カテゴリー

« 2020年10月25日 (日) | トップページ | 2020年10月27日 (火) »

2020年10月26日 (月)

2020年10月26日 (月)

室内から30羽の冷凍鶏発見 模造刀やモデルガンも 家畜大量盗難か ベトナム人13人逮捕 (26日)産経

今年夏から秋にかけ群馬県などの北関東で家畜が相次ぎ盗まれた事件で、同県太田市に住むベトナム人のグループが関与した疑いがあることが26日、群馬県警への取材で分かった。県警は同日、在留期限を越え滞在したとして入管難民法違反の容疑で太田市新田上中町の貸家2棟を家宅捜索、中心メンバーとみられる男2人と、その場にいたベトナム人の男女11人を同容疑で逮捕した。
 室内から30羽分の冷凍鶏肉なども見つかったことから、この2棟が家畜盗難事件の関連先とみて家畜の窃盗容疑でも調べる。
 逮捕されたのは、いずれもベトナム国籍の自称カラオケ店経営、レ・ティ・トゥアン(39)、無職のヴー・ホアイ・ナム(35)の2容疑者ら20代から30代の計13人。
 県警によると、会員制交流サイト(SNS)で家畜を売却しているとみられる投稿があり、ベトナム人グループの関与が浮上。太田市の貸家から出発した不審な車両が、宅配便の荷物などを扱う県内の配送センターに向かい、肉や果実の入った段ボールを持ち込んだり、埼玉県北部の梨畑を夜間に徘徊したりする行動が確認された。
 東京入管とも協力してSNS画像のレ容疑者らを特定、170人態勢で逮捕に踏み切った。室内からは模造刀やモデルガン、金属バットなども押収した。
 県警は配送センターから伝票なども押収しており、転売目的に売りさばいていたとみて、調べを進める。
https://www.sankei.com/affairs/news/201026/afr2010260023-n1.html
被害は4県で22件、一晩で100頭の豚盗難も

 家畜の盗難被害は、今年に入り群馬、埼玉、栃木、茨城の4県で計22件発生。一晩で約100頭の豚が盗まれたケースもあり、被害総額は3千万円超に上る。群馬では豚719頭、牛2頭、鶏144羽が盗まれ、ほかにナシやブドウ、スイカなど約9千個の果物の盗難も確認。被害を受けた畜産業者は「盗んだ家畜をさばく外国人コミュニティーがすでにできており、今後の被害も心配だ」と不安視した。
 各県警によると、家畜の盗難被害は遅くとも今年1月には始まっていたが、実際に被害が届け出られたのは5月下旬以降。犯行はいずれも夜間帯で、22件中13件は発生直後に被害が発覚していた一方、約半年間にわたり豚400頭を盗まれた養豚場もあった。
 群馬県内で養鶏業を営む男性(42)も、6月~9月に出荷直前の鶏計110羽を断続的に盗まれた。犯人らは無施錠だった鶏舎のネットを破り侵入。鶏の羽数の確認は出荷の際に行っており、帳簿とのずれが3回連続したため被害に気づいたという。男性は「地元で70年近く養鶏をしているが、鶏が盗まれたのは初めて。鶏舎に鍵をかけないといけない時代になった」と肩を落とした。

クマ出没多発、エサ凶作原因か 半年で1万3000件超(26日)日経

クマの出没や人的被害が止まらない。環境省によると、4~9月の出没は全国で1万3千件に上り、過去5年で最多となった。国は26日、クマ対策で初となる関係省庁の連絡会議を開いたが、山形県では同日、高齢女性が襲われた。背景にはエサ不足があるとみられるほか、人口減少などの問題を指摘する声もある。
環境省によると、4~9月のクマの出没件数は1万3670件で、直近5年間の同時期で最も多い。例年は7~8月ごろから減るが、今年は8月になっても増加が続いた。人的被害も9月までで86人に上った。
目立つのが、住宅地や商業地など「人の生活圏」での出没だ。山形県川西町では26日午前9時半ごろ、住宅の庭で落ち葉の掃除をしていた女性(70)がクマに襲われ、軽傷を負った。県警米沢署によると、クマは体長約1メートルで、女性を襲った後にやぶに逃げた。
JR加賀温泉駅前の商業施設「アビオシティ加賀」(石川県加賀市)に19日に侵入したクマは、約13時間後に射殺された。秋田県藤里町でも7日、80代の女性が襲われ、1週間後に死亡した。町役場から約200メートルの住宅地で、県によると住宅地でクマに襲われた死亡例は初めてという。
人里に姿を見せる原因の一つがエサの凶作だ。環境省の担当者は「エサの実の生育状況とクマの出没は連動している」と話す。クマが好んで食べるブナは今年、環境省に結実状況を報告した23都道府県のうち17道府県が凶作だった。
東京農業大の山崎晃司教授(動物生態学)は「エサ不足だけでなく、複合的要因の可能性がある」と指摘し、人口減少の影響に注目する。農林業センサスによると、1990年に約14万だった農業集落数は2015年までの25年間で1800以上減った。山崎教授は「高齢化や過疎化で人里の人口が減り、クマの分布が広がってきた」と分析する。
続きを読む

