時(40)=の遺体が見つかった事件で、岡野さんを殺害し現金を奪ったとして、大阪府警捜査1課は25日にも、強盗殺人の疑いで、大阪市生野区の無職安田こずえ被告(46)ら男女3人=死体遺棄罪などで起訴=を再逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。
 安田被告以外の2人は、福岡市中央区の無職森本豊被告(43)と、大阪市生野区の建設作業員米田英之こと韓光次郎被告(54)。いずれも岡野さんの知人。
 捜査関係者によると、3人は共謀して8月、安田被告の自宅で岡野さんを殺害し、現金などを奪った疑いが持たれている。
https://www.47news.jp/national/5531782.html

福岡・宗像の養鶏場で鳥インフル 高病原性か、9万羽殺処分(25日)共同

福岡県は25日、同県宗像市の養鶏場で鶏の死骸が増え、簡易検査の結果、鳥インフルエンザの陽性を確認したと発表した。高病原性の可能性が高く、国が判断を確定させるための遺伝子検査を行う。県は、この養鶏場が飼育する約9万3500羽の殺処分を開始。周辺養鶏場の鶏の移動制限や車両消毒などの防疫措置を始めた。
 高病原性と確定されれば、今年の養鶏場での確認は香川に続いて2県目となる。福岡県では過去初めて。
 県は同日午前、対策本部会議を開き、小川洋知事は「初動対応の徹底による封じ込めが何よりも大事だ」と述べた。
https://www.47news.jp/national/5531438.html

救急車と乗用車が衝突 乗用車の男性死亡 栃木(25日)産経

24日午前8時45分ごろ、栃木県那須塩原市西富山の交差点で、右折しようとした乗用車に後ろから直進していた救急車が追突。乗用車を運転していた会社員、福田清二さん(59)=同県高根沢町大谷=が頭などを打って死亡した。
 県警那須塩原署などによると、現場は左折レーンのある片側1車線の交差点。救急車は福田さんの車を追い越すため、一時的に対向車線を走行しながら交差点に侵入。右折しようとした福田さんの車の右側面に衝突した。救急車は赤色灯を点灯させ、サイレンも鳴らしていたという。
 救急車は患者のもとへ出動する途中だったが、事故後に別の救急車が向かったという。同署は当時の信号機の状況など、事故原因を調べている。
https://www.sankei.com/affairs/news/201124/afr2011240026-n1.html

〈独自〉広島死体遺棄、知人3人を強殺容疑で再逮捕へ(25日)産経

広島県東広島市の山中で8月、大阪府東大阪市の男性(40)の遺体が見つかった事件で、大阪府警は25日にも、強盗殺人容疑で大阪市生野区の無職、安田こずえ被告(46)や福岡市中央区の無職、森本豊被告(43)ら男女3人=いずれも死体遺棄罪で起訴=を再逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、殺害された男性は3人の知人で、覚醒剤の売買をめぐるトラブルから安田被告が男性への暴行を計画。男性を安田被告の自宅マンションに呼び出し、ほかの2人と暴行を加えたとみられ、府警は詳しい経緯を調べる。
 男性は8月5日、安田被告宅を訪れたのを最後に行方が分からなくなり、同月26日に東広島市で遺体で見つかった。
 府警は安田被告らを死体遺棄容疑で逮捕し、男性の死亡への関与についても調べていた。
https://www.sankei.com/affairs/news/201125/afr2011250002-n1.html

GoToトラベル 札幌・大阪への旅行、3週間除外(25日)TBS

「GoToトラベル」キャンペーンについて、政府は札幌市と大阪市を目的地とする旅行を3週間、対象地域から除外すると発表しました。
 政府は24日、関係閣僚会議を行い、「GoToトラベル」キャンペーンの対象について、来月15日までの3週間、大阪市と札幌市を目的地とする旅行を除外すると発表しました。すでに予約済みの旅行も来月2日から対象外となります。
 来月3日までに旅行をキャンセルすれば、利用者にキャンセル料の支払いは求めず、宿泊施設や旅行業者などに対しては国が代金の35%分を補償するということです。
 「両市における医療ひっ迫の状況を悪化させない予防措置として決断した」(赤羽一嘉国交相)
 2つの市を再び追加することについて、観光庁は「3週間後の医療体制などを見て総合的に判断したい」としています。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4135244.html

