カテゴリー

« 佐世保署の男性警官自殺 パワハラ示唆の遺書(10日)西日本 | トップページ | 台風14号 近畿・東日本に接近 伊豆諸島・太平洋側大雨警戒を(10日)NHK »

2020年10月10日 (土)

五輪選手村、クラスター防げ 政府や組織委が対策案 食事は小分けで提供、共用施設は利用制限(10日)日経

2021年夏に延期された東京五輪・パラリンピックを巡り、政府や東京都、大会組織委員会は9日、新型コロナウイルス対策会議の第3回会合を開いた。選手村(東京・中央)での感染防止策などを議論。密集によるクラスター(感染者集団)発生を防ぐため、食事を小分けにして提供し、混雑を避けるため共用場所の利用を制限する案が示された。
選手村は14~18階建ての宿泊棟21棟や食堂などの関連施設で構成し、ピーク時にはスタッフを含めて約3万人が活動する一大拠点となる。五輪で1万人以上を見込む選手の大半が滞在するとみられ、感染対策の徹底が求められる。
組織委が9日の会議で示した案によると、五輪時に約4500席を設ける予定だったメイン食堂の座席数を削減。飛沫感染を防ぐアクリル板を設け、バイキング形式を想定していた食事も調理スタッフが個別に提供するほか、あらかじめ小分けにして対応する。フィットネスセンターや選手らの交流拠点となる「ビレッジプラザ」といった共用部分も混雑を避けるため、入場者を制限するなど運用を見直す。
 43の競技会場では、感染の可能性がある場所と安全な場所を区別する「ゾーニング」を徹底。選手とスタッフらの接触を最小限にするなどして対策を講じるとしている。
選手の行動ルール案も示された。定期的な体温測定やアプリの活用を通じて体調管理を行い、競技や練習、食事といった場合を除きマスク着用を求める。
他者との不要不急の接触は避け、滞在先は選手村か、自治体が手配する宿舎、各国のオリンピック委員会(NOC)が独自で手配するホテルなどに限定する。組織委の武藤敏郎事務総長は会議後に記者団に対し、ルールに違反した場合は警告や厳格な措置をとる可能性に言及し、「どう実効性を担保するか考えたい」と話した。今後、国際オリンピック委員会(IOC)などと調整する。

続きを読む
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64838160Z01C20A0CR8000/

« 佐世保署の男性警官自殺 パワハラ示唆の遺書(10日)西日本 | トップページ | 台風14号 近畿・東日本に接近 伊豆諸島・太平洋側大雨警戒を(10日)NHK »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 佐世保署の男性警官自殺 パワハラ示唆の遺書(10日)西日本 | トップページ | 台風14号 近畿・東日本に接近 伊豆諸島・太平洋側大雨警戒を(10日)NHK »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

留置所

無料ブログはココログ