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65479670W0A021C2CC1000/

川上未映子さん、ネット中傷受け提訴 同一人物書き込み(26日)朝日

ネット上で中傷や脅迫を受けたとして、芥川賞作家の川上未映子さん(44)が、投稿者に対し約450万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。第1回口頭弁論が26日にあり、投稿者は請求の棄却を求めた。

 訴状によると、2018年10月、川上さんについて「レ(死)んでしまえと思っている。やるっきゃない、さ(刺)すしか」、「(イベントがある)11月18日やろうと思えばやれる」などの投稿がネット掲示板に書き込まれた。警察に相談した川上さんは、イベント出演を急きょ中止。ほかにも、川上さんの小説を「私の書き込みの流用だった」として、川上さんが盗作したかのように読める投稿もあったという。
 プロバイダー責任制限法に基づき投稿者の情報の開示手続きをしたところ、書き込みをしたのはすべて同じ人物と判明。①危害予告で仕事に支障をきたした②オリジナル作品を創作して世に送り出す作家の評価を低下させた――として提訴した。川上さんの代理人弁護士は取材に、中傷や脅迫で「小説家としての活動が実際に制限された。見過ごせない」と話している。(新屋絵理)
https://www.asahi.com/articles/ASNBV5VLTNBVUTIL01L.html

東京 世田谷区の職員 国勢調査 「回答状況確認表」1枚紛失(26日)NHK

東京 世田谷区は、国勢調査の調査員を務める区の職員が、調査対象の世帯主の名前や住所などが書かれた書類1枚を紛失したと発表しました。区では警察に届け出るとともに、対象となる世帯に謝罪したということです。
世田谷区によりますと、今月12日、国勢調査の調査員を務める区の職員が、区内のマンションで調査への礼状や督促状を投かんする作業を行った際、「回答状況確認表」というA4サイズの書類1枚を紛失したということです。
「回答状況確認表」には、インターネットで調査への回答を済ませた10世帯分の世帯主の名前や住所などが書かれていたということで、区では警察に遺失届を提出するとともに、対象となる世帯に直接謝罪したり、謝罪の手紙を投かんしたりする対応をとったということです。
世田谷区では先月にも国勢調査の調査員が対象世帯の住所などが書かれた資料を紛失する事案が発生していて、区では新型コロナウイルスの感染拡大で調査員への説明会の時間が十分にとれず、個人情報の取り扱いについての説明が徹底できていなかった可能性があるとしています。
区では今回の事態を重く受け止め、今後、紙の資料ではなくタブレット端末の利用を検討するなど、再発防止を徹底していくとしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201026/k10012682011000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_005

SNSひぼう中傷投稿者 迅速開示の手続き創設 総務省有識者会議(26日)NHK

SNS上のひぼうや中傷による深刻な被害を防ぐため、総務省は誰が投稿したのか情報が迅速に開示される新しい裁判の手続きを設けることになり、26日有識者会議で制度の骨子案が示されました。
SNS上のひぼうや中傷に対しては、誰が投稿したかを特定できる情報を開示するよう被害者が訴えを起こすことができます。
ただ、SNSの運営会社と、投稿した人が利用している接続業者、それぞれに裁判手続きをとる必要があり、時間がかかることが課題となっていました。
対策を検討してきた総務省の有識者会議では、26日、迅速に情報を開示する新たな裁判手続きの骨子案が示されました。新たな手続きは、被害者の申し立てを受け裁判所が1回の手続きで投稿した人の情報を開示するかどうか判断し、SNSの運営会社や接続業者に命令を出すということです。
裁判所の判断に不服がある場合には、今の手続きをとることができます。会議ではこの案に基づいて新たな制度を設ける方針を確認しました。
SNS上のひぼうや中傷は、ことし5月に民放の番組に出演していた女性がひぼうや中傷の投稿が相次ぐ中亡くなったことをきっかけに対策の議論が加速しました。
総務省はことし8月、省令を改正しひぼうや中傷を投稿した人を特定しやすくするため、氏名やIPアドレスといった情報に加えて電話番号も開示の対象にする対応を取っています。