小1男児が車にはねられ死亡 神奈川・藤沢市(25日)TBS

神奈川県藤沢市の市道で24日夕方、小学1年生の7歳の男の子が車にはねられ死亡しました。
 24日午後5時40分ごろ、藤沢市の市道で近くに住む小学1年生の池田晄貴くん(7)が57歳の男性が運転する軽ワゴン車にはねられました。池田くんは胸を強く打って病院に運ばれましたが、その後、死亡が確認されました。男性にけがはありませんでした。
 現場は、片側一車線の直線道路で信号機や横断歩道はなかったということで、警察は池田くんが道路を横断しようとした際に軽ワゴン車にはねられたとみて、事故の原因を調べています。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4135267.html

あおり運転 トラックやタクシーなど 事業者も処分対象に(25日)NHK

他の車の通行を妨害する危険な「あおり運転」について、国土交通省は今月27日から行政処分を強化し、トラックやタクシー、バスといった事業用自動車があおり運転をした場合、運転手だけでなく事業者も処分の対象にすることになりました。
「あおり運転」をめぐっては、運転した人については、ことし6月に施行された改正道路交通法で刑罰と行政処分が強化され、国土交通省は事業者についても行政処分を強化する手続きを進めていました。
その結果、道路運送法と貨物自動車運送事業法に基づく通達を改正し、トラックやタクシー、バスといった事業用の自動車の運転手が車間距離を極端に詰めるなどあおり運転をした場合は3日間の事業停止処分に、あおり運転をして重大事故を引き起こした場合は7日間の事業停止処分にできるようになりました。
処分は監査で指導や監督を明らかに行っていない場合に行われます。
行政処分の強化は今月27日からで、国土交通省は「あおり運転が起きないように事業者には指導や監督を徹底するよう促していく」としています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201125/k10012729411000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_009

没後50年 三島由紀夫と自衛隊(25日)NHK

作家の三島由紀夫が、自衛隊駐屯地の一角を占拠してクーデターを呼びかけ、その後、自ら命を絶った事件から、25日で50年です。
自衛隊を治安出動させ、政府に憲法改正を認めさせようとした三島。事件の3年前、三島と接触を重ねていた、ある自衛官がいました。
のちに陸上自衛隊のトップ・陸上幕僚長を務めた冨澤暉さんです。
三島とどんなやり取りがあったのか、話を聞きました。
(聞き手:政経・国際番組部 宮川徹志 社会部 南井遼太郎)

(記者)
三島由紀夫と出会ったのは、何がきっかけだったのでしょうか。
(冨澤さん)
その前に、きょう、ちょうどここに持ってきたものがあります。僕が三島に会った証拠品っていうのはないんだけれども、三島の書簡集というのがあるんですよ。

ここにね、昭和42年5月11日の封書が義理の父の藤原岩市のところに来ているんですよ。
ここに何が書いてあるかというと「前略その後御無沙汰してをります。日外(いつぞや)御出での節は、実に嬉しく、お懐かしく存じました。冨沢一尉のお宅まで御帯同下さつて、忘れがたい愉しい一夕でありました。その後、お蔭様で、元気でスケジュールを消化してをり、昨日を以てAOC(注:陸上自衛隊の幹部上級課程)を離れ、今日はレンジャー部隊へ入校いたし、張り切ってをります」と。
「AOCではすつかり戦術が面白くなり、なぜ早く、こんなに面白い学問を知らなかつたのか、と悔んでをります。AOCの中にも、胸襟を開いて話せる友を得ました」
これはもう明らかに私の同期のことなんだ。それで、この人と話せるなと思ったんだね。
「冨沢一尉にも親友の方々を集めていただき、一夕、相当突つ込んだ議論をして、青年将校の意気に触れました」と書いてあります。
ここに出てくる冨澤一尉が私のことです。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201125/k10012728181000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_005

