カテゴリー

« 2020年10月30日 (金) | トップページ | 2020年11月 1日 (日) »

2020年10月31日 (土)

2020年10月31日 (土)

殺意否認、複数関与を示唆 宮城インド人殺害でパキスタン人容疑者(31日)産経

宮城県柴田町の建設会社経営のインド人男性(45)を殺害し金品を奪ったとして、強盗殺人容疑で逮捕されたパキスタン人の建設作業員、レフマン・アブダル容疑者(37)が「殺すつもりはなかった」と供述していることが31日、捜査関係者への取材で分かった。首を絞めたことは認め、他人の関与を示唆しているといい、県警は慎重に経緯を調べている。
 逮捕容疑は7月25~26日、当時勤めていた建設会社社長のシン・ラカウェンダラさん宅でシンさんの首を絞めて殺害し、ビジネスバッグなどを奪ったとしている。
 県警によると、シンさんは同25日夜に死亡したとみられ、翌26日に居間で複数の従業員が遺体を見つけた。その際にレフマン容疑者もいたという。容疑者は10月31日に送検された。
https://www.sankei.com/affairs/news/201031/afr2010310012-n1.html

男性が電車とホームの間に…「止めて」高校生2人が連携(31日)朝日

 駅のホームから転落した高齢男性の救助に貢献したとして、福岡県警朝倉署は、高校生2人に表彰状を贈った。
 表彰状を受け取ったのは朝倉東高校1年の石橋咲希さん(16)と朝倉高校1年の太田一翔さん(16)。
 9月25日午後7時半ごろ、甘木鉄道の甘木駅(朝倉市)で80代の男性が電車から降りた後にふらつき、電車とホームのすき間に落ちた。帰宅途中だった石橋さんは、一部始終を目撃。「電車を止めてください」と運転士に知らせた。
 待合室にいた太田さんは、石橋さんから話を聞いてすぐに119番通報した。男性は軽いけがをしたが、駆けつけた救急隊に救助された。
 石橋さんは幼い頃に、両親が路上で座り込んでいる高齢男性の体調を心配して声をかける姿を見た。「自分も困った人に気配りができるようになりたい」と考えるようになり、今回も迷わず行動に移した。「当たり前のことを当たり前にできる大人になりたい」。太田さんは「自分がなんとかしなきゃと思った。命が助かってよかった」と笑顔だった。(川辺真改)
https://www.asahi.com/articles/ASNB04STDNBGTIPE00Q.html

女子高校生死亡の逗子崩落事故 ”前日に亀裂”(31日)NHK

ことし2月神奈川県逗子市で道路脇の斜面が崩れ、当時18歳の女子高校生が死亡した事故で、事故の前日に斜面の上に建つマンションの管理人が斜面上部に亀裂を見つけていたにもかかわらず、マンションの管理会社から県に対して具体的に報告されていなかったことがわかりました。
ことし2月、逗子市で道路脇の斜面が突然崩れ、歩道を歩いていた当時18歳の女子高校生が巻き込まれて死亡しました。
崩れた土砂の総量はおよそ68トンと推定されるということです。
この事故について午後6時ごろから神奈川県が記者会見を開き、事故の前日に斜面の上に建つマンションの管理人が斜面上部に亀裂を見つけ管理会社に報告していたことを明らかにしました。
亀裂は長さおよそ4メートル幅およそ1センチとみられ、管理会社からその日のうちに県の横須賀土木事務所などに連絡がありましたが、「法律に基づく土砂災害特別警戒区域の指定に向けた調査日程を教えてほしい」といった内容にとどまり、亀裂については具体的に報告されなかったということです。
亀裂の報告があったのは事故の5日後だったということです。
会見した神奈川県の担当者は「できることは限られ非常に難しかったと思うが、危険だと判断できていたら市道を管理する逗子市に情報を提供して通行止めにするなど対応をとることができた可能性もある」などとしています。 この事故をめぐっては県が崩落の原因について「激しい風化」だとする国の専門家の調査結果を公表したほか、警察も斜面の安全管理に問題がなかったか捜査を続けています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201031/k10012690261000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_018