賛成する意見 一方で“表現の萎縮につながるおそれも”

新たな裁判手続きについて、有識者会議の出席者からは、▽迅速な情報開示は、被害者のすみやかな救済につながるとして賛成する意見が出されました。
その一方で、▽新たな制度が乱用されると表現の萎縮につながるおそれがあり、発信者側の権利を損なうことがないよう慎重に考えるべきだという懸念も出ました。

SNSの普及でひぼうや中傷などが相次ぐ

SNSの普及とともに匿名によるひぼうや中傷などが相次いでいて、中には追い詰められて自殺するケースも起きています。
ことし5月、シェアハウスで共同生活する様子を記録するテレビ番組に出演していた女子プロレスラーの木村花さん(22)が亡くなりましたが、SNS上では木村さんの言動を非難する投稿が相次いでいたことが分かっています。
また、あおり運転の事件で、現場にいたなどとして関係がない人の顔写真や名前がネット上に投稿されて拡散し、大きな問題になったこともありました。
専門家によりますと海外では厳しい対応をとる国が多く、ドイツやフランスでは中傷などが書き込まれた場合、通報から24時間以内に削除することがSNSの運営会社に義務づけられ、違反した場合は多額の罰金が科せられるということです。
一方、日本では投稿した人の情報を開示する手続きに時間がかかり、書き込みもすぐに削除されない場合があるため、ネット上で中傷などの被害を受けても泣き寝入りする人が多いのが実態でした。

悪質なひぼうや中傷は102件

ひぼうや中傷による被害が相次ぐ中、ヤフーなどのIT企業で作る「セーファーインターネット協会」は、相談窓口をことし6月に設置しました。
協会によりますと、ことし8月までに寄せられた相談のうち、特定の個人を対象にした悪質なひぼう、中傷にあたると判断された件数は102件にのぼったということです。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201026/k10012681721000.html?utm_int=news_contents_news-main_007

死亡ひき逃げで女性無罪 警察官と司法解剖医の見解不一致(26日)共同

福岡県宗像市で昨年8月、道路に倒れていた男性=当時(49)=をひき逃げし死なせたとして、自動車運転処罰法違反(過失致死)と道交法違反(ひき逃げ)の罪に問われた杉本孝子被告(49)の判決で、福岡地裁は26日、警察官と司法解剖医の見解が食い違い、被告の車がひいたと認定するには合理的な疑いが残るとして、無罪(求刑懲役3年)を言い渡した。
 検察側は、車の付着物から男性のDNA型が検出されたことを有罪の根拠に挙げたが、岡崎忠之裁判官は「警官と解剖医の見解が異なり、DNA型付着の経緯を説明できない」と判断。現場を通った別の車がひいていたとしてもおかしくないと述べた。
https://www.47news.jp/national/5421321.html

電話詐欺は「だメェ~」 ヤギのポニョ、大使に任命(26日)共同

千葉県佐倉市で京成線線路沿いの急斜面に迷い込み、その後観光施設に保護された子ヤギの「ポニョ」が26日、電話詐欺の撲滅を呼び掛ける県警の大使に任命された。署員や子どもたちが見守る中、「うメェ~話は詐欺」といった標語が施された布製のマントや、キャベツで作られた委嘱状がポニョに贈られた。
 子ヤギは飼い主から5月に脱走。高さ約20メートルの崖のような斜面で生活する姿からスタジオジブリの作品にちなんでポニョと名付けられた。捕獲後、飼い主から市に譲渡された。
 佐倉署の山口雄一郎署長によると「語呂が似ている詐欺とヤギを掛けた啓発をしようと、若手署員が発案した」という。
https://www.47news.jp/national/5421353.html

ベトナム人ら不法滞在疑い 13人逮捕、家畜盗難も捜査(26日)共同

群馬県警は26日、在留期限を越えて日本に滞在したなどとして、入管難民法違反容疑で同県太田市に住む自称カラオケ店経営者の男(39)らベトナム国籍の男女13人を逮捕した。県警は群馬県内などで家畜や果物が相次いで盗まれた事件に関与した疑いがあるとみて調べている。
 県警によると、家畜盗難の捜査で、会員制交流サイト(SNS)を通じて家畜を売却していたとみられるベトナム人グループの関与が浮上。8月中旬に伊勢崎市のベトナム料理店に出入りしていた軽乗用車に男女2人が乗り、太田市の住宅から宅配センターに果物が入った段ボール2箱を持ち込む様子が確認された。
https://www.47news.jp/national/5420767.html