子どもの自殺大幅増加 コロナによる生活変化が影響か(25日)NHK

自殺する人が急増する中、子どもの自殺も深刻になっていて、去年やおととしを大幅に上回るペースで増えています。専門家は「新型コロナウイルスの感染拡大による生活の変化が影響しているとみられる。子どもの気持ちをしっかりと聞く必要がある」と指摘しています。
厚生労働省が発表した統計によりますと、小中学生と高校生の自殺者はことし4月から先月までで246人と、去年の同じ時期より58人、おととしの同じ時期よりも42人多くなり、深刻になっています。
こうした中、各地の医療機関などには、子どもの受診や相談が増えているところがあるほか、学校での面談などに力を入れている地域もあります。
しかし、実際に面談をした教諭などからは「子どもの心をくみ取るのは難しい」といった声も出ていて、自殺のリスクのある子どもをどう見つけていくのかが課題となっています。
元高校教諭で、カウンセリング心理学が専門の関西外国語大学の新井肇教授は「増加の背景には新型コロナで社会不安が高まり、生活が変化したことがあるのではないか。子どもの変化を見つけたら、心配だと伝えたうえでどんな気持ちでいるのかしっかり聞く必要がある」と話しています。
続きを読む

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201125/k10012729311000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

政府のGoTo停止、場当たり対応 知事に判断「丸投げ」(25日)時事

政府は24日、札幌、大阪両市を目的地とする「Go To トラベル」の一時停止を決めた。予約済みの旅行も割引停止とする一方、両市から出発する旅行は引き続き助成対象とするなど、場当たり的な対応との印象は否めない。「第3波」に対する菅義偉首相の対応は腰の重さが目立つ。

「売り上げ大幅減」「抑制できるのか」 観光業者に悲鳴―GoTo一時停止

 「私権制約は必要最小限にしなければいけない。知事の意向を尊重しサポートしたい」。西村康稔経済再生担当相は24日、全国知事会とのテレビ会議で「トラベル」見直しについて、地域の実情に通じた各知事が主体で行うべきだとの考えを強調した。
 ただ、トラベル事業を停止するかどうかについて、各知事の判断に委ねるとの方針には「丸投げ」との批判もある。旅行促進策の停止が、西村氏の指摘する個人の権利制限にどうつながるのかも判然としない。
 全国知事会は、感染拡大地域から出発する旅行も一時停止の対象とするよう主張したが、西村氏は「医療の逼迫(ひっぱく)地域に多くの人が訪れ、感染が広がれば影響が出るとの考え方で整理した」と説明。両市出発の旅行は引き続き、割引対象とするが、政府関係者は「西村氏の説明を踏まえれば、病床の少ない離島なども対象外とすべきだ」と述べ、一連の対応を「ちぐはぐ」と断じる。
 政府がトラベル事業見直しにかじを切ったのは、新型コロナ対策分科会が20日の提言で「英断を心からお願いする」と踏み込んだことがきっかけ。各地では今月初めごろには感染拡大が始まっていたが、事業の見直しは分科会の提言後に突貫作業で進められた。利用者や事業者への周知はずれ込み、混乱は避けられそうにない。
 こうした政府の対応は、トラベル事業が首相の肝煎りであることも影響しているとみられる。制度設計には首相ブレーンの関与も指摘され、政府内からは「簡単に手を出せない」(省庁幹部)との声も漏れる。官邸幹部によると、首相が「第3波」に懸念を示したのは、1日当たりの感染確認数が全国で2000人を超えた先週半ば以降だったという。その後も、首相は記者団への短いメッセージなどを述べるだけで、感染対策を丁寧に説明する場面はみられなかった。
 政府の明確なメッセージを欠く中、23日までの3連休は各地で多くの人出が見られた。感染拡大によって、東京都や名古屋市では病床不足などが指摘されているが、感染拡大防止と経済回復の両立を目指す政府高官は「マスコミが不安をあおっている」といら立ちをあらわにした。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020112401123&g=soc