「DJポリス」出動もハロウィーン自粛 渋谷の街 仮装姿ほぼなし(31日)HNK

山口組のハロウィーン行事消滅か 条例改正、子ども守る態勢強化(31日)共同

特定抗争指定暴力団山口組の総本部(神戸市灘区)がハロウィーンに合わせ、地元の親子らを招き、お菓子を配るイベントがなくなりそうだ。10月の兵庫県・条例改正が影響したとみられ、ハロウィーン本番の31日、総本部周辺は閑散としていた。捜査関係者は「子どもが暴力団と接する機会をなくし、将来の犯罪への加担を防ぐ」と意気込む
 県警は2013年からイベントを確認。18年には住民約千人が参加、県警は住民懐柔が目的とみている。
 風物詩としてなじむことへの危機感から改正された県暴力団排除条例では、組員による18歳未満への組事務所の出入り許可や金品配布、勧誘などを禁止した。
https://www.47news.jp/national/5442554.html

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(31、1日 単位・レベル)
自殺といじめ
 【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20201031203901 Img_20201021_121426  今年9月に千葉県流山市の踏切で、同じ市立中学校に通う男子生徒2人が相次いで電車にはねられて死亡する事故があったが、自殺とみられているものの、その原因は何なのかだ。市の教育委員会は原因究明と再発防止のため新条例を制定したうえで特別な調査委員会を立ち上げる方針だという。
 少年の自殺―文部科学省によると令和元年の小、中、高校生の自殺者数は317人。原因で最多は家庭の不和で33人、進路の問題が32人、父母などの叱責が31人などと続くが、いじめは僅か10人。ところが不明は188人もいる。
 一方、やはり文科省の調査で同年のいじめと認知された件数は61万2496件もあり過去最高だという。
 そこで問題は自殺要因の不明者数で、これを明らかにすることが大事だと指摘する大学教授もいる。
 … … … … …
 その問題の「いじめ」だが、警察庁によると令和元年のいじめに関する事件数は203件で前年より51件の増。平成27年の200件以降、過去5年間で最多だった。
 このうち「いじめ」による事件は192件で、仕返しによる事件は11件。
 一方、このいじめに起因する検挙・補導人員は266人。最も多いのは中学生で140人。これに小学生の66人、高校生の60人と続く。
 罪種別でみるといじめの総数で最多は暴行で68件。次いで傷害の45件、暴力行為の8件などだが、児童買春・児童ポルノは42件もあった。
 千葉県の自殺問題も原因が特定できて初めて再発防止に繋がるもの。
  昨年7月に三重県内で自殺した中学3年の男子生徒の、自殺といじめの因果関係も結論が出ていないなどという事例も多く、いじめに関する相談も増加している。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
201912031_20201031204301
★「料金未納で提訴」と偽の訴状郵送 詐欺未遂容疑で逮捕(29日)朝日
★芸能プロデューサー装いモデル志望の女性から現金詐取、男逮捕(28日)TBS
★神社で200万円の特殊詐欺 埼玉、69歳男性が呼び出される(28日)共同
★給付金詐欺の疑いで男女4人逮捕 計1億円を虚偽申請か(27日)朝日
★甥を装い現金50万円詐取で27歳男を逮捕、特殊詐欺Gでかけ子兼指示役か(28日)TBS
★電話詐欺は「だメェ~」 ヤギのポニョ、大使に任命(26日)共同
★スマホ気にする女性…詐欺かも? 郵便局員が被害防ぐ (25日)朝日
★特殊詐欺防止で人気漫画家3人がタッグ 警視庁ポスター(23日)朝日
★特殊詐欺犯罪を打ち返そう!温泉にバットで呼びかけ 愛知 豊川(23日)NHK
★福井の高齢女性2500万円詐欺被害 同居家族に「言うな」と犯人指示(23日)共同
★女子学生ら5人逮捕 山梨県警、持続化給付金詐取の指南役か(22日)産経
 
 

 

東京都 新型コロナ 215人感染確認 200人超は3日連続(31日)NHK

東京都は31日午後3時時点の速報値で都内で新たに215人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。1日の感染の確認が200人を超えるのは3日連続です。
これで都内で感染が確認されたのはあわせて3万1096人になりました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201031/k10012689941000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