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(26、27日 単位・レベル)
点検強盗逮捕
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20201026204701 Img_20201014_121807  電気やガスの設備点検、中には消防点検を装って民家に侵入して、住民を縛ったうえに現金を奪うという「点検強盗」が首都圏をはじめ全国で相次いでいる。
 そんな最中の26日、ガス点検を装って東京都足立区の高齢夫婦宅を訪れ、2人を縛り上げたうえ現金などを奪ったとして、川崎市の27歳と24歳の男が警視庁に逮捕された。
 2人の男はツイッターの「闇バイト」に応募したもので初対面。「指示役の言う通りにやった」などと容疑を認めている。
 ところが、同日に東京・目黒区のマンションの部屋に、宅配業者を装って2人組の男が押し入り、約500万円が奪われる事件が発生。やはり、一連の強盗はいくつかの組織が絡んでいるものと見られる。
 … … … … …
 警察庁によると令和2年9月現在の強盗事件の検挙件数、検挙人員が増えている。
 認知件数は1088件で前年同期より60件の減少だが、検挙件数は1019件で同47件の増。検挙人員も1173人で同62人の増加。
 認知件数のランキングは東京の205件、大阪の137件、埼玉と神奈川の103件、千葉の77件など。
 検挙件数のランキングは東京の196件、大阪の130件、神奈川の95件、埼玉の90件、千葉の71件など。
 検挙件数と人員が増えれば当然検挙率もアップする。前年より9ポイントアップの93.7㌫だった。
 ランキングは三重の171.4㌫、山口と滋賀の各150㌫、岐阜の142.9㌫、和歌山の140㌫と続く。トップの三重は前年より80.5ポイントもアップしたほか、岐阜も70.7ポイント、和歌山も56.7ポイント、滋賀も72.2ポイント、山口も50ポイントとそれぞれアップ。100㌫超えが24県もあった。
 低かったのは山梨の50㌫、鹿児島の60㌫、石川の66.7㌫、熊本の75㌫、栃木の77.8㌫と続いた。認知件数トップの東京は95.6㌫だった。
 それにしても「点検強盗」―1日も早い検挙に期待したい。
 首都・東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

201912031_20201026205301






★スマホ気にする女性…詐欺かも? 郵便局員が被害防ぐ (25日)朝日
★特殊詐欺防止で人気漫画家3人がタッグ 警視庁ポスター(23日)朝日
★特殊詐欺犯罪を打ち返そう!温泉にバットで呼びかけ 愛知 豊川(23日)NHK
★福井の高齢女性2500万円詐欺被害 同居家族に「言うな」と犯人指示(23日)共同
★女子学生ら5人逮捕 山梨県警、持続化給付金詐取の指南役か(22日)産経
★また持続化給付金詐取疑い 神奈川の土木作業員逮捕(22日)産経
★高齢者が偽電話詐欺の被害 銀行員名乗る男らに通帳とカードをだまし取られる 福岡市西区(22日)西日本
★給付金詐取容疑で同志社大生ら2人逮捕(21日)産経
★80代女性から現金詐取などの疑い 23歳の男再逮捕 神奈川県警  (21日)産経
★「週刊少年ジャンプ」人気漫画家が特殊詐欺被害防止訴え (21日)TBS
★高齢夫婦から約2000万円詐取、特殊詐欺Gの少年4人逮捕 (20日)TBS
★FX詐欺容疑、男女6人逮捕 被害2億円以上か―大阪府警(20日)時事

 

東京都 新型コロナ 102人感染確認 100人超えるのは7日連続(26日)NHK

東京都は、26日午後3時時点の速報値で、都内で新たに102人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。1日の感染の確認が100人を超えるのは7日連続です。都によりますと、感染が確認されたのは10歳未満から80代までの男女合わせて102人です。
年代別では、▽10歳未満が1人▽10代が4人▽20代が27人▽30代が22人▽40代が20人▽50代が13人▽60代が6人▽70代が5人▽80代が4人です。
一方、都は、これまでに感染を確認したと発表した人のうち8人が、検査をやり直した結果、陰性だったとして、訂正しました。
これで都内で感染が確認されたのは合わせて3万127人になりました。
一方、都の基準で集計した26日時点の重症の患者は25日より1人増えて29人でした。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201026/k10012681511000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

