カテゴリー

« 窓からドローン投入、死角先回り クマ捜索職員に感謝状(30日)朝日 | トップページ | 交番で包丁持ち45歳男が5時間居座り 愛知(30日)産経 »

2020年10月30日 (金)

神様になった警察官…(30日)西日本

神様になった警察官が佐賀県唐津市肥前町にいる。明治時代、コレラが大流行する高串地区に派遣され、自らも感染し25歳で亡くなった増田敬太郎巡査だ。増田巡査は感染を恐れる住民に代わり、不眠不休で遺体を埋葬し患者を隔離した。死後、コレラが収まったことから、住民は神社を建立し遺徳をしのんでいる。
 先日、住民が造った増田巡査の山車が佐賀市で開かれる「さが維新まつり」で展示されると聞き、出発式を取材した。住民たちはまつりを前に3週間かけ山車を修復。山車に載った増田巡査の人形に、「敬太郎さん」と親しみを込めて話し掛けるおばちゃんもいた。「地域の存続は巡査のおかげ」と、死後120年以上たっても慕い続ける地域の人たちに頭が下がった。
 新型コロナ収束の出口が見えない中、最前線に立つ医療従事者の献身的な活動が続く。「感謝の心を忘れるな」-。高串の住民にそう教わった気がした。 (野村創)
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/659486/

« 窓からドローン投入、死角先回り クマ捜索職員に感謝状(30日)朝日 | トップページ | 交番で包丁持ち45歳男が5時間居座り 愛知(30日)産経 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 窓からドローン投入、死角先回り クマ捜索職員に感謝状(30日)朝日 | トップページ | 交番で包丁持ち45歳男が5時間居座り 愛知(30日)産経 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