青森市で70代男性が新型コロナ感染確認14時42分

福井 新型コロナ 今月18日以来の感染確認14時31分

福島県 新型コロナ 新たに1人感染確認 県内計388人に11時01分

空き家からガサガサ 気づいた高校生、逃げた人を追った(31日)朝日

職務質問から逃げた男を走って追いかけ、逮捕に貢献したとして、愛知県警昭和署は29日、名古屋市立向陽高校の3年生4人に感謝状を贈った。

 受け取ったのは、杉浦佑都さん(17)、中川基樹さん(18)、遠藤想太さん(18)、竹之内聖貴さん(17)。20日夕、名古屋市昭和区の交差点で警察官が不審車両を止め、職務質問した際、30代の男が逃走し、下校中の4人が通りかかった。
 「追うぞ」。杉浦君が声をかけ、中川君と猛ダッシュで追跡。住宅街で見失ったが、耳を澄ませると、古い空き家の塀の中から、ガサガサと物音が聞こえた。合流した遠藤君、竹之内君とともに、警察官に男の居場所を伝え、取り囲んだ。
 男は塀を乗り越え、再び逃走。…
この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。
残り:181文字/全文:473文字
https://www.asahi.com/articles/ASNBZ6W8KNBYOIPE00H.html

東京新聞記者を停職処分 取材で暴力的行為―中日新聞社(31日)時事

東京新聞社会部の40代男性記者が厚生労働省の職員を取材した際、机をたたいて怒鳴るなどの暴力的行為をした問題で、発行元の中日新聞社は11月1日付でこの記者を停職2週間とする懲戒処分を決めた。東京新聞の31日付朝刊で明らかにした。

マスク取材で暴力的行為 東京新聞、厚労省に謝罪文

 監督責任を問い、東京新聞の大場司編集局長と杉谷剛社会部長を11月1日付でけん責とした。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020103100309&g=soc

カレンダーに知らない予定が追加 サイト誘導、金銭被害の恐れも(31日)共同

 iPhone(アイフォーン)のカレンダーに勝手に予定が追加され、表示されたURLをクリックするとフィッシングサイトに誘導される―。こうした事例が7月以降、サイバー対策を研究する独立行政法人情報処理推進機構(IPA)に多数寄せられていることが31日、分かった。カレンダーの共有機能を悪用した手口で、クレジットカード情報などを入力すれば現金を引き出される可能性もあり、IPAは「見覚えのないURLは絶対に開かないで」と呼び掛けている。
 カレンダー機能に関する相談は、6月まで月に数件しかなかったが、7月になって55件に急増。8、9月もそれぞれ30件以上だった。
https://www.47news.jp/national/5440597.html

北海道警、3警官を書類送検 速度違反捏造疑い(31日)共同

北海道警交通機動隊の警部補が交通違反の取り締まりで車の速度記録を捏造したとして逮捕された事件で、道警が、警部補と不正な取り締まりを行ったとして証拠偽造と虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで、同隊の部下3人を書類送検していたことが31日、捜査関係者への取材で分かった。

 3人は、警部補で同隊小隊長の吉本潤容疑者(58)=証拠偽造の疑いなどで逮捕=と共謀し、パトカーで車両を追跡中に電柱などの静止物にレーザーを照射して測定した値を車の速度として記入し記録用紙を偽造、上司に書類を提出するなどして取り締まりを行った疑いが持たれている。
https://www.47news.jp/national/5441198.html

阿武隈急行、1年ぶりに全線再開 台風19号で被災(31日)共同

昨年10月の台風19号で被災した阿武隈急行(福島県伊達市)は31日、不通だった富野(伊達市)―丸森(宮城県丸森町)間15.4キロの運行を再開した。全線復旧は被災から約1年ぶり。
 最初の列車が富野方面に向けて出発するのに先立ち、同社の菅原久吉社長は丸森駅で「沿線地域の活性化に取り組む」とあいさつした。
 阿武隈急行は福島(福島市)―槻木(宮城県柴田町)間の54.9キロを結ぶ。通勤、通学の客が多いが、阿武隈川観光を目的とした利用者もいる。台風19号では阿武隈川の氾濫で県境区間の被害が大きく、駅ホームや線路に土砂が流れ込むなどした。
https://www.47news.jp/national/5441551.html