静岡 沼津 新型コロナ 新たに1人感染確認 県内延べ596人に15時52分

北海道 新型コロナ 新たに3人感染確認 道内延べ2807人に15時24分

奈良県 新型コロナ 新たに1人の感染確認 県内計626人に15時20分

兵庫 新型コロナ 新たに6人感染確認 県内計3148人に15時17分

岡山 新型コロナ 新たに3人感染確認 県内延べ206人に13時07分

運転、お疲れ様でした 免許返納の高齢者へ「卒業証書」(26日)朝日

佐賀県江北町が、運転免許証を返納した65歳以上の高齢者に、「運転卒業証書」を渡している。9月1日から役場総務課の窓口1カ所で返納手続きができるようになったのに合わせて始めた。
 卒業証書はA4判。長年の運転へのねぎらいと返納への感謝を示す。山田恭輔町長が読み上げて手渡す。町長不在の時は、副町長らが代行する。21日現在、5人が役場で受け取った。「恐縮して受け取る人が多い。感謝の意を表してもらったことに、喜んでおられるようです」(総務課)
 江北町は県内20市町のうち、人口1万人当たりの人身事故発生数が、2014年と15年に続けてワースト1位になった。高齢の運転者が当事者になることが多かったことから、17年度から、返納者に年間6千円のタクシー券を5年間渡す返納促進策を始めた。
 これまで運転免許証の返納は、運転免許センター(佐賀市)か白石警察署(白石町)に行く必要があった。警察と協議して、役場で手続きできるようにした。水曜を除く平日の午前9時~正午に役場2階の総務課で受け付ける。市役所や役場で手続きできるのは、県内では基山町、玄海町に次いで3番目。
 総務課は「返納した人たちが不便にならないよう、町の循環バスなど、移動手段の確保を図っていきたい」と話している。(福岡泰雄)
https://www.asahi.com/articles/ASNBV3CTYNBPTTHB007.html

覚醒剤使用で無免許運転ひき逃げの疑い 34歳男逮捕 東京(26日)NHK

東京都内で覚醒剤を使用した状態で無免許で車を運転し、別の車と衝突して運転手にけがをさせたうえそのまま逃げたとして、34歳の男が危険運転傷害などの疑いで逮捕されました。警視庁の調べに対し、容疑を否認しているということです。
逮捕されたのは茨城県土浦市の無職、峯田雅雄容疑者(34)です。
警視庁によりますと、峯田容疑者はことし7月、港区虎ノ門の交差点で、覚醒剤を使用した状態で無免許でレンタカーを運転し、信号待ちをしていた別の車に衝突して運転手の30代の男性にけがをさせたうえそのまま逃げたとして、危険運転傷害とひき逃げの疑いが持たれています。
レンタカーは知人の男性が借りていて、この男性の話などから当時、峯田容疑者が運転したうえ、事故の前に千葉県内で覚醒剤を使用した疑いが強まったということです。
調べに対し「事故を起こしたことは覚えていない」と容疑を否認しているということで、警視庁が当時の詳しいいきさつを調べています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201026/k10012681141000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

東京 目黒区 タワーマンションで強盗と通報 宅配業者装いか(26日)NHK

26日午前、東京・目黒区のマンションの部屋で、押し入ってきた2人組の男に現金を奪われたと通報がありました。男らは宅配業者を装って訪れたということで、被害額はおよそ500万円とみられ、警視庁が詳しい状況を調べています。
26日午前11時前東京・目黒区上目黒のタワーマンションの部屋で、押し入ってきた2人組の男に現金を奪われたと30代の女性から通報がありました。
警視庁によりますと、男らは宅配業者を装って部屋を訪れたということで、被害者の女性の話から奪われた現金はおよそ500万円とみられています。
目撃情報によると、2人組は1人が身長180センチくらいで黒い上着を着ていて、もう1人は身長160センチくらいで宅配業者のような服を着ていたということです。
警視庁が詳しい状況を調べています。
現場は東急東横線の中目黒駅に近い、目黒川沿いにあるタワーマンションで、周辺には飲食店などが多くあります。マンションの入り口などには規制線が張られ、多くの警察官が出入りするなど、騒然としています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201026/k10012681131000.html?utm_int=news_contents_news-main_004

オウム観察処分、更新請求 松本元死刑囚の刑執行後初―公安調査庁(26日)時事

団体規制法に基づくオウム真理教への観察処分が来年1月で期限を迎えるため、公安調査庁は26日、後継団体「Aleph(アレフ)」や分派した「ひかりの輪」など計3団体に対する処分の更新を公安審査委員会に請求した。

