カテゴリー

« 事件でっち上げの巡査部長を免職 愛知県警、覚醒剤摘発で虚偽(16日)共同 | トップページ | 全国最低から14位に大幅改善 三重県 横断歩道での一時停止率(16日)NHK »

2020年10月16日 (金)

川崎通り魔、二審も懲役28年 自首成立認めず、東京高裁(16日)共同

川崎市宮前区のトンネルで2006年9月、帰宅途中の黒沼由理さん=当時(27)=が刺殺された通り魔事件で、殺人罪に問われた鈴木洋一被告(40)の控訴審判決で、東京高裁は16日、懲役28年とした一審横浜地裁の裁判員裁判判決を支持し、弁護側の控訴を棄却した。
 控訴審で弁護側は自首の成立を主張し、刑を軽くするよう求めたが、近藤宏子裁判長は、被告が自供する以前に、捜査機関によって被告の犯行とほぼ絞り込まれていたと指摘。「自首には当たらない」として退けた。
 判決によると、06年9月23日午前0時ごろ、宮前区のトンネル内の歩道で、黒沼さんの腹と胸を包丁で刺し殺害した。
https://www.47news.jp/national/5382357.html

« 事件でっち上げの巡査部長を免職 愛知県警、覚醒剤摘発で虚偽(16日)共同 | トップページ | 全国最低から14位に大幅改善 三重県 横断歩道での一時停止率(16日)NHK »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 事件でっち上げの巡査部長を免職 愛知県警、覚醒剤摘発で虚偽(16日)共同 | トップページ | 全国最低から14位に大幅改善 三重県 横断歩道での一時停止率(16日)NHK »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