トルコ沖地震死者22人に 780人負傷 ギリシャの島も被害 (31日)産経

米地質調査所(USGS)によると、トルコ西部イズミル沿岸のエーゲ海で30日午後2時51分(日本時間同8時51分)、マグニチュード(M)7・0の地震があった。イズミルでは多数の建物が崩落し、生存者の捜索・救助作業が行われている。イズミルや沿岸のギリシャ領サモス島では津波も発生し、少なくとも22人が死亡、780人以上が負傷した。
 ロイター通信によると、トルコ当局はイズミルで崩落、破損した17の建物で救助活動を行う一方、被災者のために2000人が収容できるテントを設営した。イズミルの沿岸一帯では津波も起き、冷蔵庫や椅子、テーブルなどが流される動画もSNSにアップされた。英BBC放送はサモス島で津波から避難する人々の映像を放映した。
 トルコのエルドアン大統領とギリシャのミツォタキス首相は電話で会談し、互いに相手国の被災地で支援を行う用意があると表明し、協力して対処する方針を示した。トルコは最近、ギリシャと海洋権益が重複する東地中海で資源探査を行うなどして両国関係は悪化していた。
 両国は1999年の地震の際には相互に協力し、関係改善の契機になったともいわれる。(中東支局 佐藤貴生)
https://www.sankei.com/affairs/news/201031/afr2010310003-n1.html

親子の日本移送を要請 米政府、ゴーン被告逃亡で(31日)産経

米政府は30日、元日産自動車会長カルロス・ゴーン被告の保釈中の逃亡を手助けしたとして拘束された米国人親子2人に関し、日本への移送手続きを再開するよう裁判所に要請した。米政府が東部マサチューセッツ州の連邦地裁に提出した文書で明らかになった。
 米国務省は27日付で日本への引き渡し承認を決定したが、弁護側が異議を申し立て、地裁は29日に移送を一時差し止める判断を出した。
 文書は、日本の当局者が移送手続きのため「数日中に」渡米する計画があると指摘。弁護側の申し立てはこれまでに裁判所が却下した議論を再び持ち出しているにすぎないとし、早急に却下するよう求めた。
 2人は陸軍特殊部隊グリーンベレーの元隊員マイケル・テイラー容疑者(60)と息子のピーター容疑者(27)。東京地検特捜部が犯人隠避などの容疑で逮捕状を取り、米当局が5月に米国で拘束した。(共同)
https://www.sankei.com/affairs/news/201031/afr2010310004-n1.html

広がるオンライン・ハラスメント、若い女性の過半経験(31日)日経

SNS(交流サイト)上のひぼう中傷や嫌がらせなどの「オンライン・ハラスメント」が日本の若年女性の間にも広がっている。自分自身や知り合いの女性の経験として「とても頻繁」「頻繁」と答える人が51%に達した。

国際非政府組織(NGO)プラン・インターナショナルが15~24歳の女性を対象に調査し、日本では約500人が回答した。経験したハラスメントの内容は「罵り言葉および侮辱的な言葉」が65%と最多だった。「セクハラ」が61%と続き、「体形批判」や「意図的に恥をかかせること」もそれぞれ59%と多かった。加害者は「つながりのない人」が25%で「知り合い」(23%)を上回る。被害による影響は「精神的・感情的ストレス」を挙げる人が30%と最も多かった。ネット社会の負の面といえる。だれが対策を講じるべきか。41%が「SNS運営会社」と答え、「目撃したほかのSNSユーザー」(21%)や「警察」(18%)などを上回った。自身の対処法として「アカウントを非公開にし、セキュリティー設定を強化する」と答えた人も39%いた。(西村正巳)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65646300Q0A031C2TY5000/

 

犬160匹を8畳2間に 多頭飼育崩壊か(31日)産経

島根県出雲市にある住宅の8畳2間で、約160匹の犬が飼育されていることが30日、県と動物愛護団体への取材で分かった。大量に繁殖し、十分に飼育できなくなる「多頭飼育崩壊」に陥ったとみられる。今後、不妊去勢手術が実施され、希望者に引き渡される予定。
 県や動物愛護に取り組む「どうぶつ基金」(兵庫県)によると、住宅は平屋建てで夫婦と娘の3人暮らし。床には犬の排せつ物が散乱していた。ここまで増えた詳しい経緯は分かっていない。
 基金の佐上邦久理事長は「犬の多頭飼育崩壊では最多レベルで驚いた。人なつっこい犬ばかり。新しい飼い主が見つかってほしい」と話した。島根県によると4月、近隣住民から「においがする」「鳴き声がうるさい」と苦情があり、7月に住民が県などに対応を要請した。
https://www.sankei.com/affairs/news/201030/afr2010300026-n1.html