〔写真特集〕日本震撼、オウム事件全史

 請求は7回目で、2018年7月にオウム真理教の元代表松本智津夫(麻原彰晃)元死刑囚=当時(63)=らの刑が執行されてからは初めて。認められれば、さらに3年間施設への立ち入り検査などが可能になる。
 他に対象となるのは、アレフから独立した女性を中心に、15年から金沢市などで活動する「山田らの集団」。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020102600329&g=soc

ガス点検強盗疑いで2人逮捕 闇バイト応募、組織的か(26日)共同

ガス点検を装って東京都足立区の高齢夫婦宅を訪れ、2人の体を縛り上げ現金などを奪ったとして、警視庁捜査1課は26日までに、強盗などの疑いで職業不詳錦戸拓郎容疑者(27)=川崎市宮前区=と、同じく職業不詳土屋光生容疑者(24)=横浜市戸塚区=を逮捕した。
 捜査1課によると、両容疑者はツイッターの「闇バイト」に応募したとみられ、事件当日が初対面だった。「指示役の言う通りにやった」などと容疑を認めている。
 都内では9月、ガス点検業者や新型コロナウイルスのアンケートを装った強盗事件が約10件連続して発生し、神奈川、千葉両県でも同様の被害が確認されている。
https://www.47news.jp/national/5420025.html

4~9月のクマ出没、1万3千件 16年度以降で最多(26日)共同

全国各地でクマの出没や人身被害が相次いでいることを受け、環境、農林水産、警察などの関係省庁が26日、事故防止に向け、実務者レベルの連絡会議を開いた。環境省は今年4~9月のクマの出没件数が全国で1万3670件に上り、2016年度以降の同時期で最多だったことを明らかにした。
 冒頭で環境省野生生物課の中尾文子課長は「国民の関心も高まっており、一層密に連携し被害防止に取り組むことが求められる」と話した。
 連絡会議は9月にも開かれた。その後も被害が増えていることを踏まえ、関係省庁間の連携を密にしていくことや、自治体の対応の在り方などについて確認することにした。
https://www.47news.jp/national/5419928.html

入管法違反の疑いでベトナム国籍の男ら逮捕、子豚窃盗との関連捜査(26日)TBS

警察は26日朝から群馬県太田市内のアパートを家宅捜索し、出入国管理法違反の疑いでベトナム国籍の男らを逮捕しました。警察は、北関東を中心に発生している子豚窃盗事件との関連も視野に調べる方針です。
 出入国管理法違反などの疑いで警察が家宅捜索しているのは、群馬県太田市のベトナム国籍の男女らが住むアパートです。このアパートにはベトナム国籍の男女が集団で生活していて、捜査関係者によりますと、26日の捜索の際、男女十数人を入管法違反の疑いで逮捕しました。そのうちの男2人は、北関東を中心に発生している子豚などの連続窃盗事件の捜査で浮上したということです。
 群馬県や埼玉県では子豚など家畜が盗まれる窃盗事件が相次いでいて、被害は800頭あまりに上っていて、警察は組織的な犯行とみて調べを進めています。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4110954.html

大麻所持で大学生を逮捕(26日)NHK福岡

25日、福岡市南区の路上で大学生が大麻を所持していたとして大麻取締法違反の疑いで逮捕されました。
逮捕されたのは、熊本県内の私立大学に通う熊本市中央区水前寺の大学生、藤本一喜容疑者(21)です。
警察によりますと、藤本容疑者は、きのう昼前、福岡市南区大橋の路上で、透明フィルムに包まれた大麻を所持していたとして大麻取締法違反の疑いが持たれています。
警察がパトロールしていた際、藤本容疑者が目をそらしたことなどから不審に思い、職務質問をしたところ少量の大麻を隠し持っていたことが発覚したということです。
警察の調べに対して藤本容疑者は「大麻を持っていた」と供述し、容疑を認めているということです。
警察は、大麻の入手ルートなどを詳しく調べています。

https://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20201026/5010009802.html

