カテゴリー

« 兵庫でタンク爆発か、男性死亡 繊維会社の工場、1人軽傷(1日)共同 | トップページ | 少年法改正の要綱案「少年法の理念失う」 事件遺族らが要望書(1日)TBS »

2020年10月 1日 (木)

安保法制訴訟、請求棄却 憲法判断せず―前橋地裁(1日)時事

集団的自衛権の行使を認めた安全保障関連法は平和的生存権などを侵害し違憲だとして、群馬県内の市民ら約200人が国に1人当たり10万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、前橋地裁は1日、原告側の請求を棄却した。渡辺和義裁判長は「侵害された国民の権利や法的利益が認められない場合、違憲審査権を行使すべきではない」と述べ、憲法判断を示さなかった。原告側は控訴する方針。

安保法5年、米軍防護着々 進む一体化、中国にらみ

 渡辺裁判長は憲法9条について、「恒久平和主義が憲法の重要な理念で、国民が平和に生存することが基本的人権の保障に必要不可欠な前提条件だとうたうもの」と指摘。一方、「国家の統治機構や統治行動の規範を定めたもので、9条を根拠に平和的生存権という個々人の具体的権利が保障されているとは言えない」などと述べた。
 原告側によると、集団訴訟は全国22地裁に計25件起こされ、地裁判決は札幌、東京、大阪などに続き7件目。これまでの6件も憲法判断を示さないまま訴えを退けていた。
 前橋地裁は昨年6月、一連の訴訟で初めて証人尋問を実施。出廷した宮崎礼壹元内閣法制局長官は安保関連法について、「9条に一見して明白に違反する。(集団的自衛権は行使できないとする)長年の政府解釈や国会での議論に反している」などと意見を述べた。
 原告側弁護団の池末登志博弁護士は「憲法違反かどうかを確かめるために証人尋問したのに、全く反映されていない」と憤りをあらわに。大塚武一弁護士は「裁判所は証人採用した役割を放棄した。最後までの勇気を持たなかった」と批判した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020100100687&g=soc

« 兵庫でタンク爆発か、男性死亡 繊維会社の工場、1人軽傷(1日)共同 | トップページ | 少年法改正の要綱案「少年法の理念失う」 事件遺族らが要望書(1日)TBS »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 兵庫でタンク爆発か、男性死亡 繊維会社の工場、1人軽傷(1日)共同 | トップページ | 少年法改正の要綱案「少年法の理念失う」 事件遺族らが要望書(1日)TBS »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

留置所

無料ブログはココログ