「不正受給した」福岡で相談100件 持続化給付金、10-20代の申請8割(31日)西日本

新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた個人事業主に最大100万円を支給する国の持続化給付金を巡り、福岡県警は30日、不正な申請や受給に関する相談が約100件に上ることを明らかにした。10~20代が申請したケースが約8割を占める。西日本新聞には「暴力団関係者から不正を持ち掛けられた」という証言も寄せられている。

 県警によると、相談内容は「受給資格がないのに申請してしまった」「不正受給を持ち掛けられた」など。無職や学生、会社員、アルバイトなど、本来支給対象ではない職業の人が申請したケースが大半だった。
 相談は、不正受給が問題視され始めた7月ごろから急増。「逮捕されるのではないか」と恐れて相談した人も多いとみられる。
 県内の建設作業員の少年(19)は取材に「友達に誘われ100万円を受給した」と打ち明けた。友人に身分証明書や通帳などを渡すと、しばらくして口座に入金があり、6割程度を紹介料や代行手数料の名目で支払った。家族から指摘されて返還手続きを進めており「怪しいとは思っていたが、『大丈夫』と言われ任せてしまった」と悔やむ。
 福岡市のフリーターの20代女性も「犯罪と知らず、知人に言われるがままに申請してしまった」。県内に住む男性は「暴力団関係者から『申請しないか』と誘われ、さらに不正申請をする人を紹介するよう求められた」と証言する。
 県警は「相談は氷山の一角だろう。暴力団が関与している可能性もあり、悪質なものは捜査を進める」としている。
 警察庁によると、全国の警察には21日までに約1800件の相談が寄せられている。13都府県警が詐欺容疑などで55人を逮捕、6人を書類送検した。(小川勝也、山口新太郎)
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/659826/

“GoTo”地域共通クーポン 不正受給 疑われるケースも(31日)NHK

観光需要の喚起策「GoToトラベル」で利用客に発行される「地域共通クーポン」について、観光庁は、不正受給が疑われるケースが複数起きているとして、注意を呼びかけています。
「GoToトラベル」で利用客に発行される「地域共通クーポン」の電子クーポンは宿泊当日の午後3時以降、予約番号などを入力すればチェックインの前に受け取れる仕組みになっています。
観光地を巡ってから宿泊施設に入ることを想定しているためですが、観光庁によりますと、予約した宿泊を無断にキャンセルをしながら、電子クーポンを受け取る不正受給が疑われるケースが複数起きているということです。
観光庁では注意を呼びかけるとともに不正使用が確認された場合は警察と連携して対応することにしているほか、不正への対策も旅行会社などと進めているということです。

東京の都心にあるホテルでは、一部の旅行会社から、地域共通クーポンの不正受給を目的とした予約が発生しているというメールが届き、注意をしています。
東京・千代田区のホテルでは、10月20日、大手旅行会社が運営する販売サイトを通じて「GoToトラベル」を利用し、大人8人が翌日21日から10連泊する予約が入ったということです。
宿泊料金は総額で53万6000円でした。
前日で複数日程のまとまった予約にもかかわらず、当日、予約客は現れず、携帯電話に連絡してもつながらず、無断キャンセルだと販売サイトに報告しました。
販売サイトを運営する旅行会社からは、地域共通クーポンの不正受給を目的とした予約が発生しているという注意喚起のメールが届いていて、ホテルでは無断キャンセルは不正受給が目的ではないかと考えているということです。
同じ販売サイトからは、別の名前で入った2人で4泊の予約についても不正の疑いがありキャンセルしてくださいと連絡があったということで、ホテルでは注意をしているということです。
社長の小林大介さんは、「利用者が6割減と苦しい中で、無断キャンセルだと宿泊費が入らないのでとても困る。クーポンを不正に取得しようということであれば許せず、一刻も早くシステムを改善してほしい」と話していました。