島田球場で現金奪われ男性けが(26日)NHK

24日夜、静岡県島田市の球場で、30代の男性が何者かに現金を奪われ、その際に押し倒されてけがをし、警察は強盗傷害事件として、行方を捜査しています。
警察によりますと、24日午後11時ごろ、静岡市の32歳の会社員の男性が、インターネット上で知り合った人と会うため、静岡県島田市の島田球場を訪れたということです。
入り口付近で、知り合った人とみられる人に会ったところ、いくら持っているか聞かれ、財布を取り出して紙幣を数えていたところ、突然、現金4万円を奪われ、その際、押し倒されて手と足に軽いけがをしたということです。
奪った人物はそのまま逃げ去り、警察によりますと、20代くらいで、身長175センチメートルほど、黒いマスクを着用していたということです。
警察は、強盗傷害事件として行方を捜査しています。

https://www3.nhk.or.jp/lnews/shizuoka/20201025/3030008955.html

住宅火災で1人死亡 群馬 太田(26日)NHK

25日夜、群馬県太田市で住宅1棟が全焼する火事があり、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。
火事のあと、この家に1人で住んでいた80代の女性と連絡がとれなくなっているということで、警察が身元の確認を進めるとともに火事の原因を調べています。
25日午後9時20分ごろ、太田市新田中江田町の遠田芙美子さん(84)の住宅から火が出ていると近くに住んでいる人から警察と消防に通報がありました。
消防車15台が消火活動にあたり、火はおよそ1時間半後に消し止められましたが、木造平屋建ての住宅1棟や小屋などが全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。
警察によりますと、この家には遠田さんが1人で暮らしていましたが、火事のあと、連絡がとれなくなっているということです。
警察は亡くなったのは遠田さんとみて身元の確認を進めるとともに火事の原因を調べています。

https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20201026/1000055391.html

天皇陛下、国会開会でおことば 皇室26日~11月1日(26日)朝日

天皇皇后両陛下や皇族方の予定を毎週更新します。皇室の方々は様々な行事や式典、宮中祭祀(さいし)などで多忙な日々を送っています。紙面では掲載しきれない公務も紹介します。
 宮内庁は10月26~11月1日の予定を発表した。天皇陛下は26日、第203回国会開会式に出席し、「おことば」を述べる(表記は宮内庁発表に準じます。予定は変更されることがあります)。
天皇皇后両陛下、愛…
この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。
残り:91文字/全文:269文字
https://www.asahi.com/articles/ASNBR7S0KNBRUTIL031.html

民事裁判の手続き 新型コロナでウェブ会議が急増(26日)NHK

民事裁判の争点整理などの手続きにことし2月から導入されたウェブ会議の実施件数が、東京地方裁判所で先月は400件と導入当初の10倍に急増していることが分かりました。東京地裁は新型コロナウイルスの感染拡大による関係者の意識や行動の変化が背景にあるとみています。
日本の民事裁判の手続きのIT化は海外と比べて遅れていると指摘されていて、政府は2025年の全面実施に向けて口頭弁論や訴状の提出のオンライン化を進める方針です。
この一環として、ことし2月から一部の裁判所で民事裁判の争点整理など非公開の手続きにウェブ会議が導入されましたが、東京地方裁判所で先月行われた件数は速報値で400件と40件だった3月の10倍に急増していることが分かりました。
東京地裁はウェブ会議が急増した背景に新型コロナウイルスの感染拡大による関係者の意識や行動の変化があるとみて、さらに活用を進めていく方針です。
東京地方裁判所の後藤健民事部所長代行者は「新型コロナウイルスの影響で、結果として弁護士の意識が変わり使ってもらえるようになったのではないか。より迅速で適正な裁判ができるようになることを期待している」と話しています。
ウェブ会議は、これまでに東京・大阪など13の地方裁判所と知的財産高等裁判所で導入され、年度内にすべての地方裁判所の本庁で運用が始まる予定です。

海外より遅れる裁判のIT化

国境を越えたオンラインでの経済活動が広がるなか、日本の民事裁判のIT化は海外と比べて遅れていると指摘され、政府は裁判手続きのIT化を喫緊の課題と位置づけています。
続きを読む

“ひょっこり男” あおり運転で逮捕へ 自転車では全国初(26日)NHK

埼玉県桶川市で自転車で突然、車の通行を妨害する「あおり運転」を行ったとして、警察は26日、市内の33歳の男を逮捕する方針です。男は同様の行為を繰り返し「ひょっこり男」と呼ばれていて警察によりますと、ことし6月の厳罰化以降、自転車での「あおり運転」で逮捕するのは全国で初めてだということです。
埼玉県桶川市のパート従業員、成島明彦容疑者(33)は、今月5日、道路の通行をめぐってトラブルになった男性の胸倉をつかんだとして暴行の疑いで逮捕されました。
その後の調べで、当日、桶川市の市道で対向車線を走っていた40代の女性が運転する車の通行を妨げる目的で、自転車をセンターラインに寄せた疑いがあることが分かり、警察は道路交通法の妨害運転罪を適用し再逮捕する方針です。
成島容疑者は自転車で突然、車の通行を妨げる行為を繰り返していたため、住民などから「ひょっこり男」と呼ばれ、去年7月から8月にかけて自転車の前輪部分を対向車線にはみ出させたなどとして逮捕され、有罪判決を受けています。
ことし6月の「あおり運転」の厳罰化で、自転車も取締りの対象になりましたが、埼玉県警によりますと、自転車に適用して逮捕するのは全国で初めてだということです。

