カテゴリー

« 東武東上線で人身事故 女性死亡…駅に列車進入すると、ホームから線路に降りる 最大97分の遅れ/富士見(2日)共同 | トップページ | 両陛下、小中校長らと面会 新型コロナ対応に敬意(2日)時事 »

2020年10月 2日 (金)

サイバー犯罪対策が重要 行政デジタル化で―小此木国家公安委員長インタビュー(2日)時事

小此木八郎国家公安委員長は1日のインタビューで、菅内閣が推進する行政デジタル化に伴い、警察としてサイバー犯罪対策が重要な課題であるとの考えを示した。主なやりとりは次の通り。
 ―抱負は。
 就任は2度目だが、国民の生活から不安をなくす点では同じ仕事で、責任感を持ってやりたい。内閣としてデジタル化を推進するが、おのずと国民の生活空間も変わるので、緊張感を持って対応したい。
 ―オンライン化の進展で増大する懸念があるサイバー空間の脅威に対する取り組みは。
 国民の生活空間にサイバーやデジタルは欠かせない基盤になっているが、悪質な犯罪も増えている。こうした脅威への対処は重要な課題だ。捜査を通じて手口などを解明するとともに、インターネットバンキングの不正送金では、金融機関などとも連携して広報啓発を行い、被害拡大の防止に努めたい。
 ―運転免許証のデジタル化への取り組みは。
 マイナンバー制度を活用したデジタル化を関係省庁と連携して進めたい。国民の利便性が向上する機能の付加や、悪用を防ぐセキュリティーの確保が必要となる。
 ―東京五輪・パラリンピックに向けた取り組みは。
 警察として警備、交通対策を推進し、コロナ禍でも大会の安全かつ円滑な開催が確保できるよう万全を期す必要がある。
 ―大規模災害に対する警察の備えは。
 ヘリや水陸両用車など装備資機材の充実を図るとともに、災害発生時に全国から派遣される部隊を設置している。
 ―最近も著名人の検挙があった薬物犯罪の根絶に向けては。
 検挙者は大麻が増えていて、特に若年層が顕著だ。軽い気持ちで使う人もいるだろうが、重大な犯罪につながる。逆に著名人も広報啓発に協力してもらいたい。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020100100847&g=soc

« 東武東上線で人身事故 女性死亡…駅に列車進入すると、ホームから線路に降りる 最大97分の遅れ/富士見(2日)共同 | トップページ | 両陛下、小中校長らと面会 新型コロナ対応に敬意(2日)時事 »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東武東上線で人身事故 女性死亡…駅に列車進入すると、ホームから線路に降りる 最大97分の遅れ/富士見(2日)共同 | トップページ | 両陛下、小中校長らと面会 新型コロナ対応に敬意(2日)時事 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