続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201031/k10012689361000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

エーゲ海を震源 M7.0の地震 トルコとギリシャで19人死亡(31日)NHK

日本時間の10月30日夜、トルコとギリシャの間のエーゲ海を震源とするマグニチュード7.0の大きな地震が起き、津波が発生しました。トルコとギリシャで合わせて19人が死亡し、700人以上がけがをしています。
USGS=アメリカの地質調査所によりますと、トルコ時間で10月30日の午後3時前、日本時間の10月30日夜9時前、トルコとギリシャの間のエーゲ海を震源とするマグニチュード7.0の大きな地震がありました。
広い範囲で揺れが観測され、トルコの大学の地震研究所は、沿岸で津波が発生したと発表しました。
トルコ災害緊急事態対策庁によりますと、この地震で17人の死亡が確認され、700人以上がけがをしたということです。
また、震源に近いギリシャのサモス島でも建物の壁が壊れて10代の男女2人が死亡し、8人がけがをしたということです。
被害が大きいトルコ西部沿岸のイズミル県では10棟以上の建物が倒壊するなどし、現地からの映像では、救助隊員らががれきをかき分けて中に閉じ込められている人を捜している様子が確認できます。
また、ロイター通信がイズミル県のものとして伝えた映像では、津波とみられる黒く濁った水が住宅の間を勢いよく流れて、いすなどを押し流す様子がとらえられています。
トルコやギリシャの当局はけが人などの救助を急ぐとともに被害の状況を調べています。
トルコのイスタンブールにある日本総領事館によりますと、これまでに日本人の被害の情報は入っておらず、情報収集を続けているということです。

ホテルの従業員「1.5メートルほどの波が押し寄せた」

イズミル県の港に近いホテルの30代の男性従業員はNHKの取材に対し、「20秒ほどの大きな揺れを感じた。妻が怖がっていたので、なだめなければならなかった。地震のあと、15分から20分ほどしてから1.5メートルほどの波が押し寄せてきて、街の中心部が一時、パニックに陥った。宿泊客12人とホテルのスタッフが自分を含めて5人いるが、上の階に避難して安全だ」と話していました。
続きを読む

営業社員、また現金詐取 20人から5210万円―第一生命(31日)時事

第一生命保険は30日、和歌山支社阪和営業オフィス(和歌山市)で保険営業を担当していた50歳代の元女性社員=9月30日付で懲戒解雇=が、顧客20人から計5210万円を詐取したと発表した。すでに警察に通報し、告発に向けて手続き中。元社員は不正を認めているという。
 第一生命は今月2日にも、別の元営業社員が21人から約19億円を詐取していたと発表している。新たな不祥事を受け、同社は「再発防止に向けて厳格に法令順守意識を徹底する」としている。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020103001233&g=soc

防犯、暴力追放に功労 県警本部で伝達式(31日)共同

防犯、暴力追放活動に長年尽力している個人や団体に対する全国、九州地区表彰の伝達式が26日、佐賀市の県警本部であった。15個人、3団体が受賞。関係者はさらなる活動の発展に向けて気持ちを新たにした。
 伝達式には、県防犯協会の指山弘養会長や県警の杉内由美子本部長らが出席した。警察庁長官・全国防犯協会連合会長から贈られる「防犯栄誉金章」を受章した益田勝俊さん(77)=基山町=は、鳥栖・三養基地区防犯ボランティア連絡協議会の会長。約15年前から児童の下校時間に合わせた見守り活動や住宅街での空き巣被害を防ぐ見回りを続けており、「これからも子どもたちの安全を守っていきたい」と話した。
 また、県防犯協会長・県警察本部長表彰なども発表。表彰式は11月に県内の各警察署で実施する。(松岡蒼大)
受賞者は以下の通り。(敬称略)
【警察庁長官・全国防犯協会連合会長表彰】防犯栄誉金章 益田勝俊▽同銀章 野田豊秋、國井雅裕▽防犯功労団体表彰 基里小・中おやじの会
【全国防犯協会連合会長表彰】防犯栄誉銅章 志津田和己、小野龍雄、上瀧政登、原田承彦、森山親良、藤松義將
【九州防犯協会連絡協議会長・九州管区警察局長表彰】防犯功労者 執行偉男、平尾昌晃、吉﨑弘、禿井隆信▽同団体 能古見地区防犯協会
【九州ブロック暴力追放推進センター連絡協議会長・九州管区警察局長表彰】暴力追放功労者 半田望▽同団体 一般社団法人小城建設業協会
【佐賀県防犯協会長・佐賀県警察本部長表彰】防犯功労者 石井孝嗣、久野英徳、原武継成、原善孝、井上文昭、北島一麻、本村文章、松本忠司、井上誠、前田久年、古賀豊、山口良広、森博樹▽同団体 東与賀校区防犯協会、加藤田町防犯パトロール隊、大良校区青少年育成協議会▽功労ボランティア団体 兵庫町こどもお守り隊、きりご地区見守り隊、立部ひまわり隊
 【全国地域安全運動 青パト活動写真コンクール最優秀賞】山﨑健彦
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/594190