ドライブレコーダーの映像は

成島容疑者が去年、車の通行を妨害した様子が映ったドライブレコーダーの映像です。
去年7月、桶川市内で男性が車を運転し、県道を直進していたところ、自転車に乗った黒いスーツ姿の成島容疑者が対向車線を走ってきます。
すると突然、自転車の前輪部分をセンターラインからはみ出させて男性が運転する車の前に飛び出そうとしてきました。
男性は急ブレーキをかけてハンドルを左に切ったため衝突をまぬがれましたが、成島容疑者は何も言わずに走り去ったということです。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201026/k10012680781000.html?utm_int=news_contents_news-main_002

新型コロナ新規感染、3日連続最多更新 WHO集計、46万人突破(26日)時事

【ジュネーブAFP時事】世界保健機関(WHO)の集計によると、1日当たりの世界の新型コロナウイルス新規感染者数が22日以降3日連続で過去最多を更新し、24日は46万5319人となった。累計感染者数は4230万人超、死者は約115万人。

【新型コロナウイルス 世界各国の状況】

 22日の新規感染者数は43万7247人、23日は44万9720人だった。24日の新規感染者のうち、欧州地域事務局管内で半数近くの22万1898人が報告され、同地域として過去最悪を記録した。24日の死者は6570人。
 テドロス事務局長は23日の記者会見で、「パンデミック(世界的大流行)は特に北半球で重大な岐路にある。今後数カ月は大変厳しい状況になるだろう」と警告した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020102600174&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

他人のマスク引きちぎる 容疑で男逮捕 電車で子どもの足当たりトラブル(26日)共同

神戸市営地下鉄の車内で乗客のマスクを引きちぎったとして、兵庫県警須磨署は25日、暴行の疑いで西区の無職男(65)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は同日午後2時半ごろ、板宿-妙法寺間を走行中の地下鉄車内で、市内の男性(39)が付けていたマスクを引きちぎった疑い。容疑を認めているという。
 同署によると、男性の息子(4)が、男の隣の席で立ち膝で外を見ていた際、足が男にあたり、男が足をはたいた。それを見た男性と男の間で口論になったという。同署の調べに「子どものしつけについて正論を言った」などと供述しているという。

https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/202010/0013812519.shtml

監禁事件関与か、男2人が逃走 群馬県大泉町(26日)共同

25日午後5時半ごろ、長野県警の捜査員が行方不明の相談があったベトナム人男性を群馬県大泉町で見つけ、声を掛けた際に一緒にいた男2人が逃走した。監禁に関わった疑いがあるとして、逃げた2人の行方を追っている。
 長野県警によると、千葉県八千代市の20代ベトナム人男性が行方不明になっていると親族が22日、長野県警に相談した。男性が群馬県にいるとの情報に基づき、捜査員が25日、大泉町で男性と男2人を発見し、声を掛けた。
 群馬県警は付近の住民に対し、自宅の戸締まりを確実に行うとともに、不審な来訪者があった場合、ドアを開けずに110番するよう警戒を呼び掛けている。
https://www.47news.jp/national/5417920.html

埼玉・久喜市で民家火災、焼け跡から遺体(26日)TBS

25日夜、埼玉県久喜市で住宅を全焼する火事があり、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。警察が遺体の身元の確認を急いでいます。
 25日午後8時すぎ、久喜市栗橋北で「家から火が出ている」と近所に住む人から消防に通報がありました。火はおよそ1時間後に消し止められましたが、木造2階建ての住宅が全焼し、焼け跡から性別不明の1人の遺体が見つかりました。
 警察によりますと、この住宅に独りで住んでいた小林利雄さん(67)と火事のあと連絡が取れていないということで、警察は遺体の身元の確認を急ぐとともに、出火の原因を調べています。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4110855.html

« 2020年10月25日 (日) | トップページ | 2020年10月27日 (火) »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

留置所

無料ブログはココログ