カテゴリー

« ネットで自殺誘う書き込み大幅増 半年で昨年分を上回る(30日)朝日 | トップページ | 組事務所をリフォーム 業者と稲川会系幹部に勧告 神奈川県公安委(30日)産経 »

2020年10月30日 (金)

発砲の注意喚起は3時間後(30日)西日本

長野県宮田村で9月、暴力団幹部が男性に発砲し大けがを負わせ逃走した事件で、発生直後に県警が住民への注意喚起の必要性を認識しながらも、防災無線で周知されるまで約3時間かかっていたことが30日、分かった。住民からは不満の声が相次ぎ、県警は「住民の不安の声を受け止め、より迅速な広報に努める」とした。
 事件は9月28日午後4時30分ごろ発生。県警は直後に村に防災無線を使った注意喚起の協力要請をした。しかし村幹部によると、その後県警からの連絡が滞り、概要が知らされたのは約2時間後。防災無線を流せたのは、既に報道で事件が伝えられていた後だった。
https://www.nishinippon.co.jp/item/o/659724/

« ネットで自殺誘う書き込み大幅増 半年で昨年分を上回る(30日)朝日 | トップページ | 組事務所をリフォーム 業者と稲川会系幹部に勧告 神奈川県公安委(30日)産経 »

暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ネットで自殺誘う書き込み大幅増 半年で昨年分を上回る(30日)朝日 | トップページ | 組事務所をリフォーム 業者と稲川会系幹部に勧告 神奈川県公安委(30日)産経 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

留置所

無料ブログはココログ