臥蛇島で着上陸訓練開始 日米共同、尖閣諸島の防衛想定(31日)共同

十島村の無人島・臥蛇島で30日、日米共同統合演習の一環として着上陸訓練が始まった。訓練は敵国に奪われた島の奪還を目的に自衛隊ヘリや米輸送機オスプレイで隊員を島に送り込み、上陸して敵に対処する内容。緊迫化している沖縄県・尖閣諸島の防衛を想定しているとみられる。
 防衛省によると、離島防衛を専門とする陸上自衛隊の水陸機動団ら約100人、米海兵隊約40人が参加。今回の統合演習で海上自衛隊鹿屋航空基地(鹿屋市)を拠点としているオスプレイ4機のうち2機が加わった。
 訓練では島から十数キロ離れた海域を航行する日米の艦艇にオスプレイや自衛隊ヘリが着艦。隊員を乗せて島の上空まで運び、上陸した。海上からボート部隊も島に入り、戦闘訓練を行った。同省はヘリで上陸した水陸機動団が小銃を携え移動する写真を公開した。
 臥蛇島での演習は27日に始まり、11月3日まで。着上陸訓練は1日までを予定する。十島村によると、住民から騒音や飛行などに関する苦情は入っていない。

https://373news.com/_news/?storyid=127893

【独自】歌舞伎町のスカウトと暴力団の乱闘事件で事務所を家宅捜索(31日)TBS

今年6月、新宿・歌舞伎町で風俗店などのスカウトと暴力団員による乱闘で7人が逮捕された事件で、警視庁は関係先の暴力団事務所を家宅捜索しました。
 今年6月4日、東京・歌舞伎町の路上で住吉会幸平一家傘下の暴力団員とスカウトの間で乱闘があり、あわせて7人が逮捕された事件で、警視庁は30日、板橋区にある幸平一家の事務所などを家宅捜索しました。幸平一家は事件前、乱闘となったスカウトらが所属していたグループと、スカウトの引き抜き採用をめぐりトラブルとなっていたとみられています。
 また、警視庁はスカウトの男性に暴行を加えたとして、新たに暴力団員の首藤翔平容疑者(30)を逮捕しました。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4115252.html

川崎市のマンションで男性刺殺、交際相手の女逮捕(31日)TBS

29日、神奈川県川崎市の住宅で30代の男性を刃物で刺して殺害したとして、交際相手の20代の女が逮捕されました。
 殺人などの疑いで逮捕されたのは、千葉県浦安市の無職・高橋舞容疑者(29)です。高橋容疑者は10月28日から29日の朝までに交際相手で税理士の白井僚さん(35)が住む川崎市高津区のマンションの一室に押し入り、白井さんを刃物で切りつけて殺害した疑いが持たれています。
 警察によりますと、高橋容疑者の母親を名乗る女性から「娘がトラブルから彼をあやめてしまった」と110番通報があり、警察官が駆けつけたところ、白井さんは腹から血を流して倒れていて、高橋容疑者も手に切り傷を負っていたということです。調べに対し、高橋容疑者は「侵入も殺人もしていません」と容疑を否認しています。警察は、事件の経緯などを詳しく調べています。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4115262.html

« 2020年10月30日 (金) | トップページ | 2020年11月 1日 (日) »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

留置所

無料ブログはココログ