三島由紀夫に切られた制服現存 背中裂かれ、血痕も―負傷自衛官明かす・事件50年(25日)時事

作家・三島由紀夫=当時(45)=が1970年11月、「楯(たて)の会」会員と陸上自衛隊市ケ谷駐屯地の東部方面総監室に立てこもった際、三島に切り付けられた当時の自衛官が着用していた制服が現存していることが分かった。25日で事件から50年となるのを前に、元自衛官が初めて所在を明かし、時事通信は陸自小平駐屯地(東京都小平市)の倉庫に残されていた制服を確認した。
 取材に応じたのは、当時、東部方面総監部の会計課予算班長=3等陸佐=で、陸自中央会計隊隊長などを務めた元陸将補の寺尾克美氏(91)。
 寺尾氏の証言に基づいて確認した制服は、背中がコの字形に切り裂かれ、血痕のようなものが付着していた。1958年に導入された「58式冬服」とみられ、寺尾氏の当時の階級を示す3佐の階級章と、総監部が所属していた東部方面隊の部隊章が付いており、内側に寺尾氏の氏名が手書きされていた。
 寺尾氏によると、事件当日、寺尾氏は三島らが立てこもった総監室と同じフロアの別室で会議中で、総監監禁の報を受け、同僚と総監室に飛び込んだ。三島と共に自決した森田必勝=当時(25)=を押さえ付けた寺尾氏は、森田の手から短刀を奪い取ろうとした際、三島から日本刀で右腕と背中計4カ所を切られた。
 当初、寺尾氏は木刀だと思っていたといい、最初に切り付けられた右腕には何も感じず、次に受けた背中の一刀も「軽くたたかれたようだった」という。三島は「(総監室を)出ないと殺すぞ」と脅したが、寺尾氏が応じなかったため、刃先に力を込め、最後に受けた一番大きな傷は背骨と平行に長さ23センチ、深さ5センチに及んだ。
 刃先は肋骨(ろっこつ)まで達していたが、寺尾氏は「森田を押さえて背中を見せてかがんでいた。(三島に)殺意があれば、一発で首を落とすことができたはずだ」と振り返った。
 寺尾氏によると、制服は捜査に当たった警察が押収。三島と共に立てこもった楯の会会員の裁判終結後に返却され、会計科職種の教育も担う業務学校があった小平駐屯地に寄贈したという。時事通信の問い合わせを受けた後、「寄贈品」として登録した陸自は当時の総監室を保存した「市ケ谷記念館」(新宿区)での展示も検討している。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020112400718&g=soc

「桜」、安倍氏側費用補填認める 夕食会巡り、事情聴取に(25日)共同

安倍晋三前首相の後援会が主催した「桜を見る会」前日の夕食会を巡り、安倍氏周辺が東京地検特捜部の任意の事情聴取に対し、ホテル側への支払いの一部を補填したと認めていることが24日、関係者への取材で分かった。安倍氏側が昨年までの5年間、支払総額と参加者から集めた会費との差額を負担し、多い年で約250万円を補填した可能性があることも判明した。特捜部が立件の可否を検討している。
 関係者によると、安倍氏は問題発覚後の昨年末、事務所に確認した際、秘書が「会費以外の支出はない」と回答。この秘書は政治資金収支報告書に記載していなかったため、事実と異なる説明をしたという。
https://www.47news.jp/national/5530280.html

« 2020年11月24日 (火) | トップページ | 2020年11月26日 (木) »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

留置所

無料ブログはココログ